2018年12月17日

【メール地図中心】Vol.474をお届けします。

【目次】
■ニュース
★2019年地図関係各社カレンダー配布会
★東洋文庫企画展「大(ハート)地図展」
■地図中心12月号・通巻555号:特集「島の力、発信中」(12/10発行)
■2万5千分1地形図、12月新刊の見所!「軽井沢」(長野6-2)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★2019年地図関係各社カレンダー配布会
 期間:12/16(日)13:00-17:00、12/17(月)10:00-17:00
 会場:(一財)日本地図センター1階会議室(目黒区青葉台4-9-6,03-3485-5417)
 内容:地図関係各社の2019年カレンダーを無償で配布します。
 ※12/16(日)の地図の店の営業は行いません。
 ※告知が遅くなりまして、申し訳ございません。
---
★東洋文庫企画展「大(ハート)地図展」
 期間:〜2019/01/14(月・祝) 10:00-19:00
 料金:一般:900円、65歳以上:800円、大学生:700円、中・高校生:600円、小学生:290円
 会場:東洋文庫ミュージアム(文京区本駒込2-28-21,03-3942-0280)
===
■地図中心12月号・通巻555号:特集「島の力、発信中」(12/10発行)
御所浦港に着くとまず、大きなテラノサウルスの頭部モニュメントが迎えてくれ、恐竜の島に来たな!と感じさせてくれます。
御所浦は白亜紀後期(今から約1億年前〜6500万年前)の主に二枚貝・巻貝やアンモナイトなどの軟体動物化石が産出することで古生物研究者には明治の頃から良く知られた場所でした。
しかし、島の人々には化石があることは当たり前のことでその存在にあまり注意を払っていなかったようで、自分が小さい頃は海岸で拾ったアンモナイトの化石を水切りに使って遊んでいた、などという話を聞くこともあります。
また、民家の石垣に使われている岩には見事な二枚貝の化石が入っていて、御所浦が化石の島であることを強く印象づけます。
◇12月号特集「化石の島・恐竜の島、御所浦の今!」(長谷義隆)より
===
■2万5千分1地形図、12月新刊の見所!
「軽井沢」(長野6-2)
信越本線の横川〜軽井沢駅間は、1997(平成9)年に北陸新幹線の開通に伴い廃線となりました。
廃線敷の一部、横川駅から熊ノ平駅までの旧線跡には約6の遊歩道「アプトの道」が整備されており、旧丸山変電所やめがね橋といったかつての鉄道遺産を歩いて探訪できます。
「アプトの道」は、徒歩道として地形図にも記載されています。
===☆


jmcblog at 07:56 
地図中心 
記事検索