2015年06月29日

第23回地図地理検定を実施しました

 6月21日(日)、「第23回地図地理検定(主催:(一財)日本地図センター、国土地理協会)が、全国7か所の公開会場(および団体受検会場)で執り行われました。
 毎年、春と秋の2回実施される本検定は、地図や地理の基礎力を問う「一般」と、より専門的で幅広い知識が問われる「専門」の2つのクラスがあります。

 今回は、全国で「一般」220人、「専門」93人の計313人(延べ人数、団体受検含む)が参加されました。
 東京会場の国士舘大学キャンパス(東京都世田谷区)でも、生憎の雨模様の中、延べ166人(一般116人、専門50人)の受検者にご参加いただき、地図や地理に関する知識を存分に発揮していただきました。

 毎回、本検定では老若男女を問わず、幅広い職種・年齢層の方々にご参加いただいています。特に「一般」では、高校生や大学生を中心とした学生の受検者が、例年に増して多く見受けられました。「一般」では、地図の基礎的な見方や日本・世界の地理の知識を問う出題、また、昨今の時事話題について地図と絡めた問題が中心となっています。一部は高校や大学の入学試験で出題されるようなレベルの問題を設定しているため、地理の授業を受けている学生の方々には解きやすいものが多かったかもしれません。
 近年は、学校教育における「地理教育」のあり方に大きな変化が生じています。ぜひとも、多くの学生の方々が本検定に参加され、地図や地理の楽しさを知っていただきたいと願っております。検定事務局としても、多くの学生や先生方に興味関心を持っていただけるよう努めてまいります。

 ただいま、「一般」「専門」とも採点作業の真っ只中です。結果発送は7月下旬を予定しております。受検された皆様は、結果の到着までもう少しお待ちください。
 また、今回の問題および解答は、日本地図センターウェブサイトにて近日公開予定です。ご都合により参加いただけなかった皆さまも、ぜひ問題にチャレンジしてみてください。

 次回、第24回地図地理検定は、本年11月15日(日)に実施します。皆さまのご参加をお待ちしております!

(T) 


jmcblog at 08:30