2009年08月06日

地図の基本はまず縮尺(1)

  
   地図は、実際の場所をある限られた大きさの紙面の中に描き表すので、当然のことながら実際の大きさより小さくなります。
この小ささを「縮尺」といいます。少し専門的に言えば縮尺とは、2 地点間の実際の水平距離と地図上に縮小して表示された長さ (距離) の比です。

   地図にはスケール尺とともに 「1 / 50,000」 とか 「1 50,000」 等と表示されているのがそれで、実際の地上の長さを分母に、地図上の長さを分子  (一般には 1 にする)  とする分数で表されます。
   例えば、実際の地上の長さ1,000m 1/ 50,000 では何cmになるでしょうか? 1,000
÷50,000=0.02mすなわち2cmで表されることになります。逆から見れば、地図上の2地点間の長さに縮尺の分母を乗ずれば、実際の距離が地図上から求められます。(表1参照)

このことから、縮尺の分母の値が小さいほど、実際の距離に近い地図になり、これを大縮尺  (例えば 1/5001/2,500)  の地図といいます。小縮尺(例えば1/200,0001/1,000,000) の地図になれば地名や道路、土地利用等はより省略されます。地図を使う際は、用途にあった縮尺の地図を選ぶことが大切です。

〈表1〉縮尺と距離の早見表

 

縮 尺

  地図上の1cm

  実際の1km

1/10,000

100m

10cm

1/25,000

250m

4cm

1/50,000

500m

2cm

1/100,000

1,000m

1cm

1/200,000

2,000m

5mm

 


 地図センターHOMEへ 



記事検索