2018年03月19日

【メール地図中心】Vol.437をお届けします。

【目次】
■ニュース
★地図と測量の科学館 企画展「地図で旅するジオパーク」
★日本地理学会 2018年春季学術大会
★板橋区立郷土資料館「水のゆくえ〜荒川の歴史〜」
■地図中心3月号・通巻546号:特集「化石の時空間」(3/10発行)
■2万5千分1地形図、3月新刊の見所!「静岡東部」
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
---
★地図と測量の科学館 企画展「地図で旅するジオパーク」
http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/index.html
 期間:3/16(金)〜6/24(日) 9:30-16:30(休:月・祝日の場合は翌日)、入場:無料
 会場:国土地理院・地図と測量の科学館(つくば市北郷1番,
029-864-1872)
 内容:
日本の大地は、海に囲まれ火山が多く、その成り立ち、形、仕組みなど、様々な神秘に満ちている。
我が国では、「大地の公園」を意味する「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉を意味する「ジオパーク」として、8地域の「ユネスコ世界ジオパーク」を含む43地域の自然遺産が「日本ジオパーク」として認定されている。
この日本各地のジオパークを地図や空中写真とともに紹介。
---
★日本地理学会 2018年春季学術大会
http://www.ajg.or.jp/meeting/2018spring/
 期間:3/22(木)〜24(土)
 参加費:正会員:2000円、正会員(学生会員):1500円、
一般(非会員):2500円、学生(非会員):2,000円、高校生以下:無料
 会場:東京学芸大学(小金井市貫井北町4-1-1)
---
★板橋区立郷土資料館「水のゆくえ〜荒川の歴史〜」
http://itabashi-kyoudo-museum.jp/special/
 期間:〜3/25(日) 9:30-17:00(休:日祝)、入場:無料
 会場:板橋区立郷土資料館(板橋区赤塚5-35-25,03-
5998-0081)
===
■地図中心3月号・通巻546号:特集「化石の時空間」(3/10発行)
「ティラノサウルス」という恐竜の名前を聞いたことがない、という人に出会ったことがない。
およそ1000種という恐竜の中で、この恐竜は抜群の知名度をもっている。
肉食恐竜の代名詞でもあることから、「最強」あるいは、「最恐」というイメージをもっている読者も多いのではないだろうか?
ティラノサウルスは、正式には「ティラノサウルス・レックス」という種名の恐竜である。
ラテン語で「Tyrannosaurus rex」と書く。
これを略して「T.rex」と表記されることもある。
◇3月号特集内「超肉食恐竜ティラノサウルスの旅」(土屋 健)より
===
■2万5千分1地形図、3月新刊の見所!
「静岡東部」(静岡11-1)
静岡市駿河区にある「登呂遺跡」は、弥生時代の集落・水田の遺跡です。
1943(昭和18)年、軍需工場建設の際に発見。
1947(昭和22)年には日本で初めての総合的な発掘調査が行われ、水田や井戸の跡、竪穴式住居・高床式倉庫の遺構などが発掘されました。
現在は公園として整備され、住居などが復元されているほか、隣接して博物館が建てられています。
===☆

jmcblog at 08:58 
地図中心 
記事検索