富士山

2014年06月18日

6月1日の朝日新聞朝刊では、このタイトルで社会面に載っていました。もちろん富士山頂は県境未確定で、今でも国土地理院の地図では県境は入っていませんが、国土地理院のネット地図(地理院地図)で、国内最高地点の剣ヶ峰は静岡県富士宮市と表示されることが、富士山研究で知られる明治大学非常勤講師である田代博さんが気付いた、と報じられました。田代先生は(一財)日本地図センター等が主催して行っている「地図地理検定」の検定委員長でもあります。

早速地理院地図で住所表示をさせると、下図のように静岡県富士宮市山宮と表示されました。

富士山頂1


 県境は、東側は小富士のところまでで、西側は剣ヶ峰付近までしか記入されていません。しかし、“静岡県富士宮市山宮”と表示されていました。国土地理院情報普及課によると、この表示機能帰属が未確定の地点は、近くの帰属が決まっている場所が表示され、「富士山の県境が確定したわけではない」と強調する、と掲載されていました。そのあと、山梨県富士山保全推進課も便宜的にどちらかの住所が示されても支障はない、と話していることも載っていました。

 6月4日の朝日新聞朝刊の社会面に、今度は山梨県知事の発言として、『富士山頂の“住所”表示「誤解を与える」』というタイトルで、3日の記者会見で、山梨県知事が「不適切」と語り、国土地理院に是正を求める考えを明らかにした、ことが載っていました。静岡県知事と山梨県知事は、昨年世界文化遺産に登録されたのを機に、今年1月山頂付近の5劼聾境を定めずに富士山の保全に協力していくことを明言していたことも載っていました。

 6月6日の同じく朝日新聞朝刊の社会面に、『富士山頂住所表示を停止』とのタイトルで、国土地理院はこの付近の住所を表示する機能を停止させたことがわかった、ことが載っていました。「富士山は特別な存在で国民の関心も高く、放置するのは適切でないと判断した」と説明したとも載っていました。

富士山頂2

6月4日以降、上記のような表示、すなわち剣ヶ峰付近は住所が表示されていなく、その下に“(付近の住所。正確な所属を示すとは限らない。)”が加わっています。この地区以外では、住所が今まで通り出るほか、( )書きの部分が加わることになっています。( )書きを入れるのは正確さを期すためでしょうけれども、永年地図に携わってきた私にとっては違和感があります。地理院の企画調査課長は、山梨県や関係自治体の意見を聞きながら、今後の対応を検討するという、とも載っていましたので、暫定的な処置だと思っています。まだ県境だから話し合いができますが、・・・・・。(M)

 



jmcblog at 08:00 

2013年07月19日

国土地理院の電子国土基本図では、富士山の山頂付近は以下のようにあらわされています。山頂の火口の周りには、富士山と剣ヶ峰、それに白山岳の山名が傾斜体で書かれています。山名は傾斜体で書く決まりとなっています。また剣ヶ峰に最高点の三角点と電子基準点、白山岳にも三角点が書かれています。そのほか南方には郵便局の記号も書かれており、夏季しか開設されませんが重要なので書かれているものと思われます。なお主な山小屋の位置に示されている○合目の表示も山名と同じ扱いで、傾斜体で書かれています。
 文化財保護法に基づき史跡・名勝・天然記念物に指定されたものは、名所の記号で表されていますが。今回世界文化遺産に登録された富士山の場合は、図の右上に直立体の文字で“富士山”と描かれています。特別史跡名勝天然記念物なので(特)の文字が添えられています。なお国土地理院の地図には世界遺産の数が少ないためか、記号は設定されていません。

富士山山頂の地図

7月27日(土)から8月4日(日)の朝10時から夜8時には、日本の世界文化遺産という副題で、京都駅地下街Porta内のポルタプラザなどで『地図展』が開かれます(主催:地図展推進協議会、事務局:日本地図センター)。この「富士山」をはじめ日本における世界文化遺産に登録された13の地域に関連した地図が展示されます。皆さまのご来場を心よりお待ちしています。



jmcblog at 10:00 

2013年07月17日

富士山の高さは、1926年から3,776mとされ、山梨県と静岡県の自動車のご当地ナンバーである『富士山』でも“3776”に人気があるとのことです。江戸時代伊能忠敬も地図作成の関係で測っており、最も現在の値に近い値は西倉沢村(現静岡市清水区)から測った3,732mでした。

国土交通省国土地理院の基準点成果一覧によると、剣ヶ峯と注記のあるところにある二等三角点の高さは3775.63mです。剣ヶ峯の最も高いところは岩であり、岩の高さは三角点の上面より数十cmしか高くないので、最も高いところとしても、メートル単位では3,776mと言えます。これにより富士山の高さ3,776mとされてきました。
二等三角点「富士山」説明富士山山頂三角点
 
なおその16m北に電子基準点が2002年に設置され、その高さとして、3774.88mとされていますが、この高さは電子基準点の下に設置してある点の高さです。ただ電子基準点の柱の部分は約3m近くありますので、その突端は約3777.5mとなり、ここが最も高くなります。
 富士山電子基準点富士山の高さ比較
また外輪上ではありますが600mほど北方に白山岳とあり、そこにも二等三角点が設置してあり、3756.36mです。

1993年に、大成建設が富士山麓の水準点から、2030m毎に高低差測量を行う直接水準測量を50日かけて行い、3774.97mという値を出しています。これだと富士山の高さは3,775mとなります。測量方法に拠って高さは多少違ってくるようです。なおこの測量記録の映画「富士山を測る」が1994年の土木学会第16回映画コンクール準優秀賞や科学技術映像祭長官賞を得ています。



jmcblog at 10:00 
記事検索