2017年12月25日

【メール地図中心】Vol.426をお届けします。

【目次】
■ニュース
★国土地理院・地図と測量の科学館「地図と測量のおもしろ塾」『自分の地球儀を作ってみよう!』
★沖縄県立博物館・美術館開館10周年記念特別展『海の沖縄 開かれた海への挑戦』
■地図中心12月号・通巻543号:特集「ネパール」(12/10発行)
■2万5千分1地形図、12月新刊の見所!「上祓川(かみはらいがわ)」
■お知らせ

【内容】
■ニュース:
★国土地理院・地図と測量の科学館「地図と測量のおもしろ塾」『自分の地球儀を作ってみよう!』
http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/p09.html#kikaku7
 期間:2018/1/13(土)・14(日)、参加:無料
 時間:午前の部・10:00-12:00、午後の部・13:
30-15:30(両日とも)
 定員:各回50名(申込順)、両日とも午前の部50名・午後の部50名
 申込方法:「参加者氏名(フリガナ)」,「学年・保護者の別」,「住所(市町村まで)」,「電話番号」,「希望日」,「希望時間」を明記し、メールかFAX
 メール:gsi-kengaku@ml.mlit.go.jp
 FAX:029-864-3729(チラシ裏面利用)
 ※保護者が講座に参加する場合は要申込。
 持参物:電卓,筆記用具,はさみ
 チラシPDF:http://www.gsi.go.jp/common/000194702.jpg
 会場:国土地理院「地図と測量の科学館」(つくば市北郷1,029-864-1872)
---
★沖縄県立博物館・美術館開館10周年記念特別展『海の沖縄 開かれた海への挑戦』
http://www.museums.pref.okinawa.jp/museum/topics/detail.jsp?id=1849
 期間:〜2018/1/14(日) 9:00-18:00(休:月(祝は開館・翌平休),12/29-12/31)
 料金:一般:1000円、大学・高校生:600円、小中学生:300円
 会場:沖縄県立博物館・美術館(那覇市おもろまち3-1-1,098-941-8200)
===
■地図中心12月号・通巻543号:特集「ネパール」(12/10発行)
ネパールと日本の地形図を凡例の視点から比べてみよう。
地形図凡例はその国の自然、社会の状況がよく現れている。
1:50,000と1:25,000の違いは少ない。
日本の地形図に描かれていないが、ネパールの地形図には描かれているものの代表は、氷河に関わる等高線と凡例である(1:50,000のみ)。
エヴェレスト直下からのびるクンブ氷河など、氷河上面の等高線やクレバスなどが描かれている。
朝日・渡辺(1998)によると、岩屑斜面の一部が氷河として描かれているという問題があり、また、集落名に間違いもあるとのことで、注意が必要である。
集落内などにみられる塔状の記号は、ヒンズー教や仏教の寺・仏塔、モスク、教会、チベット仏教のマニ壁の記号である。
人口上位の4つの宗教であるヒンズー教、仏教、イスラム教、キリスト教の施設が記号化されていることになる。
◇12月号特集内「カトマンズでネパール地図体験」(島津 弘)より
===
■2万5千分1地形図、12月新刊の見所!
「上祓川(かみはらいがわ)」(鹿児島4-3)
鹿屋市祓川地区で行われる「上祓川棒踊り」は、この地区にある他の「中祓川棒踊り」「西・下祓川棒踊り」と合同で毎年3月の最終日曜日に、瀬戸山神社に五穀豊穣・無病息災を祈願して棒踊りが奉納されます。
上祓川棒踊りの由来は、歴史的に定かではありませんが、江戸期の兵農分離政策によって農民が刀を持つことを禁じられたため、木製薙刀や木刀などを用いた防御攻撃術を踊りに取り入れたと云われています。
===☆

jmcblog at 09:28 
記事検索