2009年11月13日

クイズちずりょく VOL.9 解答と解説

正解は

   地名を地図に注記する場合、ひろく行われ慣習となっている方法がいくつかあります。  銑がその例です。一方、江戸期までの日本の地図は、 四周 から眺められるように作られていることが多く、1枚の地図の中で注記の向きが上下逆になることもめずらしくありませんでした。 伊能図でもそのような例が見られます。ただ、当時のフランスの地形図では地名の向きが上下逆転しないようになっていましたし、伊能忠敬がフランスの地形図にこれをならったということもありません。


※上記問題は、地図力検定試験より出題してます。
第12回地図力検定試験お申込みは
こちらへ

地図センターHOMEへ



記事検索