マップ・リーダー

2013年09月02日

研修会の様子

 マップ・リーダーという制度をご存知でしょうか?

 先日、8月19日(月)に「第9回マップ・リーダー(地図専門指導者)研修会」を日本地図センターで開催しましたのでご紹介します。

 この研修会では、1日の座学で額入りの認定書とマップ・リーダーのバッジを手にすることが出来ます。座学の内容は以下の通りでした。

.イダンス
地図学概論
C老楚泙竜格と図式
っ鰐召斑躓
ッ老楚泙瞭豹
Γ韮稗啌杵
地図と法律
特別講義

 特別講義では国の地図の作り手である国土地理院から“新しい地図作りの世界”をわかりやすく紹介していただいています。今回は、電子国土調整官から「地図に載せてつなぐ〜地理空間情報ライブラリーの公開〜」をお話いただきました。

 更に、「マップ・リーダー研修会」と同時進行で別途開催された「マップ・リーダー フォローアップ研修」では、水の都、江戸から東京に移り変わる人々の移動、物流の基幹として利用された水路・舟運を巡るコースの巡検を行いました。このフォローアップ研修会は、リーダーに認定された方を対象として、スキルアップを目的として実施しています。

フォローアップ研修のようす


 今回は、マップ・リーダー研修会が31名で、北海道から九州までの教員、会社員、地図愛好家の方々が参加されました。これまでに245名のマップ・リーダーが全国に誕生しています。
 受講者のアンケートには地図に関する業務に携わる者として、知っていなければならない基本的な内容でありながら、改めて気付かされる事が多く、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。」「新しい情報や知識が得られた。まだ自分で十分理解できていない部分もあるので、テキストやいただいた資料、研修内容で説明されたウェブなどを利用して補いたい。などの感想が寄せられました。


毎年、夏休みの期間を利用し開催しております。興味がおありの方は、日本地図センターのホームページにアクセスしてみてください。



jmcblog at 08:30 
記事検索