2013年04月25日

自転車に乗って

cover487 地図中心487号(2013年5月号)の特集は「自転車に乗って」です。自転車と旅と地図、自転車利用と街づくりと地図など、自転車愛好家や都市工学の研究者に寄稿いただきました。

 昨年(2012年)11月、国土交通省・警察庁により「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」が策定されました。
 近年、都市部を中心に自転車利用が増えていますが、同時に、交通事故全体における自転車関連事故の割合も増えています。これまで日本では、先進国はとして例外的に、自転車交通の位置付けが十分になされていませんでした。自転車は、歩道通行が認められ〜というより実質的に歩道に押し込められてきました。「自転車は車両」であることの認識・自覚が薄れ、周囲の状況を省みない無謀な運転が目立ちます。歩道は歩行者と自転車の混在を余儀なくされ、自動車優遇施策のしわ寄せが集約されているようににみえます。

 ガイドラインは、「安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討委員会」からの提言を受け、警察庁と連携し、国土技術政策総合研究所の調査・研究の成果等も踏まえ策定されもので、次の4項目が掲げられています。

 機ゼ転車通行空間の計画
 供ゼ転車通行空間の設計
 掘ネ用ルールの徹底
 検ゼ転車利用の総合的な取り組み

気任蓮自転車は車道通行を基本とすることが示されます。兇任蓮⊆転車道や自転車通行帯の設計など。靴任魯襦璽觴知や遵守インセンティブの方策など。犬任蓮▲譽鵐織汽ぅルの活用や自転車マップ(!)の作成などについて言及されています。ガイドラインを受けて、全国いくつかの都市で自転車が自他共に安全に走行できる空間の確保や、地図や標識による情報提供が試行的に始まっています。

 ルールを守り適切な走行をすれば、風土を肌で感じながら、遅すぎず速すぎず移動できる自転車の利点を十分に享受できます。本格的なツーリングで、山岳地をキャンプしながら駆け抜ける愛好者の方々の体力・脚力には圧倒されます。
 自転車に限らず、地図などの資料を読み込んでの計画は、旅の本番以上に楽しいものです。自力で辿った行程をGNSSで取得し地図上にトレースを重ねたときの達成感は格別なものでしょう。現地で地図と見比べ行くべき道を選ぶとき、熟達者は、より困難そうな(面白そうな)道を選ぶそうです。これが当たったときの満足感はもちろんですが、外れたとしても、それはまた新たな発見であり、さらなる楽しい道行きの始まりです。


Home_N
mapcentre



jmcblog at 09:30 
地図中心