2009年12月11日

クイズちずりょく VOL.12 解答と解説

正解は

  これも図式で、満潮時の海岸線 (水涯線、汀線) としています。


参考資料】 『新版地図と測量のQA』 
日本地図センター発行/ 1,260円(税込)

   昭和61年地形図図式には「海岸線」という項目がありません。これに関係する用語として「水涯線」があり、その定義は、「陸部の地形と水部の地形とを区画する水ぎわの堺」としています。そして水涯線は、河川・湖等陸水部においては、平水時、海部においては満潮時の正射影を表示することになっています。したがって、地形図の高さの基準である東京湾の平均海面の位置が海岸線ではないのです。また、図式でいう満潮時は、厳密にいえば「満潮時の平均的な水涯線」です。
10 新版・地図と測量のQ&A


地図センターHOMEへ



記事検索