2014年04月

2014年04月23日

東日本大震災の被災地から、復興に取り組む姿を紹介する番組がありました。その中で興味のあるラジオ番組があったので紹介します。それは、北上川河口での牡蠣(かき)養殖に取り組むある漁民の話でした。

 この話を理解する上から一つ問題を解いてみてください。
 

東京湾と鹿児島湾の違いについて述べた文章ですが、この中で誤りの文章はどれか、4つの中から1つ選ぶ問題です。

1.東京湾と鹿児島湾の面積はほぼ同じである。

2.東京湾に流入する河川の数は、鹿児島湾に比べて10倍多い。
3.鹿児島湾の海の色の方が東京湾の海の色より青い。
4.鹿児島湾で獲れる魚貝類の方が東京湾で獲れる魚貝類より数倍多い。

鹿児島湾と東京湾


答えは下の塗りつぶし文を選択し、色を反転してみてください。
 火山の爆発によって出来た湾である鹿児島湾には、青くきれいな海に関わらず、河川の流入数が少ないため、魚貝類が少ないのだそうです。一方、東京湾は2年で真水になる程の途方もない水量の河川(16河川)の流入があり、海の色は良くないが、鹿児島湾の30倍の魚貝類の収穫があるのだそうです。よって正解は4ということになります。


 本題ですが、牡蠣養殖再生に取り組む北上川の漁民は、以前は魚貝類を育てる養分は太平洋の沖の方から来ると思っていたそうなのですが、実際には反対側の方、つまり森林から養分を得ていたことが近年になってわかってきたということです。
 東京湾で言えば、そこに注ぎ込む川の背景は武蔵野の雑木林だということになります。
 つまり、生き物が住む、落葉する広葉樹林の森から流れ出る川には、沢山の養分が豊かにあると言うことで、「森は海の恋人」と言えるのです。気仙沼の河口で開始された牡蠣養殖の復活は、今は牡蠣を海に吊るす筏(いかだ)作りから開始されていますが、海から遠く離れた一関の山の植樹祭も例年のとおり実施されたとか。
 気仙沼の漁民の遠大な復興への取り組みに、スケールの大きさと生きた地理学を学ばせてもらった思いで、応援の想いをさらに強くした番組でした。



jmcblog at 08:30 
コラム 

2014年04月16日

 『逆向き列車』というテレビ番組が、テレビ東京などで放送されています。これから職場へ向かおうとする人に対して、突然、いつもとは逆向きの列車に乗って好きな場所へ出かけてみないかと誘いをかけ、その人に密着するというドキュメンタリーです。

その番組とは関係ありませんが、旅行先などで列車に乗った時、目的地の方向は頭で理解しているのに、列車が思っていた方向と全く逆の向きに動き出して戸惑った経験はありませんか? 地形的な制約や、建設時の事情により、目的地の方向とは異なる向きに線路が敷かれた例は多くあります。

根室駅周辺 JR
根室本線(花咲線)の終着駅である「根室駅」は、北海道本島の最東端に位置する根室市にあります。根室駅の線路は行き止まりなので、発着するすべての列車が折返して釧路方面に向かいます。しかし、根室市から見て釧路市は西にありますが、線路は駅から東側に伸びています。また、根室駅よりも東(南東)には「東根室駅」があります。根室本線の場合、根室市街地の南にある高台をぐるっと迂回するように線路が建設されたため、このようなことになっています。ちなみに、東根室駅は日本の鉄道における最東端の駅です。


宇都宮駅周辺首都圏の例では、栃木県の「宇都宮駅」からJR日光線で日光方面へ行こうとするとき、列車は北のほうへ動き出すはず…と思いこんでいると、南方向に発車するので、驚く乗客もいるようです。日光線は宇都宮駅から南に向けて発車した後、すぐに西に進路を変え、鹿沼市内から北西へ向けて山を登っていきます。


所沢駅周辺 方面が一緒なのに、列車によって逆向きに走り出す、という駅もあります。首都圏で代表的なのは、西武鉄道の「所沢駅」です。所沢駅では、池袋方面と新宿方面の2本の上り線が、1つの島式ホームを挟み込む形で発着していますが、池袋行きは北に、新宿行きは南に向けて発車します。地図で所沢駅周辺の線路配置を見ると、2路線が所沢駅でX字状に交差していることがわかります。ホーム自体を立体交差とせず、地平面上に線路を配置したため、このような現象が生じました。地図では方向がつかみやすいのですが、ホームに立っているとどちらが上りでどちらが下りか混乱してしまいそうです。

 また、新潟市のJR「新潟駅」では、同じ「長岡方面」であっても在来線(信越本線)と上越新幹線では進む向きが逆になります。もっとも、在来線は地平ホーム、新幹線は高架線なので、往来する列車をホームで見ているだけでは混乱することはないと思いますが。

このほか関西では、JR「奈良駅」を発車する大阪方面行きの列車が、大和路線(関西本線)経由と学研都市線(片町線)経由の列車で、それぞれ反対方向に進んでいきます。どちらも大阪市内では「京橋駅」に停車しますが、大和路線経由の列車は高架ホームに、学研都市線経由は地上ホームに発着します。さらに、大和路線経由であっても、途中の久宝寺駅からおおさか東線経由で京橋駅に向かう列車は、京橋駅の学研都市線ホーム(地上ホーム)に到着するので、より複雑になります。 

 比較的自由に動き回れるクルマとは違い、列車は決められた線路の上を走るので、線路が目的地の方向に向かって伸びていくもの…と錯覚しがちです。地図を眺めつつ、方向感覚を研ぎ澄ましながら列車に揺られるのも、また楽しみの一つではないでしょうか。

※図はいずれも「地理院地図」より



jmcblog at 08:30 
コラム 

2014年04月09日

4月5日、岩手県の盛駅から釜石駅までの三陸鉄道南リアス線36.6kmが、震災後初めて全線で再開通しました。釜石は、海上保安庁海洋情報部のホームページによると、明治5年海図第1号すなわち測量から製図まで、日本人のみによって初めて海図「釜石港」が作られたところです。船が頻繁に入港している東京や神戸でなくなぜ釜石港なのかは、当時開港していた東京と函館を結ぶ航路の中間補給地点として重要な港であったこと、また当時高炉による銑鉄の生産に成功しており、官営製鉄所建設の直前であったことがあげられています。なお明治5年には北海道東部の水深の浅い「野付湾」、釜石港と同じような岩手県「宮古港」、北海道積丹半島の南の「壽都(すっつ)港」、北海道西部の「小樽港」の全部で5図が刊行されています。また平成6年には、海図第1号の記念碑として「陸中国釜石港之図」(下記写真参照)が、釜石港を一望する石応禅寺の広場に設置されました。

海図第一号記念碑海図第一号釜石
   画像:海上保安庁海洋情報部のホームページから

  その他、国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所釜石維持出張所のホームページの“道の豆知識”では、伊能忠敬の三陸測量の軌跡として、ヽ石市の天文暦学者の葛西晶丕(まさひろ)が1801年に三陸海岸の測量を行った伊能忠敬を顕彰して建立した測量の碑・星座石、伊能忠敬の測量200周年を記念して2001年に建立された伊能忠敬海上測量之碑等について、写真入りで3ページにわたって紹介されています。国土交通省のホームページでこれだけ伊能忠敬について紹介しているのはこの釜石維持出張所だけだと思われます。

伊能忠敬海上引き縄測量之碑
伊能忠敬海上測量之碑 
国土交通省三陸国道事務所釜石維持出張所のホームページから 



2014年04月03日

東京23区内に、区名と同じ駅名はいくつあるでしょうか?


 答は9駅です。JR(関係する私鉄等も含む)に、品川駅、目黒駅、渋谷駅、新宿駅、中野駅、板橋駅が、西武線と都営地下鉄に練馬駅が、東急世田谷線に世田谷駅が、京成本線に江戸川駅があります。平成6年まで荒川駅が京成押上線にあり、河川の荒川に近いことでつけられた駅名でしたが、荒川区とは離れていたので紛らわしいとの地元の要望で、八広駅と名称変更しています。

東京都23区内に限らなかったらどうでしょうか。足立駅が岡山県のJR西日本伯備線に、豊島駅が愛知県の豊橋鉄道渥美線に、千代田駅が大阪府の南海鉄道高野線に、中野駅が群馬県のわたらせ鉄道わたらせ渓谷線と長野県の上田電鉄別所線の2か所にあります。なお島根県大田市には、大田市駅と市の付いた駅名はあります。

 9駅のうち駅名の区の中にないのは、品川区上大崎2丁目にある目黒駅、港区高輪3丁目にある品川駅の2駅です。また住所は同じ区だが、ホームが他の区まで伸びているのは、板橋駅(一部が豊島区)と新宿駅(一部が渋谷区)の2駅ありました。
品川区目黒区加筆板橋駅(板橋区、豊島区)加筆新宿駅(新宿区、渋谷区)加筆
 上記の品川駅と目黒駅以外で駅名が現在の住所と関係のないところを山手線の駅29駅に限って調べると、渋谷区神宮前1丁目の原宿駅、新宿区百人町1丁目の新大久保駅、台東区根岸1丁目の鶯谷駅、台東区上野5丁目の御徒町駅、千代田区外神田1丁目の秋葉原駅、千代田区鍛冶町2丁目の神田駅、港区海岸1丁目の浜松町駅、港区芝5丁目の田町駅8駅ありました。東京駅は千代田区丸の内1丁目ですが東京都が付くので関係があることとしますので、29駅中10駅が住所と関係のないこととなります。実に1/3強にものぼっていました。昔は駅名と地名は関係していたと思われますが、地名の変化の方が大きく、駅名の変更は影響が大きいのでなかなか変えられなかったのかもしれません。

なお田町駅と品川駅の間の再開発に伴い、西日暮里駅以来40年ぶりに23区内に新駅が作られるとのことですが、何という駅名になるか楽しみです。



jmcblog at 14:11 
コラム