2014年11月

2014年11月27日

物理学者で随筆家の寺田寅彦氏が、昭和9年10月東京朝日新聞に掲載された、随筆「地図を眺めて」の冒頭で、『「当世物は尽くし」で「安いもの」を列挙するとしたら、その筆頭にあげられるべきものの一つは陸地測量部の地図、中でも五万分一地形図などであろう。一枚の代価十三銭であるが、その一枚からわれわれが学べば学び得らるる有用な知識は到底金銭に換算することのできないほど貴重なものである。・・・それだけの手数のかかったものがわずかにコーヒー一杯の代価で買えるのである。・・・』と書いています。今のようにインターネットなどで地図が簡単に手に入る時代でなかったことから、陸地測量部の地図は貴重なものであったと思われます。

当時ハガキが1銭五厘で、今が52円ですので、当時の地形図の代価13銭は、13銭×52円÷1.5銭=0.13×52×100÷1.5451円となります。現在の2.5万分の1地形図の値段339円(多色刷り)、278円(3色刷り)よりは高くなっていまが、現在の喫茶店のコーヒー一杯の値段に相当しています。
 最近の国土地理院発行の地形図等の販売枚数は年間100万枚を切っていますが、昭和40年代は500万枚を超えていました。この随筆の書かれた昭和9年頃はどれほど売れていたのかについて、「地図で読み解く日本の戦争」(竹内正浩著 ちくま書房)によると、大正10年は200万枚、昭和10年以降は500万枚を超えていたとありました。なお昭和12年以降は統計が途絶え不明となっているとのことでした。それにしても多かったと思います。

なお寺田寅彦氏は、“天災は忘れた頃にやってくる” という言葉でも有名で、生涯300近い随筆を書かれています。その中に「子規自筆の根岸地図」との題で、正岡子規が晩年寺田寅彦に、子規の自宅から洋画家の中村不折の家に行く道筋を描いてくれた地図について書かれているものがありました。また小説家の夏目漱石とも親交があり、10月1日より朝日新聞に再連載中の「三四郎」に登場する物理学者の野々宮宗八のモデルともいわれています。(M) 



jmcblog at 08:48 
コラム 

2014年11月20日

和歌山県すさみ町の沖の「沖の黒島」に隣接する無人島に、「ソビエト」という名称が地元では以前から付けられていましたが、このたび「地理院地図」にも載りました。

 平成21年に定められた「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づき、わが国の領海や排他的経済水域の外縁を根拠付ける離島について、地図及び海図に名所記載のない離島への名称付与作業が進められてきました。平成23年度までに49の離島において名称がつけられ、平成26年8月1日には、新たに158の離島について新たに名称が決定されました。この中にこの「ソビエト」が入っており、「地理院地図」にも名称がつけられました。紀伊半島の南に位置しているので、領海などの根拠のためには重要な島となっています。

この「ソビエト」は沖の黒島の沖側に位置する10m×5m程度の、数人程度しか上陸できない小島で、近くの国道42号線(赤色に着色されています)からは見ることのできないところです。ただ釣り人の間ではよく釣れるところして知られているそうです。

 なぜ「ソビエト」なのかは、古くから釣り人の間で言い伝えられてきた名称だとのことで、“島や岩がそびえたっているように見えたからではないか”と話す人もいるようですが、定説はないようです。

 なお「地理院地図」には158の離島名称すべて載っていますが、刊行している2万5千分の1地形図には、名称が決定してから4か月ではわずかしか載っていないと思われます(「ソビエト」は確認しましたがまだ載っていません)。海上保安庁海洋情報部から出されている海図にも、158の離島名称が順次入れられてきており、海洋情報部のホームページでは現在39の名称が確認できましたが、まだ「ソビエト」は入れられていませんでした。

 今回の158の離島名称のうち、「ソビエト」以外におもしろい島はたくさんありましたが、5つ選ぶと以下の通りです。

ウカウプ岩(北海道斜里町・弁財崎) どのような意味があるのでしょうか
ヘソイシ(青森県八戸市・種差) 要石なのでしょうか
女神山岬南東小島(鹿児島県十島村・悪石島) 仮名で15文字、名前は大きい
フカヌシー(沖縄県渡嘉敷村・ウン島) ウンが付いている離島?
カラカサノイボ(山形県酒田市・御積島) どんな形かイメージがわきます

(M)



jmcblog at 09:50 
コラム 

2014年11月13日

 P1010679P1010689

 本年9月中旬になりますが、渋谷区立代々木小学校にて、3年生を対象とした出前地図教室を実施しました。
 土曜日の保護者参観日に、1コマ目は児童だけで地図記号クイズを、2コマ目は親子でオリジナル地図マップ作成を行いました。

 地図記号クイズは、グループ対抗戦で行い、優勝チームにはささやかな景品を用意しました。なるべくグループごとに成績差がつくように難しい問題を用意したつもりでしたが、意外と正答率が高く、小学生の地図記号に対する知識の多さに驚きました。
 小中学校、交番、風車、保健所、発電所、煙突、消防署、裁判所、図書館、官公署の10個の地図記号を出題しました。正答率が低かったのは、裁判所と官公署くらいで、それ以外は、ほとんどのグループが正しく地図記号の名前を答えることができました。事前に行った先生とのミーティングでは、地図記号は4〜5個くらいしか教えていないとのことでしたが、これほど正答率が良いのは家で勉強したり、塾で習ったりするお子様が多いのだと思います。
 渋谷区のオリジナルマップ作成は、親子で作業を行いました。これは、当センターで実施している「夏休み地図教室」での内容を渋谷区バージョンにしたものです。最初に、国土地理院2万5千分1地形図から好きな地図記号を探し、マークをつけます。その次に、渋谷区の区境をトレーシングペーパーに写し取り、マークを付けた地図記号も書き込み、オリジナルマップが完成するという作業です。
 神社や寺院、病院、交番など、生活に馴染みがある地図記号が選ばれていました。お父さん、お母さんと一緒に相談しながら進めている姿が、とても印象に残りました。
 夏休み地図教室では主に地図好きのお子様が参加しますが、出前授業では必ずしも全員が地図好きという訳ではありません。しかし、少しの工夫と導入の仕方、手助けによって、興味をもってくれるようになるということが、今回の出前授業から分かりました。(U)



jmcblog at 08:30 
イベント 

2014年11月04日

「第22回地図地理検定」の開催が近づいて参りました。

今年2月13日の朝日新聞朝刊の“探究人”の欄に、地図地理力博士の上野将司さんが載っています。受検し続けたのは「知識が身につくのが楽しい」からだ、とありました。地図地理力博士は現在25名います。地図地理力博士になるのには、年2回行われる地図地理検定の「専門」クラスで、96点以上取るか、80点以上を5回とる必要があります。毎回一人くらいしか博士にはなりません。上野さんは80点以上を5回とって2年前に地図地理力博士になられました。なお本人の最高点は88点だったそうです。
 この検定の特徴として、ヾ霑壇な「一般」クラスと高度な「専門」クラスとがある、▲螢圈璽拭爾多い、10人以上なら団体受験も可能で自分たちで会場が設定できる、ぞ学生からお年寄りまで幅広い層が受検されている、などが挙げられます。一部の大学では、この試験結果を入試時の参考にしています。
 「専門」では80点以上の人は毎回数名ほどしかいなく、なかなか難しい検定です。ですので、まず自分の基礎的な実力を測るためには、「一般」を受けてみるのが良いと思います。「一般」では、地図記号などの基礎的な問題から、日本や世界の地理に関連する知識を問う内容など、幅広く出題されます。たとえば、今年の春行った第21回では、富山市から高山市に至る街道の名称を答える問題が出題されました。60点以上で合格証が出ます。100点満点なら表彰もあります。

地図地理検定の詳細は下記、またはホームページをご覧ください。皆さまのチャレンジをお待ちしています。




【第22回地図地理検定】
開催日
:平成26年11月23日(日)
開催時間:「一般」13:30〜、「専門」15:00〜
会場:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
申込
・インターネット申込はこちら(11月6日まで)
・現金書留による申込願書はこちら(PDF形式。プリントアウトしてご使用ください)
・振替払込によるお申込みについては、案内リーフレットをご覧ください。リーフレットご希望の方は、下記の事務局宛までメールでご連絡ください。
申込締切
・インターネット申込 …11月6日(木)
・振替払込・現金書留による申込 …11月14日(木)

願書送付先・お問い合わせ先
〒153-8522 東京都目黒区青葉台4-9-6
一般財団法人 日本地図センター
文化事業部 地図地理検定事務局

電話: 03-3485-5417
FAX: 03-3485-5593
メール: ken2★jmc.or.jp(←★を@に)



jmcblog at 08:00 
お知らせ 
記事検索