2013年09月

2013年09月30日

      ねじまき鳥クロニクルノルウェーの森蛍
 10月のノーベル賞の受賞者の発表が近づくと、ここ数年日本で一番ノーベル賞に近い人と言われてくるのが村上春樹氏です。2009年から2010年に3分冊として出された「1Q84」やこの春出された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」でも、村上春樹の独特の文学の世界を作っており、その反響は世界的にも大きく、今年もノーベル文学賞の呼び声が高い人物です。

 ところで彼の小説に中には地図関係のことを述べているものがいくつかあります。
 
 「ノルウェイの森」は今から約25年前の1987年で、上下で430万部を売る大ベストセラーとなったものです。この本の主人公の友達に、“突撃隊”とあだ名のついた人物がいますが、彼は国立大学の地理学を学んでおり、卒業したら国土地理院に入って地図を作りたい、旨の発言をしています。 
 またその後1999年に出された短編の「蛍」の中にも同様な場面が出てきますので、実際に彼の周辺にそのような人物がいたことが考えられます。国土地理院には、村上春樹の年代(1949年1月生まれ)の職員はもう退職していますが、登場人物に似ている人はいない模様です。
 また1992年から1995年に出版され第47回読売文学賞を受けている「ねじまき鳥クロニクル」は、3分冊と長い小説ですが、その中で、地図つくりの話が載っています。それは合わせて50ページを超える分量に上っている“間宮中尉の長い話1”、“長い話2”の段落の中にです。その中では、間宮中尉は、大学で地理を専攻し、旧関東軍参謀本部の地図を専門とする兵要地誌班に所属し、満州の地図づくりのほか、旧満州での調査活動を行った話が語られており、満州国西部国境付近の地図作成の時にモンゴルに越境してしまった話なども加わっています。
 
 今年こそノーベル文学賞を、と願っています。



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年09月27日

三重県の伊勢にある伊勢神宮。今年は20年に一度の式年遷宮の年にあたります。今回で第62回を数え、第1回目は持統天皇4年、西暦にすると640年のことで、中絶した時期はあるものの1300年以上の長きにわたって続けられてきた神事です。『20年に1度の大祭、神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)は、正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを新造し、さらに殿内の御装束(おしょうぞく)や神宝(しんぽう)を新調して、神儀(御神体)を新宮へお遷し申し上げる、我が国で最も重要なお祭りのひとつ』と伊勢神宮のサイトでは説明されています。宗教的な詳しい説明は専門家に委ねるとして、20年ごとに新しい建物を造って神様に引っ越していただくと簡単に解釈してもバチは当たらないでしょう。

 伊勢神宮(“伊勢は付けずに「神宮」が正式名称)は、宇治の五十鈴川の川上にある皇大神宮(こうたいじんぐう・内宮)と山田原にある豊受大神宮(とようけだいじんぐう・外宮)を中心に構成された125の宮社の総称ですが、お引越しするのはその全てではなく、中心施設である正宮(しょうぐう)のみです。その正宮、どこに引っ越すかというと、正宮の隣に新御敷地(しんみしきち)と呼ばれる同じ広さの敷地が用意されていて、20年ごとに東西2ヶ所の敷地を交互に行ったり来たりしています。
  
 岼棒」S47修正測量 ◆岼棒」S52修正測量 「伊勢」H5部分修正測量

 直近3回の正宮の位置を旧版地形図で見てみましょう。
 左25千分1「伊勢」の昭和47年修正測量です。この時は東側の敷地に正宮が置かれています。昭和28年の第59回遷宮によって造営された正宮です。中は同じ図郭の昭和52年修正測量。が作成された翌年(昭和48)に行われた第60回遷宮後に作成されており、この時は西側の敷地に正宮が築かれ、東側の敷地は空き地の表示です。さらに右は、平成5年部分修正測量です。部分修正の部分について地形図には高速道路等を修正したと記載してはいますが、この年に第61回遷宮が挙行されており、それを踏まえて新しい位置(東側)に修正しています。今年遷宮が行われたのちは、地形図が修正される際には西側に正宮が描かれることでしょう。内宮の地形図だけを記載しましたが、もちろん外宮も20年ごとに東西に正宮の位置が修正されています。

今年が20年に一度の年とはいえ、神様がお遷りになるのが今年というだけで、このお祭り自体は前回行われた20年前からさまざまな儀式を重ねて大祭に至っており、今年の引越しが終われば、また次の20年後の遷宮に向けて準備が行われ、またその次の‥‥。こんなに長く続けられてきたことを想うと、神様の力にはそれを支え、伝え、守ってきた多くの人々の想いがこめられていることを感じずにはいられません。



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年09月24日

1_山手通り_標識(一財)日本地図センターのHPをご覧になった方には、地図センターの所在地を確認しようと案内図をご覧になった方も多いかと思います。地図センターは山手通りと玉川通りの立体交差の角にあります。この「山手通り」と「玉川通り」というのは、道路の愛称です。道路を管理している正式な名前では、山手通りは「都道317号」です。

2_玉川通り 山手通りの脇には、六角形の都道番号を示す形状で317号の数字を記載した標識や両方に矢羽がついて愛称名が記載されている標識が設置されています。また、玉川通りは、国道246号となります。最近では、国道では赤色の背景に愛称路線名が記載されている標識が設置されている場合もあります。

3_甲州街道 東京では、甲州街道や青梅街道といった江戸時代からの街道名を愛称名にした路線もあります。交差点前の行先表示板に横断する愛称路線が明示されている場合も多くあります。また、交差点の角にそれぞれの路線名がわかるように路線名の標識が設置されているので、目にした方も多いでしょう。

 ところで、この環状道路は、皇居の回りの「内堀通り」、「外堀通り」から数えて7番目の路線だから「環七通り」、8番目なので「環八通り」と呼ばれたのはご存知でしょうか。これらの環状道路の計画は、関東大震災の復興時に後藤新平によって計画されました。防火帯として緑地帯を伴う環状道路を作る計画が立てられ、内堀通りから環八通りまで計画されました。

 7日(土)の新聞には、都内の国道や都道の43路線の通称道路名が検討されており、年内には決定されると報道されました。これまでの愛称路線には変更がないようですが、新たに命名される路線が増えるようです。
 こんな道路愛称は、別に東京だけの話ではなく、大阪の御堂筋、名古屋の名駅通や太閤通、福岡の明治通りや国体通りなど全国各地にあります。調べたところ、この道路愛称は、全国に1万路線以上ありました。皆さんのお住まいの町にも道路愛称として呼ばれている通りがあると思います。

 さて、一番多い道路愛称の名前は何だと思いますか? 空港の前の道路を「空港通り」と呼んだり、国体が開かれた際に作られた通りを「国体通り」と名付けているところがありますが、これだと空港がある場所や国体が開かれる場所に限られます。
 街路樹の植物の種類で道路愛称にしている路線名もあります。この頃では、春先に白やピンクのかわいい花を咲かせるハナミズキが街路樹に増えてきました。私なんかは、これが一番多いのでは? と思いましたが、調べた結果は違いました。

 一番多かったのは、「中央通り」でした。町の真ん中を通る道路につけられていることが多いからでしょう。ちなみに、次は「駅前通り」でした。3番目は「けやき通り」、4番目に「さくら通り(桜通り)」と街路樹に由来する道路愛称が続きました。

 今回の調査では、道路の愛称を調べたため、商店街は含まれていません。商店街であれば、「銀座通り」が一番になったと思います。皆さんがお住まいの近くに、こんな道路愛称はありますか?



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年09月20日

マンハッタン島+東京5

 マンハッタン島といえば、東京の山手線内側の面積にほぼ匹敵する広さをもつニューヨーク市の中心部(上記左図:赤枠の範囲がマンハッタン島。右図:同縮尺の東京を比較として掲示)ですが、こちらのサイトに、マンハッタン島の3Dマップが掲載されています(下記参照。撮影の向きは上記左図・黒色の矢印を参照)。
 この3Dマップの手前には、ハドソン川に架かるジョージ・ワシントン・ブリッジ(上記左図・黒丸を参照)が見えます。

マンハッタン資産3D地図ver2

 3Dマップ、とはいっても標高を3D化したのではなく、人口統計データに基づき、純資産10万ドルごとに1cmを積み上げて、地区ごとにその高さを示した地図です。セントラルパーク(添付ファイルの左図:緑色の枠を参照)の東側に隣接する5番街(添付ファイルの左図:黒色の線を参照)には「マンモスタワー」が屹立していますが、その北側のハーレム地区は対照的に低くなっています。同サイトによれば、この3Dマップの作者がマンハッタンを選んだのは、「アメリカン・ドリーム」をある種、象徴しているからだと述べています。摩天楼の林立するマンハッタン島になぞらえて、数字の羅列に過ぎない人口統計データを地図に「立体的」に可視し、否応無く貧富の差を理解させる秀逸な地図表現です。



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年09月11日

 国連の旗が北極方向から見た世界地図を描いていることは誰でもご存じだと思いますが、国の形をモチーフにした国旗があります。それは地中海の東部にあり、トルコ共和国の南部に位置する“キプロス共和国”の国旗です。
国連の旗キプロスの国旗
 国土のキプロス島の形が黄色でデザインされています。この黄色は、キプロス特産の銅を表し、下の葉はオリーブの枝であり、民族の平和を表しているそうです。ただし、1975年以降北部は北キプロス・トルコ共和国に実質分断されており、違う国旗が使用されています。

 県の形をモチーフにして表した県旗は、青森県旗、静岡県旗と鹿児島県旗の3旗あります。
青森県旗静岡県旗鹿児島県旗
 青森県旗は、特徴的な県土の形を図案化したもので、県旗の配色は地色の白が無限に広がる宇宙世界、県章の緑が躍進発展してやまない希望と未来を表現している、とのことです。
 静岡県旗は、富士山と伊豆半島・駿河湾・御前崎を特徴的にデフォルメして県土を図案化したもので、県旗の配色は地色の青が果てしなく広がる大空と太平洋を、オレンジ色の富士山と県土は明るい陽光と県民の情熱・団結を表している、とのことです。
 鹿児島県旗は、薩摩半島と大隅半島を円形に図案化し、県の象徴とされる桜島を中央の赤い丸で表している、とのことです。なお志布志湾に当たる部分がほんの少し凹んでいるのがわかります。

(参考:Wikipedia)



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年09月09日

 先日、関西を訪れた際に、大阪市と堺市を結ぶ路面電車・阪堺電車(阪堺電気軌道)を利用しました。

堺市・大道筋を走る阪堺電車

 地元で「チン電」と呼ばれる阪堺電車は、阪堺線(恵美須町〜住吉〜浜寺駅前)と上町線(天王寺駅前〜住吉〜住吉公園)の2路線があります。実際の運行系統は、恵美須町〜住吉〜我孫子道、天王寺駅前〜住吉〜浜寺駅前または住吉公園となっています。このほか途中折り返しの区間運転もあります。
 阪堺には現役で運用される車両としては日本最古のモ161形(昭和3年製)が走っています。イベント用途のほか、定期運用ではラッシュ時のみの運行のため、残念ながら今回の訪問では目にすることはできませんでした。

 阪堺電車は2つの政令指定都市同士を結び、全線にわたって市街地を走行していますが、これまでに何度も廃線案が浮上してきました。利用客は減少の一途を辿り、特に堺市側の利用状況が芳しくないとのこと。実際に乗車してみると、時間帯のせいかもしれませんが、堺市内で目立った乗降がみられたのは東湊駅程度で、確かに都市内交通としては利用者が少ない印象を受けました。
 地図を見てもわかるように、阪堺電車は南海本線・高野線とやや距離をおいて並行に走っています。そのため大阪方面に向かうには、近くに阪堺の駅があったとしても、少し遠い南海の駅に直接向かい、そこから電車に乗るほうが早く移動できてしまいます。

 そんな環境下にある阪堺電車ですが、この8月には低床式の新型車両(1001形)が導入されました。

1001形堺トラム

 「堺トラム」という愛称が付けられており、木材を取り入れた和風の内装が特徴です。乗降のしやすい低床車両は日本各地で運行されていますが、関西での導入は「堺トラム」が初めてだそうです。導入に際しては堺市が補助を出したこともあり、現在は堺市側の我孫子道以南のみの運行ですが、来年からは大阪市内まで乗り入れる予定となっています。
 訪問した時は、まだ導入されて日が浅かったためか、沿線ではカメラを構えた多くの鉄道ファンが見受けられました。我孫子道駅では、駅前の商店街を行き交う近隣住民の方々も携帯電話を取り出し、まるで車両撮影会のような状況になっていました。

あびこ道にて

 大阪市内では天王寺から難波方面への延伸構想も動いており、今後の「チン電」の動向に注目が集まりそうです。



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年09月04日

日本地図センターでは、7月27日〜31日(29日除く)および8月21日〜25日の計9日間にかけて、小学校3〜6年生とその保護者を対象とした夏休み地図教室を開催しました。

今年の夏休み地図教室には、小学生・保護者の方を合わせ、のべ1,867もの方々に参加頂きました。各講座では、地図に関する勉強だけでなく、3Dの富士山やミニ地球儀などの地図を使った工作の時間が設けられ、参加者は終始笑顔で取り組んでいました。

その他には、主対象とした学年にちなんだ簡単な問題も出題され、時には、保護者からは一人も正答者が出ない問題に対して、子供達から大勢の正答者がでるような場面もありました。

夏休み地図教室夏休み地図教室

講座の合間には、赤と青のフィルムで作られた立体メガネを手にした参加者が、会場に用意された3D地図の前に入れ替わり立ち寄り、飛び出して見える地図に驚きの声を上げていました。

夏休み地図教室夏休み地図教室

 参加者からは、帰り際に来年開催の有無を確認する声や、保護者同士で来年の参加を約束する姿なども見られ、今年の夏休み地図教室は、例年最大の参加者数に加え、参加頂いた皆様から好評をいただいて終了致しました。



jmcblog at 08:30 
イベント 

2013年09月02日

研修会の様子

 マップ・リーダーという制度をご存知でしょうか?

 先日、8月19日(月)に「第9回マップ・リーダー(地図専門指導者)研修会」を日本地図センターで開催しましたのでご紹介します。

 この研修会では、1日の座学で額入りの認定書とマップ・リーダーのバッジを手にすることが出来ます。座学の内容は以下の通りでした。

.イダンス
地図学概論
C老楚泙竜格と図式
っ鰐召斑躓
ッ老楚泙瞭豹
Γ韮稗啌杵
地図と法律
特別講義

 特別講義では国の地図の作り手である国土地理院から“新しい地図作りの世界”をわかりやすく紹介していただいています。今回は、電子国土調整官から「地図に載せてつなぐ〜地理空間情報ライブラリーの公開〜」をお話いただきました。

 更に、「マップ・リーダー研修会」と同時進行で別途開催された「マップ・リーダー フォローアップ研修」では、水の都、江戸から東京に移り変わる人々の移動、物流の基幹として利用された水路・舟運を巡るコースの巡検を行いました。このフォローアップ研修会は、リーダーに認定された方を対象として、スキルアップを目的として実施しています。

フォローアップ研修のようす


 今回は、マップ・リーダー研修会が31名で、北海道から九州までの教員、会社員、地図愛好家の方々が参加されました。これまでに245名のマップ・リーダーが全国に誕生しています。
 受講者のアンケートには地図に関する業務に携わる者として、知っていなければならない基本的な内容でありながら、改めて気付かされる事が多く、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。」「新しい情報や知識が得られた。まだ自分で十分理解できていない部分もあるので、テキストやいただいた資料、研修内容で説明されたウェブなどを利用して補いたい。などの感想が寄せられました。


毎年、夏休みの期間を利用し開催しております。興味がおありの方は、日本地図センターのホームページにアクセスしてみてください。



jmcblog at 08:30 
イベント 
記事検索