商品紹介

2013年05月27日


 第19回地図地理検定を2013(平成25)年6月23日に実施します。受検申込み受付中です。
 地図地理検定について、「参考書や過去問集はないのか?」とのお問い合わせも多く、リンク先のサイトに紹介した書籍のほかにも『地図力かこもん』(絶版)や『地図と測量のQ&A』を紹介してきました。しかし、最近の地図の世界は変遷が著しく、これらの内容がすでに古びてきており、あまり積極的にお勧めできなかったことも事実です。

 そこで、このたび『地図と測量のQ&A』を全面的に改定し刊行しました。

qa2013 旧版『地図と測量のQ&A』は、2005(平成17)年に当センターから刊行しており、書籍として決して古いものではなかったのですが、その後2007(平成19)年に、地理空間情報活用推進基本法(以下「基本法」)の施行や測量法の改正などが行われ、日本における地図をめぐる法的な背景が大きく変わりました。

 これらの法整備を受けて、国土地理院の地図(を含む地理空間情報)の整備・提供方針も大きく変化しています。地理空間情報の位置の基準となる基盤地図情報は、基本法第二条で定義され、同第十六条でこれの整備・更新が義務づけられています。従来の印刷された地形図に代わる国の新たな基本図として電子国土基本図が基盤地図情報に基づいて整備・提供されています。また、この電子国土基本図を基に生成した地図画像を、利用者が任意の範囲で入手できる電子地形図25000の提供も始まり、さらに印刷地形図を電子国土基本図から作成することも計画されています。

  測地技術(衛星測位)では、これまでGPSの独壇場でしたが、日本の準天頂衛星も含め各国の衛星測位システム(GNSS)の併用が進んできました。国土地理院の電子基準点も多種のGNSSに対応したものに更新されました。

 新たな『地図と測量のQ&Aでは、項の配列を根本から見直すとともに本文も大幅に書き換えました。改訂作業には一昨年から取りかかっていました。その間にも新たな施策がどんどん打ち出され、活字にするタイミングを見極めかねていたのですが、ちょうど電子地形図25000の提供が本格的に始まった時期に合わせることができました。

 一方『かこもん』については、量も蓄積し膨大になってきており、電子書籍化を検討しています。その第一歩として、地図地理検定(一般)の過去問を電子書籍サイト「地図地理検定の店」で公開しています。ご利用ください。


Home_N
kenteimise



jmcblog at 09:30 

2013年04月19日

 本日4月19日は「地図の日(最初の一歩の日)」です。1800(寛政12)年閏4月19日、伊能忠敬は蝦夷地の測量に出発しました。

 伊能忠敬(1745-1818)は(読者の方がよくご存じとは思いますが)、50歳で隠居した翌年の1795(寛政7)年から、幕府天文方の高橋至時に師事して測量・天文観測などを学んだうえで、1800(寛政12)年から1816(文化13)年まで、足かけ17年をかけて全国を測量し、はじめて日本国土の正確な姿を描いた大日本沿海輿地全図(伊能図)が、歿後の1821(文政4)年に完成しました。inotaizu
 2001(平成13)年、アメリカ合衆国ワシントンDCの議会図書館に伊能図模写本があることが判りました。伊能大図と呼ばれる比較的大縮尺で精繊な表現の地図です。(一財)日本地図センターアメリカにあった伊能大図とフランスの伊能中図(2400円)は米国議会図書館所蔵伊能大図の大半を鮮明なカラー印刷で掲載しています。

 下総国香取郡佐原村(現・千葉県香取市佐原)の伊能家の婿養子となった三郎右衛門(後の忠敬)は、50才で家督を長男に譲り隠居するまで家業の醸造や水運に従事し、また幕府と交渉し、水運の拠点としての佐原河岸*の公認を勝ち取るなど、村の有力者としても活躍しました。幕府との交渉の過程で地図の重要性を認識したともいわれています。

 香取市佐原には、伊能忠敬旧宅伊能忠敬記念館があります。伊能三郎右衛門が佐原河岸の繁栄に尽力した状況等については、千葉経済大学名誉教授の川名登さんが研究成果をとりまとめ、1982年に平凡社から『河岸に生きる人びと』として刊行されました。この研究成果は、千葉県立関宿城博物館の常設展示にも活用されています。

* 河岸(かし): 河川の岸にある川の港。船着場のある場所を指すだけでなく、河岸問屋などの流通機構や、その機能を持つ集落を含めての呼び名(川名登, 1982 から)。


Home_N
歩測・伊能さん



jmcblog at 09:30 

2013年03月19日

  電子地形図25000をご存じでしょうか?電子国土基本図(地図情報)を基にした従来の地形図に近い地図画像を、利用者が図郭や一部の地図記号を選択して入手出来る、いわばセミオーダー地図です。送電線や植生界など現地では目立つ地物の選択表示、等高線などの色表現、道路・鉄道記号の種類や適用範囲などのオーダー事項に入っています。

DJ-IMAGE
 ↑ 国土地理院のサイトです。

 東急東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転が始まりました。幸い、大きな混乱や事故もないようで、何よりです。
cover486 東京周辺の鉄道網は、世界でも希にみる需要の大きさもさることながら、主要線区が多数の鉄道会社からなり、それら相互直通(あるいは一方的な直通)で成り立っていることもに特徴があります。これは、1955(昭和30)年に当時の運輸省が都市交通審議会の答申を得て、郊外の国鉄線・私鉄線と地下鉄線との相互直通運転により都心に直通する高速鉄道網を整備する、という政策が進められた結果です。答申は数次にわたって改訂され、13の路線から構成される「東京都市高速鉄道網」のうち10の路線で相互直通運転が行われています。
 東京以外にも、名古屋、大阪圏でも同様の基本計画があり、また福岡や仙台では、相互直通運転によって空港に直通する鉄道路線が整備されています。これら大都市圏ではICカードも普及し、乗客は事業主体の違いをあまり気にすることなく鉄道を利用しています。

 一方、いわゆる「国鉄再建法」や整備新幹線の「並行在来線」対策により、地方幹線クラスの第三セクター鉄道が増えてきました。それらの路線では最寄りの拠点駅へ直通するための直通運転や線路の共用も行われています。また、地域に根を降ろして発展してきた在来私鉄では、主要路線を残して閑散路線からの撤退が進みつつあります。結果として地方では、新幹線は別格として、主要路線が第三セクターか私鉄、ローカル線がJR直営、という状況も現れてきており、かつての「国鉄>私鉄」のような事業主体による階層性は崩れ去っています。

 日本の地形図における鉄道記号は、未だに「JR線」「JR線以外」と、線路規格(地物としての存在感)ではなく事業主体による区分という、世界的に見てめずらしい図式となっています。その前身となった「国鉄」「私鉄」の地図記号の差が著しくなったのは第二次大戦後、それも1960年代以降です。しかし現状では、歴史的経緯以外に根拠はなく、利用実感としても上記のとおりです。線路共用区間の表現には図化現場の苦労も忍ばれ、結果として場所毎の適用基準が不統一になっています。

Dazaifu

 電子地形図25000(オンデマンド版)のサイトから、鉄道を「私鉄」記号に統一すると選択して、福岡県太宰府市付近の地図画像を試しにオーダーしてみました。鉄道の表現法に最初は違和感もありますが、先入観に囚われず虚心坦懐に眺めれば、これが本来の姿に思えてきます。

 今のところ地図画像の提供地域が限られれていますが、年内には全国の地図画像が入手できるようになります。好みの場所を好みの地図記号で表現した、貴方だけの地図画像を作ってみてはいかがでしょう。


Home_N
gsionline



jmctsuza at 09:30 

2013年03月10日

 昭和20年(1945年)3月10日0時過ぎから爆撃が行われた東京大空襲。米軍第三偵察部隊は、東京大空襲前後の空中写真を撮影していました。

3PR-5M069-1V041-42_Web
▲この写真は、東京大空襲2日前・昭和20年3月8日撮影の一部で、浅草寺から隅田川の周辺です。 家屋等の建物が黒く映っています。

3PR-5M076-1RT043_Webs
▲この写真は、爆撃から数時間後(3月8日11時頃)に北東方向から撮影された斜め写真の一部です。 3月8日撮影のほぼ同じ浅草寺から隅田川の周辺です。 浅草寺周辺に黒い部分を除いて、周辺は白く映っており、全て焼失したことが見られます。

 当センターでは、この貴重な東京大空襲の空中写真をとりまとめた写真帳を扱っております。
 東京大空襲2日前・昭和20年3月8日撮影の2枚をモザイクした写真1枚と、爆撃から数時間後に撮影された斜め写真3枚(1枚は2倍に拡大)、計4枚を写真用印画紙に焼き付けて、ポケットファイルに格納したものです。 偵察戦隊と写真偵察機の解説や、米国国立公文書館や所蔵されている米軍撮影空中写真の解説・紹介も掲載しています。付録に、昭和22年7月30日発行の1/25,000旧版地図「東京首部」と、平成21年4月1日刊行1/25,000地形図「東京首部」が折図で付いています。 

    *    *    *

 地図センターは、米国立公文書館に所蔵されている米軍撮影の空中写真について調査をおこなってきました。これまでに、第二次世界大戦末期から戦後数年間にかけて日本各地を撮影した、貴重な空中写真を入手し、いくつかのイベントで展示するとともに、一般への提供も実施しています。

 〈jmcseno〉
Home_N



jmcblog at 00:07 

2012年11月06日

 「デジタル地図」か「紙地図」か..。無条件で地図記号を覚えさせられ、「地図は『読む』ものダっ!」と教えられてきた(jmctsuzaも含まれる)世代は、ともすれば両者を対立的にとらえてしまいます。しかし、若い世代はちがいます。全く気にすることもなく両者を併用し使い分けています。

moc237s 衿沢世衣子さんによる『ちづかマップ』(小学館)は、いま自然体で地図を楽しんでいる若いひとたちが描かれたコミックです。
 主人公・鹿子木ちずかは、古地図を片手の街歩きが大好きな女子高生。限られた小遣いをやり繰りして、やっと手に入れるのは『明治41年調査東京市日本橋区全圖』や『江戸切絵図』。売れない絵描きの先輩、同級の草食系らしき男子、何でも知っていて電子書籍も使いこなす渋いお祖父さんなどが主な登場人物。

 第二話、草食君が「じゃーん」と差し出すのは東京時層地図。携帯端末(iPhoneやiPad)に、明治から現代までの地図や地形段彩図などを切り替え表示し、東京市街の変遷や地形を知ることができる地図アプリです。作中で「iPhone神アプリ」と評してくださった作者の衿沢さんには感謝いたします。
  時層地図をみて驚きのあまり、主人公は固まってしましますが、すぐに江戸切り絵図を取り出し、友達同士で両者を見比べながら、お茶の水(第二話)や水元公園や堀切(第三話)を散策します。本ブログの「見にウォーク」シリーズみたいですが、漫画だけあって、現地の風物がビジュアルに伝わってきます。

 取材し作中に登場させた古書店や洋菓子店などは、コラムとして改めて紹介され、作者の律儀さが伝わってくるとともに、実用的な散策ガイドとしても役立ちます。今どきの女子高生たちが繰り広げる「ユルい」お話しに同道して、肩の凝らない街歩きを楽しみましょう。

Home_N
iphone_appli



jmctsuza at 09:00 

2012年10月26日

 日本列島全域が表示された地図としては、国土地理院が刊行している500万分1 日本とその周辺がよく知られています。首都東京を中心とした正距方位図法の地図で、もちろん北が上になった、まさに日本全図の王道をいく地図です。一方、地図センターが販売している地図類のなかには、逆さ日本地図「東アジア交流地図」北海道を中心とした日本全図のように、北が上でなく投影中心も首都ではない、ちょっと変わった日本地図もあります。

cover481 地図中心10月号(通巻481号)の表紙には、立命館慶祥中学校高等学校の加藤敦史さんが制作された、沖縄県那覇市を中心に投影した正距方位図法の日本地図の一部を掲げました。投影中心からの同心円も描かれており、これをみると那覇市からは、大阪よしも上海や台北が近く、東京よりもソウルやマニラが近いことがわかります。

 学校の授業で地図帳に親しむことが先ず重要ですが、同じような地図を見続けることにより、地理空間認識が固定化されてしまうこともあります。時には視点を変えた地図を眺めてみるのも必要でしょう。

 特集「地図のある授業風景〜地図教育の新たな可能性を求めて〜」は、加藤さんの投稿をきっかけに企画しました。加藤さんはじめ10名の現役の教師の方々に、地図を使った教育の実際についてレポートしていただきました。

Home_N
5mil
Hokkaido
E-Asia



jmcblog at 18:00 

2012年06月28日

 (財)日本地図センターは、国土地理院による災害復興計画基図(DMデータ)のオンライン刊行を行っています。

 災害復興計画基図は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害(東日本大震災)からの復興計画や新たな街づくりの計画に用いることができる基図(いわゆる「白地図」)で、同年の5月から9月にかけて撮影された空中写真から道路や建物、地形等の地図情報を読み取り、現地調査で確認をした上で作成した詳細な地図です。

  公共測量標準図式に則り、交通施設、建物、土地利用等のほか、仮設住宅やがれき集積地、休止中の公共施設等が、縮尺1/2,500(福島県沿岸部の一部は縮尺1/5,000)で表示されています。さらに3月11日地震に伴い沈降などが生じた場所の等高線(2m間隔)や津波による湛水域も描かれているので、新たな防災対策にも有用です。

 災害復興計画基図の作成範囲は、青森県八戸市から福島県いわき市にかけての沿岸部、4県39市町村の、津波被災区域・都市計画区域(約5千平方km)です。
reconstructionmap
 整備範囲(国土地理院広報から)

  なお、この製品には表示ソフトは添付されません。GISユーザー等のプロ向け製品ですのでご注意ください。また、刷地図としては刊行しておりませんが、電子国土Webによる閲覧サイトがあります。ご利用ください。

地図センターHomePageci-rogo



jmcblog at 16:00 

2011年04月01日

  
  いくつかの内乱を経て明治新政府が安定期に入った明治10年代の、東京中心部の姿を、1軒1軒の家屋や池の形状が華麗な色彩で描いた地図を復刻し、現在と照合できるよう新しい地図を基にした図葉ごとのオーバーレイを付けて大版の冊子にとりまとめました。

  五千分一東京図測量原図では、当時の東京市街の広がりや土地利用の様子もわかります。明治維新により街並みは大きく変わりましたが、街道網は幕末の江戸そのままです。帝都防衛のために新政府が鋭意作製したこの地図は、120年以上経た今日、国土地理院に大切に保管されています。本書は、世界に唯一のこの原図を忠実に復刻したものです。

 図葉ごとに用意されたオーバーレイを利用すれば、現在との位置関係を照合できます。また、同一地域を対象として、内務省地理局が刊行した「東京実測全図」も収録されています。この地図には地番が表記されていますので、各種の史資料に記録されている事物の位置確認に利用できるほか、文学作品を楽しむためにも大いに参考になるでしょう。

 本書は、A3版。構成は、五千分一東京図測量原図が35面、東京実測全図が36面、当センター研究顧問で新宿区文化財保護審議会委員でもある清水靖夫先生による解説(3頁通常の冊子ならば6頁分)が付いています。定価は18,000円+税。(財)日本地図センターの地図の店(東京都目黒区)はじめ、いくつかの地図販売店で購入できます。

 東京の街探検には欠かせない一冊です。

五千分一測量原図2

詳細はこちら



jmctsuza at 10:40 

2010年11月11日


  2万5千分1都市圏活断層図「木曽山脈西縁断層帯とその周辺(上松、妻籠)」、「邑知潟断層帯とその周辺(邑知潟、邑知潟西南部)」の4面を、111日に販売開始しました。1面1,000円(税込)、国土地理院の地図を扱っている全国の書店で入手できます。
 都市圏活断層図は、内陸地震の防災対策のための長期評価やハザードマップのための基礎資料として、都市域とその周辺の活断層の詳細な位置情報を表示した国土地理院技術資料です。今回の公表により全国で147面(約58,600平方キロメートル)が整備されました。
 木曽山脈西縁断層帯は、概ね中山道に沿い中央アルプスと木曽谷との境をなしています。下図は、国土地理院の公表資料から引用した「上松」の一部です。今回調査では、長野県上松町荻原付近から南へ大桑村田光付近まで続き馬籠峠断層につながる断層線が見出され、これを上松東断層と新たに命名しています。
 中山道の木曾十一宿のなかでも町並み保存で知られる妻籠宿から馬籠宿まで、都市圏活断層図「妻籠」を片手に歩いてみましょう。 馬籠峠を越えると、すべて山の中だった木曾路は尽き、視界が一気に開けます。活断層は数千年に1回地震を起こしますが、断層運動によって造られた地形を、私たちは快適なウォーキングコースとして利用しているのです。

AF-MAP~1
 
 地図センターHOMEへ



jmctsuza at 11:15 

2009年12月11日

正解は

  これも図式で、満潮時の海岸線 (水涯線、汀線) としています。


参考資料】 『新版地図と測量のQA』 
日本地図センター発行/ 1,260円(税込)

   昭和61年地形図図式には「海岸線」という項目がありません。これに関係する用語として「水涯線」があり、その定義は、「陸部の地形と水部の地形とを区画する水ぎわの堺」としています。そして水涯線は、河川・湖等陸水部においては、平水時、海部においては満潮時の正射影を表示することになっています。したがって、地形図の高さの基準である東京湾の平均海面の位置が海岸線ではないのです。また、図式でいう満潮時は、厳密にいえば「満潮時の平均的な水涯線」です。
10 新版・地図と測量のQ&A


地図センターHOMEへ



jmcblog at 10:30 

2009年08月25日

2万5千分1デジタル標高地形図」が楽しい !

digital_hyoko1digital_hyoko3
      東京都区部                   大 阪

  高さが色などによってわかるように作られているので、「あの辺が谷なんだ」とか「何でここで台地が切れてるんだろう」など、色々な場所の地形がわかって見ているだけで楽しく、飽きないものです。

 東京では、渋谷が文字どおり谷になっていることや、谷を流れている石神井川が北区で台地をきって隅田川に流れこんでいたりと、普通の地図ではわかりづらい 「高さ」 の情報が簡単に読み取れて面白いです。

  ぜひ一度、眺めてみてください。新たな発見があるかもしれません。

日本地図センター 1:25,000デジタル標高地形図のページ

地図センターHOMEへ



jmceki at 09:15 

2009年08月20日

 都道府県の行政界は未確定の場所も多いですが、確定された場所でも不思議なところがあります。

 山形県、福島県、新潟県の境界は不思議な場所の一つです。
福島県の三国岳付近から北北西に県境が続き、飯豊山神社を過ぎるまで細長い道のようになっています。

                   福島県三国岳付近(電子国土)
denshi2
                             電子国土より
  電子国土では線や面の色分けができるので、三県を色分けするとはっきりわかるので、試してみると面白いかもしれません。
2万5千分1地形図だと「飯豊山」と「大日岳」付近なので、紙で確認するとわかりやすいと思います。


地図センターHOMEへ



jmceki at 10:30 

2009年08月13日


 11日に起きた駿河湾を震源とする地震で、東名高速の路肩が一部崩落しました。
 ニュースによると現場は盛土部分だというので、国土地理院が緊急に撮影した空中写真を見ながら、2万5千分1地形図を電子国土で場所を探して見てみました。
写真と地図を見比べると、地形図から得られる情報は多いのだなと改めて思います。 
     東名高速 現場付近の写真
01 東名高速崩落現場














      電子国土 現場付近の地図
denshi











電子国土より
国土地理院 http://www.gsi.go.jp/
電子国土ポータル http://cyberjapan.jp/


地図センターHOMEへ

jmceki at 10:00