2009年11月27日

日本地図センター地図の店から(4) 


地図ふぇす 鳥瞰図の世界Ver.2−


   こんにちは、(財)日本地図センター地図の店です。
今月は、12月4日(金)〜6日(日)に開催の第4回 「地図ふぇす」 をご紹介いたします。
  今回のテーマは、6月に開催いたしました第3回 「地図ふぇす 鳥瞰図の世界」 のVer.2として、前回ご紹介できなかった地図を沢山展示します。明治期の大東京パノラマ鳥瞰図を筆頭に、大正 ・ 昭和 ・ 平成と東京を中心に全国各地の町や鉄道、 自然、観光地などを描いた鳥瞰図をご覧いただけます。  吉田初三郎はもちろんのこと、金子常光、岩 邦友、石川真琴、中田富仙、藤本一美、池崎 功、久芳勝也他の図や、その他にコンピュータグラフィックによる出力画が展示されます。  
   鳥瞰図は人が実際に飛行機などから眺めた風景を絵に描いたのではなく、地形図などをじっくりと眺めて頭の中で地形を立体的に組み立て、現地に出向き調査や観察を行い、 地形をどこまでも鮮明に、詳細に、遠近感を持って描いたものです。 鳥瞰図には描いた作者の繊細さや心の温かさが伝ってきて、観る人に感動や癒を感じさせてくれます。

06 書籍・地球  是非、12月の4,5,6日は忙しい師走のひと時を日本地図センターで鳥瞰図の魅力に浸ってください。なお、当日ご来場頂いた皆様には、来年の地図カレンダーを プレゼントします。 
また、併催で首都高速中央環状線と高架構造の3号渋谷線とを接続する 「大橋ジャンクション」 の建設状況が知ることができる首都高速道路 (大橋JCT) 建設の立体模型も展示します。是非ごらんください。お待ちしております。

http://www.jmc.or.jp/event/fes4/index.html


地図センターHOMEへ

 

 



記事検索