2013年12月16日

地図地理検定の楽しみ方

去る11月24日(日)、第20回地図地理検定が全国7都市会場にて一斉に実施されました(詳細は、12月4日付記事をご参照ください)。
 今回、受検された方より、ご自身の体験を踏まえた地図地理検定の楽しみ方について寄稿いただきましたので、ご紹介します。

==============

 職場の仲間たちと第20回地図地理検定(専門)を広島会場で受けてきました。初めての受検が第10回ですから、すでに5年が経過しました。今でも自己採点で「慌てずよく考えれば正解したのに」などと後悔することが多く、専門は難しいなと思います。それでも職場からの受検者は年々増えて、10名を超えるまでになりました。受検仲間が増えたことで、今では年2回開催される検定はすっかり恒例行事になりました。

/場風景(編集業務)私たちは地図制作会社に勤務していて、地図を作るための調査や編集をする現場にいます。でも地図会社だから誰もが地図の専門家という訳ではありませんし、大抵は日頃の忙しさなどから知識を磨くことを怠りがちです。
 初めは会社からの勧めがあって受検しましたが、その後がどうも続きません。そんな時、「検定は健康診断のようなもの、地図に関わる従業員なのだから定期的に受けたらどうでしょう。地図の理解が深まって仕事がもっと楽しくなりますよ」と先輩から受けたアドバイスが継続のきっかけになりました。

自分の実力を知る、力を試すなど受検の動機は様々だと思いますが、これに仲間同士で力を確かめ合うという要素が加わりました。もっと良い点を取りたい、もう少し力を付けたいという思いが継続に繋がりました。受検後は、はらはらどきどきの自己採点で一喜一憂します。居酒屋で賑やかに自己採点を始めたことで、楽しみがもうひとつ生まれました。試験問題を酒の肴に、仲間と語り合うひとときは格別なものがありま検定後の懇親会す。受検後の解放感を味わい、次も頑張るぞという気持ちを確認し合うこと...これも楽しみ方のひとつです。

(地図制作会社勤務・Y様)



jmcblog at 08:30 
コラム 
記事検索