2012年08月30日

防災の日

 8月も明日まで。ツクツクボウシのせわしい鳴き声を聴くたびに、夏休みの宿題に追われていた日々が想い出されます。

 今月14日付で掲載した記事で、佐藤卓己著『八月十五日の神話』を紹介しました。本書のなかに「戦没者を追悼する8月15日と、戦争責任を考える9月2日とに記念日を切り離すべきではないか」との提案があります。この記念日の改革案、趣旨は妥当ながら効果が少ないのではないかと思えます。何故なら、第二次大戦が終結した、いわゆるVJデイ前日の9月1日は、日本では「防災の日」であり、大多数の日本国民の意識は「戦争と平和」から「防災」へと上書きされているからです。

 「防災の日」は、伊勢湾台風による大災害の翌年1960(昭和35)年6月17日、閣議了解で9月1日とされました。関東大地震が1923(大正12)年9月1日に発生したことから、「この日を中心として、防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練等これにふさわしい行事を実情に即して実施する」とされています。実際、毎年8月下旬から9月にかけて、台風が日本列島付近に来襲し、半世紀以上前の記憶よりも、目の前の自然現象への対応に追われるようになります。

IMGP2387ss
東日本大震災:灌水したままの低地.

DTM_Nobiru
デジタル標高地形図国土地理院が公開).灰色の区域が津波による灌水部.

 東日本大震災では、被災状況を表す優れた地図成果が公表され、復興用地図が提供され、さらに液状化などの被害発生条件を知るため旧版地図の閲覧が増えたりするなど、地図と防災との関わりは強くなっています。地図に関する学術団体である日本国際地図学会の本年度定期大会では、8月23日午後に、シンポジウム「減災のための地図のあり方を考える」が催されました。
 遠藤宏之さん(螢優ストパブリッシング)の呼びかけに応えて、牛山素行さん(静岡大学防災総合センター)、石黒徹さん(横浜市政策支援センター)、井口隆さん((独)防災科学技術研究所)、羽鳥達也さん(日建設計)ら、防災に関する情報や考えを日々発信されている方々がパネリストとして登壇されました。

 地図と防災といえば、「わかりやすいハザードマップ」「誰でも使えるハザードマップ」、とよく言われますが、このシンポジウムでは違いました。冒頭から、牛山さんの『「わかりやすいハザードマップ」が被害軽減に直結しない』という刺激的な題の講演で、防災地図の位置づけが相対化されました。
 竣工すれば直ちに効果を発揮するハード防災に比べ、ソフト防災としてのハザードマップや避難地図は、完成しても、受益者・利用者がそれを理解し活用しなければ効果を発揮できないこと、そして、内容や使う環境をどんなに充実しても「使わないひと」が必ず相当数いることを前提とすべきことが指摘されました。
 では、どうしたらよいのか?牛山さんの提案は、防災に関わる判断をする「絶対に使ってもらいたいひと」を見つけ出すこと。

 羽鳥さんの「避難地形時間地図(通称:逃げ地図)」が、シンポジウムの全体テーマに対するひとつの解答でした。ハード防災の一種ともいうべき、津波からの避難タワーなどの設計に関わる立場から、減災に効果的な街づくりの合意形成のためのツールとして地図(GIS)を用い、地元のひとびとも参画して、避難経路と所要時間とを視覚化した事例です。

 このシンポジウムについては、遠藤さんやパネリストの方々自身が、各々発信している情報サイト(例えばここ)でも言及しておられ、Twitterでも同時進行的に話題が拡がり、Togetter と呼ばれるとりまとめもなされています。
 横浜市の震災や戦災の地図から驚くべき事実を抽出された石黒さん、ライフワークというべき地すべり地形分布図について紹介いただいた井口さんによる講演も含め、詳しく知りたい方はそれらもご覧ください。また、主催した日本国際地図学会でも、学会誌等で改めて報告されるはずですので、関心のある方は入会して購読してください。

IMGP2377sp 東日本大震災では、原子力発電所事故だけでなく、震災瓦礫処理や津波被災地の再建方策など解決すべき課題も多く、復旧・復興がなかなか進まない現実もあります。
 しかし、多くのひとびとが現地に赴き、それに向けた地道な仕事に取り組んでいることは忘れないようにしたいと思います。


 ☆ 9月4日、一部追記しました。 
home
 gsionline

 文部科学省放射線量等分布マップ拡大サイト



jmctsuza at 11:00 
コラム | 防災
記事検索