2018年09月

2018年09月24日

【目次】
■ニュース
★地図・空中写真等価格改定
★江戸東京博物館企画展「東京150年」
★石神井公園ふるさと文化館特別展「鳥瞰図−空から見る大正 昭和の旅−」
★[締切迫る]日本地図センター地理文化講演会「駅名を考える」
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
■2万5千分1地形図、9月新刊の見所!「飛騨古川」(高山15-2)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★地図・空中写真等価格改定
主な改定後の価格は以下です。いずれも税込み。
◇2万5千分1地形図:多色・427円、3色・350円
◇20万分1地勢図:415円
◇空中写真・一倍出力印画・23cm相当(長辺)・標準:3,401円
---
★江戸東京博物館企画展「東京150年」
 期間:〜10/08(月・祝) 9:30-17:30(金-19:30)(休:8/20,27,9/3,25)
 料金:一般:600円、大学生・専門学校生:480円、中学生(都外)・高校生・65歳以上:300円、中学生(都内)・小学生以下:無料
 会場:江戸東京博物館(墨田区横網1-4-1,03-3626-9974)
---
★石神井公園ふるさと文化館特別展「鳥瞰図−空から見る大正 昭和の旅−」
 期間:〜11/04(日) 9:00-18:00(休:月(月祝は翌))
 入場:一般:300円、高大学生:200円、65-74歳:150円、中学生以下・75歳以上:無料
 会場:石神井公園ふるさと文化館(練馬区石神井町5−12−16,03-3996-4060)
---
★[締切迫る]日本地図センター地理文化講演会「駅名を考える」
 日時:9/29(土) 14:00〜15:00
 定員:先着80名(定員に達し次第締切)、参加:無料
 申込:お名前を明記の上、<ken2@jmc.or.jp>宛
 会場:日本地図センター1階セミナールーム(目黒区青葉台4-9-6)
 講師:須田寛氏(東海旅客鉄道株式会社相談役、初代・JR東海代表取締役社長)
===
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
新政府の意向を受けて、武四郎は、明治2年(1869)7月、国郡の名称(アイヌ語地名などに、古代律令制に倣って漢字2文字を当てた名称を提案)とその境界、道名に関する意見書を提出した。
7月17日付で作成された道名の意見書では、「日高見道」「北加伊道」「海北道」「海島道」「東北道」「千島道」の6案を挙げ、日本書紀や古代中国の文献などを引用しながら、それぞれの命名理由を記している。
しばしば「北海道」のもとになったと言われる「北加伊道」については、「カイ」という言葉が、アイヌ民族もしくはアイヌ民族の暮らす土地を意味するアイヌ語であるという理解の下、尾張名古屋の医師・伊藤信民が出版した『参考熱田大神縁起』(文化8年(1811)序)の頭注にある「加伊」の文字を引用した、と記している。
◇9月号特集内「「北海道」の命名と「北海道国郡図」の出版」(三浦泰之)より
===
■2万5千分1地形図、9月新刊の見所!
「飛騨古川」(高山15-2)
飛騨古川駅は岐阜駅から高山駅を経て富山駅に至る高山本線の駅で、2016年公開のアニメ映画『君の名は。』で有名になりました。
古川町が2004年の合併で飛騨市となり、駅近くに飛騨市役所があります。
約500m続く白壁の土蔵など、歴史的な家屋が並ぶ町並みが残っています。
市中を流れる宮川は下流で神通川となって富山湾に注いでいます。
===☆


jmcblog at 08:36 
地図中心 

2018年09月17日

【目次】
■ニュース
★国土地理院【平成30年北海道胆振東部地震】平成30年(2018年)北海道胆振東部地震に関する情報公開
★鉄道博物館企画展「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」
★文京区立森鴎外記念館コレクション展「東京・文学・ひとめぐり〜鴎外と山手線一周の旅」
★東京地学協会国内見学会「測量船体験ジオツアー」
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
■2万5千分1地形図、9月新刊の見所!「酸ヶ湯」(弘前1-3)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★国土地理院【平成30年北海道胆振東部地震】平成30年(2018年)北海道胆振東部地震に関する情報公開
空中写真(垂直写真・正射画像)、地殻変動、被災前後の比較(空中写真)、デジタル標高地形図、赤色立体地図
---
★鉄道博物館企画展「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」
 期間:〜9/30(日) 10:00-18:00(休:火,7/4、7/24,31,8/全火開)
 料金:7/2(月)まで、一般:1000円、小・中・高生:500円、幼児:200円。7/5(木)以降、一般:1300円、小・中・高生:600円、幼児 300円
 会場:鉄道博物館2F スペースギャラリー1(さいたま市大宮区大成町3-47,048-651-0088)
---
★文京区立森鴎外記念館コレクション展「東京・文学・ひとめぐり〜鴎外と山手線一周の旅」
 期間:〜9/30(日) 10:00-18:00(休:8/28,9/25)
 料金:一般:300円、中学生以下:無料
 会場:文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木1-23-4,03-3824-5511)
---
★東京地学協会国内見学会「測量船体験ジオツアー」
 日時:10/30(火) 13:30-16:00、参加費:無料
 場所:横浜赤レンガパーク(神奈川県横浜市中区新港1-1)集合、解散
 申込:FAX:03-3263-0257,またはe-mail: chigaku@geog.or.jp、9/25(火)必着
 見学内容:第三管区海上保安本部所属の測量船「はましお」に乗船し、本牧沖で測量・観測を体験
===
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
武四郎への評価はさまざまであるが、地理学の視点から見れば、彼はまぎれもなく近世日本の最大の地理学者であったと言えるであろう。
伊能忠敬や最上徳内は測量による地図作成では武四郎を凌いでいるが、地理学的なフィールドワークを徹底して行い、当時の蝦夷地のもっともすぐれた地誌を書いたと言う点で、武四郎を超える地理学者はいないのである。
<中略>
伊能図によって、その輪郭だけはかなり正確に明らかにされていた蝦夷地であるが、その内陸部は、まさに地図の空白地帯であった。
そこに深く分け入り、先住民族であるアイヌから詳しい聴き取りを行い、多くのアイヌ語地名を収録し、地図化した武四郎の地理学的な功績は比類なく大きい。
◇9月号特集内「松浦武四郎とアイヌ語地名」(小野有五)より
===
■2万5千分1地形図、9月新刊の見所!
「酸ヶ湯」(弘前1-3)
青森市南部、海抜約900mにある酸ヶ湯温泉は一軒宿で、160畳ほどの広さを持つ総ヒバ造りの千人風呂が有名です。
近くにある東北大学植物園八甲田山分園は山地・高山・火山の植物学的研究を行っています。
大正時代に温泉の経営者の妻が付近の高山植物を採集して各地の研究機関に寄贈したことが、植物園ができるきっかけになりました。
温泉脇を流れる酸ヶ湯沢の水は強酸性で、魚は生息していません。
===☆


jmcblog at 07:32 
地図中心 

2018年09月10日

【目次】
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
■ニュース
★日本地図センター地理文化講演会「駅名を考える」
★東京地学協会伊能忠敬没後200年記念講演会「地図をつくる 地図からわかる」
★東京地学協会伊能忠敬没後200年地図展「第15回ふむふむギャラリー 地図をつくる 地図からわかる」
★千葉県立中央博物館「恐竜ミュージアム in ちば」
★ふくやま草戸千軒ミュージアム企画展「初公開!世界を驚かせた日本人の地図づくり−行基図から伊能図まで−」
■お知らせ
===☆
【内容】
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
武四郎は蝦夷地を松前藩に二度と支配させないこと、非道な商人を排除することなどを条件に政府の役人になることを引き受けましたが、そこにはアイヌの人びとが安心して暮らすことができる社会の実現を目指そうとする強い意志がありました。政府では蝦夷地という名を改称することとなり、その撰定に武四郎があたります。そこで六案を提案していますが、最も思いを込めたのが「北加伊道」でした。
<中略>
まざまな価値観を受け入れる広い心、偏見を持たない眼、常に先を切り拓く力…道なき道を歩いた武四郎の足跡は、大きな道(業績)となって、今も色あせることなく輝きながら未来へと続いています。
◇9月号特集内「松浦武四郎と蝦夷地の地図」(山本命)より
===
■ニュース
★日本地図センター地理文化講演会「駅名を考える」
 日時:9/29(土) 14:00〜15:00
 定員:先着80名(定員に達し次第締切)、参加:無料
 申込:お名前を明記の上、<ken2@jmc.or.jp>宛
 会場:日本地図センター1階セミナールーム(目黒区青葉台4-9-6)
 講師:須田郢(東海旅客鉄道株式会社相談役、初代・JR東海代表取締役社長)
---
★東京地学協会伊能忠敬没後200年記念講演会「地図をつくる 地図からわかる」
 日時:9/15(土) 13:00-17:00、参加費:無料、事前登録:不要
 場所:広島市5-Daysこども文化科学館(広島市中区基町5番83号)
 内容:八島邦夫(元海上保安庁海洋情報部長)、星埜由尚(元国土地理院長)、
 作野祐司(広島大学)、匹田 篤(広島大学)、阿部志朗(益田翔陽高校)
---
★東京地学協会伊能忠敬没後200年地図展「第15回ふむふむギャラリー 地図をつくる 地図からわかる」
 日時:〜9/29(土) 10:00-17:00、入場料:無料
 場所:広島大学総合博物館(広島県東広島市鏡山1-1-1)
 内容:瀬戸内海、広島を描いた伊能図(レプリカ)、伊能忠敬が測量で用いた道具類(レプリカ)、デジタル伊能図を使ってみよう、知識を増やそう・広げよう(伊能図ほか)、平成30年7月豪雨の傷跡
---
★千葉県立中央博物館「恐竜ミュージアム in ちば」
 期間:〜9/24(月・休) 9:00-16:30(休:9/03,10,18)
 料金:大人:800円、高大学:400円、小中生以下:無料
 会場:千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町955-2,043-265-3111)
---
★ふくやま草戸千軒ミュージアム企画展「初公開!世界を驚かせた日本人の地図づくり−行基図から伊能図まで−」
 期間:〜9/24(月) 9:00-17:00(休:月、9/17,24開・9/18休)
 料金:一般:700円、高・大学:520円、小・中学生:350円
 会場:ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)(福山市西町2-4-1,084-931-2513)
===
■9月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):31面
大釈迦,酸ヶ湯(すかゆ),太平山,郡山,米沢東部,米沢北部,米沢,桧原湖,飛騨古川,
小和知,切井,宝立山,岐阜北部,岐阜,荒島岳,日野東部,木本(きのもと),難波江(なばえ),
高浜,口坂本,大阪西北部,三尾,長谷,相生(あいおい),播州赤穂,伊予三島,
神西湖(じんざいこ),反辺(たんべ),石見大田(いわみおおだ),大浦,徳須恵(とくすえ)
===☆


jmcblog at 08:39 
地図中心 

2018年09月03日

【目次】
■9月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):31面
■ニュース
★神奈川県立公文書館 平成30年度企画展示「明治維新と神奈川県」
★伊能忠敬没後200年記念第1回企画展「伊能忠敬が見た星々」
★中村研一記念小金井市立はけの森美術館「絵画で国立公園めぐり―巨匠が描いた日本の自然―」
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
■お知らせ
===☆
【内容】
■9月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):31面
大釈迦,酸ヶ湯(すかゆ),太平山,郡山,米沢東部,米沢北部,米沢,桧原湖,飛騨古川,
小和知,切井,宝立山,岐阜北部,岐阜,荒島岳,日野東部,木本(きのもと),難波江(なばえ),
高浜,口坂本,大阪西北部,三尾,長谷,相生(あいおい),播州赤穂,伊予三島,
神西湖(じんざいこ),反辺(たんべ),石見大田(いわみおおだ),大浦,徳須恵(とくすえ)
〈変更の場合あり〉
===
■ニュース
★神奈川県立公文書館 平成30年度企画展示「明治維新と神奈川県」
 期間:〜9/16(日)  9:00-17:00(休:月,月祝の場合は火休)、入場:無料
 会場:神奈川県立公文書館(横浜市旭区中尾1-6-1,045-364-4456)
---
★伊能忠敬没後200年記念第1回企画展「伊能忠敬が見た星々」
 期間:〜9/24(月・祝) 9:00-16:30(休:月(月祝の場合は翌日))
 入場:大人:500円、小中学生:200円
 会場:伊能忠敬記念館(香取市佐原イ1722-1,0478-54-1118)
---
★中村研一記念小金井市立はけの森美術館「絵画で国立公園めぐり―巨匠が描いた日本の自然―」
 期間:前期〜08/26(日)、後期8/28(火)〜09/17(月・祝) 10:00-17:00(休:月・9/17開)
 料金:一般:600円、小中学生:200円
 会場:中村研一記念小金井市立はけの森美術館(小金井市中町1-11-3,042-384-9800)
---
■地図中心9月号・通巻552号:特集「松浦武四郎と北海道」(9/10発行)
北海道の名付け親として名高い、松浦武四郎。
その眼がとらえていたものとは?
蝦夷になんどもわたり、ずみずみまで探検調査し、アイヌの人々とも呼応流を深めた武四郎。
本年は、松浦武四郎・生誕200年、北海道命名・150年。
武四郎が遺した地図やスケッチを手に、松浦武四郎と北海道に会いに行きましょう。
===☆
■「メール地図中心」の配信解除は、こちらをクリックしてください。
__stop__
*内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
===☆


jmcblog at 08:52 
地図中心 
記事検索