2018年08月20日

【メール地図中心】Vol.458をお届けします。

【目次】
■ニュース
★みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム「ダム −木曽川・飛騨川− 展」
★消防博物館夏の特別展「関東大震災−炎の記憶−」
★藤沢市藤澤浮世絵館「空から見る相模と日本 鳥瞰図の系譜」
★高松市歴史資料館第75回企画展「たかまつ今昔−創造都市高松の原点を探る−」
★地図扇子第4弾『山シリーズ』「槍ヶ岳」「穂高岳」再入荷!
■地図中心8月号・通巻551号:特集「霞ヶ浦、広く浅く」(8/10発行)
■2万5千分1地形図、8月新刊の見所!「柳津(やないづ)」(新潟7-2)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム「ダム −木曽川・飛騨川− 展」
 期間:〜8/26(日) 9:00-17:00(休:月)、入場:無料
 会場:みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム(美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3299-1,0574-28-1110)
---
★消防博物館夏の特別展「関東大震災−炎の記憶−」
 期間:〜9/02(日) 9:30-17:00(金-19:00)(休:8/27,30)、入場:無料
 会場:消防博物館(新宿区四谷3-10,03-3353-9119)
---
★藤沢市藤澤浮世絵館「空から見る相模と日本 鳥瞰図の系譜」
 期間:〜9/02(日) 10:00-19:00(休:月)、入場:無料
 会場:藤沢市藤澤浮世絵館(藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南7F,0466-33-0111)
---
★高松市歴史資料館第75回企画展「たかまつ今昔−創造都市高松の原点を探る−」
 期間:〜9/02(日) 9:00-17:00(休:月)
 料金:一般:200円、大学:150円、高校生以下:無料
 会場:高松市歴史資料館(高松市昭和町1-2-20,087-861-4520)
---
★地図扇子第4弾『山シリーズ』「槍ヶ岳」「穂高岳」再入荷!
皆様からご好評いただき、品切れとなっていました「地図扇子」の「槍ヶ岳」と「穂高岳」が再入荷しました。
今回の入荷分で、「槍ヶ岳」「穂高岳」のこのバージョンは終了です。
価格:864円(税込)。売り切れの節はご容赦ください。
▼「地図扇子」販売のお知らせ
===
■地図中心8月号・通巻551号:特集「霞ヶ浦、広く浅く」(8/10発行)
霞ヶ浦は今から1200年前、湖岸で塩を作り、鳥や海水魚が生息する「常世の国」であったことが「常陸風土記」に記されています。
「降れば洪水、照れば干害」と言われた霞ヶ浦、豊かな恵みをもたらすいっぽう、人間の力では制御できない自然の脅威を与える存在でした。
<中略>
霞ヶ浦も治水・利水のために堤防が整備され、常陸川水門(逆水門と呼ぶ人が多い)の建設によって、洪水の防止と塩害の防止、そして淡水化により高度な水利用(上水・農業・工業用水)が茨城県のみならず、東京都民や千葉県民の生活や産業を支える貴重な水資源となっています。
水利用に関しては1cmの水深で約200万m3の容量があるため渇水に対して安心できる地域となっています。平均水深が約4mと浅く、約200日かからないと水が入れ替わらない湖ですので、人間活動が水質悪化に直結する湖でもあります。湖水浴場が賑わっていた1959年に水郷筑波国定公園に指定されています。
◇8月号特集内「迅速測図からみる霞ヶ浦の歴史と現在」(小栗幸雄)より
===
■2万5千分1地形図、8月新刊の見所!
「柳津(やないづ)」(新潟7-2)
蛇行する只見川を見下ろす東側の崖上に建つ圓藏寺は、平安時代はじめから千二百年の歴史がある古刹。
門前町の地名も、圓藏寺が由来です。
圓藏寺が臨む只見川の屈曲部は深く「魚淵(うおぶち)」と呼ばれ「柳津ウグイ生息地」として国指定の天然記念物になっています。
このウグイは、圓藏寺にある虚空蔵菩薩を刻んだときの木片の化身という伝説があるそうな。
===☆


jmcblog at 08:26 
地図中心 
記事検索