2013年06月27日

原付ナンバープレートに伊能忠敬のシルエット

 香取市で、原付バイクのナンバープレートに伊能忠敬のシルエットが入ったものが交付されています。
 千葉県香取市は、伊能忠敬の出身地として有名ですが、2011(平成23)年9月から、原付バイクに図のようなオリジナルナンバーの交付が始められています。

2011-0602-0944_1 香取市のウェブサイトによると、177点の応募作品の中から、「香取市のイメージを表現する」にふさわしいものとして選ばれたものです。郷土の偉人・忠敬翁のシルエットを取り入れたデザイを考えたのは、香取市から遠く離れた広島市に在住の河野寛子さんです。河野さんは、「自分の足で歩き続けた彼が、今日庶民の足である、スクーターのナンバーとなって走るのは粋ではないか」とコメントしています。まさにその通りですね。
( by jmcmimr)

 『四千万歩の男』
 最初の一歩

Home_N

記事検索