2018年04月23日

【メール地図中心】Vol.442をお届けします。

【目次】
■ニュース
★すみだ郷土文化資料館特集展示「伝説と名所ーすみだの寺社と源頼朝―」
★大阪市立自然史博物館特別展「恐竜の卵 〜恐竜誕生に秘められた謎〜」
■地図中心4月号・通巻547号:特集「忠敬の日々」(4/10発行)
■2万5千分1地形図、4月新刊の見所!「吉祥寺」(東京6-4)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★すみだ郷土文化資料館特集展示「伝説と名所ーすみだの寺社と源頼朝―」
https://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/siryou/kyoudobunka/info/densetu.html
 期間:〜5/06(日) 9:00-17:00(休:毎月,第4火,5/1、ただし4/30は開館)
 入場:個人:100円,中学生以下:無料
 会場:すみだ郷土文化資料館(墨田区向島2-3-5,03-5619-7034)
---
★大阪市立自然史博物館特別展「恐竜の卵 〜恐竜誕生に秘められた謎〜」
http://dinoeggs.jp/
 期間:〜5/06(日) 9:30-17:00(休:4/9,16,23)
 入場:大人1300円、高校・大学生800円
 会場:大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(大阪市東住吉区長居公園1-23,06-6697-6221)
===
■地図中心4月号・通巻547号:特集「忠敬の日々」(4/10発行)
http://net.jmc.or.jp/books_map_chizuchushin.html
伊能忠敬の作成した地図は、測量の精度が高かったのはもちろんだが、地図に仕上げるまでの工程にも、さまざまな工夫がされていた。
幕府に上呈された伊能図は、伊能忠敬の弟子たちによって描かれた。
伊能図の測線は、経年変化を除けば相対的に現在の地図と驚くほど一致する。
伊能忠敬の測量隊員は、現地の測量だけでなく、地図を描くことを通して、測点一点一点を測って描くという、紙の上でも現地と同じ測量を実施していた。
現地の測量には参加しなかったが、伊能図の完成には、地図を描くという紙の上の測量を行った隊員がいたことも忘れてはならない。
◇4月号特集内「伊能忠敬の測量隊、もう一つの全国測量」(菱山剛秀)より
===
■2万5千分1地形図、4月新刊の見所!
「吉祥寺」(東京6-4)
調布飛行場は首都の防空拠点として1941(昭和16)年に建設、長さ1000mと700mの2本の滑走路がありました。戦後は米軍が接収、滑走路西側には米軍の住宅施設が代々木から移転して「関東村」と呼ばれていました。
現在は長さ800mの滑走路が1本あり、新中央航空が伊豆諸島の新島、大島、神津島、三宅島との間に定期路線を運行しています。
===☆

jmcblog at 10:18 
地図中心 
記事検索