2009年10月15日

クイズちずりょく VOL.6 解答と解説

正解は

  ハザードマップは英語のhazard map からきたものです。ちなみに、2004108日に発表された国立国語研究所「外来語」委員会の第3回「外来語」言い換え提案では、ハザードマップを「災害予測地図」、「防災地図」としています。定着するかどうか注目されます。

  メンタルマップは心象地図とも呼ばれ、たとえば、しばしば利用する施設は大きくまた近く感じ、 まれにしか利用しない施設は小さくまた遠く感じるというような、心にうつる映像を表現した地図のことです。

  ナビゲーションマップは、陸海空の航行・移動に関する地図に広く使われますが、情報処理の分野では、インターネットなどでの操作や思考の流れを示すダイアグラムという意味でも使われることがあります。 同じように意味を比喩的に拡張して使う例として、 パレスチナ和平の 「ロードマップ」 をあげることができます。道路地図のように、道筋をたどっていけば目的とするところに到達することができるからでしょう。デジタルマップは数値地図などとも呼ばれます。

参考資料---日本国際地図学会編 『地図学用語辞典 増補改訂版』
技報堂出版/1998年6,930円)
地図学用語辞典・学会
※上記問題は、地図力検定試験より出題してます
第12回地図力検定試験お申込みはこちらへ







地図センターHOMEへ



記事検索