2017年11月27日

【メール地図中心】Vol.422をお届けします。

【目次】
■ニュース
★高岡市立博物館企画展「黒部川開発100年記念写真展」
★世田谷区立郷土資料館平成29年特別展「地図でみる世田谷」
★広島市現代美術館 特別展「藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察」
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
■2万5千分1地形図、11月新刊の見所!「川湯」
■お知らせ

【内容】
■ニュース
★高岡市立博物館企画展「黒部川開発100年記念写真展」
http://www.e-tmm.info/nenkan29.htm#29ex5
 期間:〜11/30(木) 9:00-17:00(休:月(祝は開館・翌平休))、料金:無料
 会場:高岡市立博物館(高岡市古城1-5,0766-20-1572)
---
★世田谷区立郷土資料館平成29年特別展「地図でみる世田谷」
http://www.city.setagaya.lg.jp/event/1991/d00155970.html
 期間:〜12/03(日) 9:00-17:00(休:月(祝は開館・翌平休))、料金:無料
 会場:世田谷区立郷土資料館(世田谷区世田谷1-29-18,03-3429-4237)
---
★広島市現代美術館 特別展「藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察」
https://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/terunobu_fujimori/
 期間:〜12/03(日) 10:00-17:00(休:月(祝は開館・翌平休))
 料金:一般:1030円、大学生:720円、高校生・
65歳以上:510円、中学生以下:無料
 会場:広島市現代美術館(広島市南区比治山公園1-1,082-264-1121)
===
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
南多摩の農業は、消費者への近接性を活かして存続しています。
それは、この地域の農家の多くが「消費者に直接販売」することからも指摘できる特徴です。
南多摩に位置するそれぞれの市では、地域資源として農業を位置づけ、農業振興とともに農のある空間を価値のある空間として重視するまちづくりが進められています。
都市化が進んだ南多摩地域ではありますが、だからこそ身近な空間に残る農業の魅力や価値を、そこに住む市民みなで共有したいものです。
◇11月号特集内「南多摩の農業」(宮地忠幸)より
===
■2万5千分1地形図、11月新刊の見所!
「川湯」(斜里11-1)
川湯温泉は、屈斜路湖と摩周湖の間を抜ける釧網本線にその駅があります。川湯の名は、アイヌ語の「熱い川(湯ノ川)」を意味しています。中心部には高温の温泉の川(湯川の支川)が流れており、古くから湯治場として親しまれてきました。
また、この温泉は、日本でも珍しい「源泉100%かけ流し宣言」をしています。
1953年に公開された映画『君の名は』で屈斜路湖周辺が撮影地となり観光客も増え、温泉街は急速に発展しました。
===☆

jmcblog at 09:00 
記事検索