2013年08月

2013年08月30日

 710日の『地図の散歩道』でも触れましたが2013年京都国際地理学会議は89日の閉会式及びその後の巡検実施をもって盛会のうちに終了しました。

 85日の開会式では、秋篠宮殿下がメコン川の上流・中流・下流部では淡水魚の漁法が異なり地域的な特徴が見られることや、東南アジアにおけるニワトリの家畜化を英語でスピーチされ、環境と文化の相互関係を学際的に研究する地理学の重要性を述べられていらっしゃいました。
参照記事:http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20130805000058

 開会式の直後に行われた国際地理オリンピック2013京都大会(730日〜85日)の金メダル表彰式では、11名に金メダルが贈られました。なお、日本からは、メダル1名、銅メダル1名でした。関係する方々の間で事前準備が入念に行われた成果だそうです。今後、日本からの参加者がより上位を狙えることを期待しつつ、日本でもより多くの生徒が国際地理オリンピックを目指す雰囲気が高まるような地図・地理教育がもっと盛んになってくれればと祈ってやみません。
参照記事:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/31151


 開会式の当夜に主催者が開催されたカクテルパーティーでは、世界各国からの参加者が交流を深めていました。

IMG_0112


 会期の前半は人文地理、後半は自然地理の発表が集中的に行われました。午前10時と午後3時のコーヒーブレークではコーヒーとクッキーを片手に、廊下でも参加者どうしが発表内容を熱心に討議しつづける様子が散見されました。日本地図センターによる特別セッション『東日本大震災における地理空間情報の取得と活用』でも、発表者に対する討議が熱心に行われていました。

IMG_0074


 ANNEXで行われたポスター発表では、各国の国の実状に合った内容をカラフルなイラスト入りで説明するものが多々あり、コアタイムには、発表者が来場者と熱心に討議する場面も見られました。ただ、口頭発表の会場とANNEXがやや離れていた感もあり、口頭発表の会場に近接していれば、ポスター発表により多くの参加者を誘うこともできたかもしれません。

 本会議の期間中は結局、1,500名余の参加者があり、1980年に東京で開催された国際地理学会議に匹敵する参加者を見たそうです(会議事務局による)。



jmcblog at 09:30 

2013年08月29日

 ちょうど6年前の本日、2007年8月29日に地理空間情報活用推進基本法が施行されました。この法律(以下「基本法」と表記します)は、地理空間情報を活用し、安心して豊かに暮らす社会を実現するため、その推進に関する基本理念、国や地方公共団体の責務、施策の基本となる事項を定めたものです(同法第1条から要約)。

 地理空間情報とは、空間上の位置を示す情報(位置情報)とそれに関連づけられた情報(属性情報)とからなる情報、と第二条で定義されています。
 ひとは社会生活を営むなかで、いろいろ位置情報と関わっています。たとえば会話のなかで「いつ」「どこで」は重要な事項です。公共サービスや行政文書にも、位置・時刻に関する情報が必ず入っています。私たちは、多くの地理空間情報とともに暮らしているわけです。
 しかし、地理空間情報はいつも体系立って提供されるとは限らず、それによる不都合も少なくありません。幸いにも日本はじめ多くの先進国では、地図という優れた媒体が日常的に活用され、その恩恵を享受してきました。基本法が目指す社会では、地図を含む多様な手段で地理空間情報を共有し活用することで、一層の豊かさを実現しようとしています。

 そのような地理空間情報化社会の究極の姿を描いたSFが、半世紀以上昔の1956年に刊行されています。『2001年宇宙の旅』小説版の作者として知られているアーサー・C.クラーク著都市と星(The City and the Stars)』です。

moc259 10億年後()、地球最後の都市ダイアスパーに住む青年の冒険譚から、そこに至る人類史・宇宙史が明らかにされ、闇が迫りくる宇宙のなかで、新たな可能性が示唆されるという、『2001年・・』にも通じるやや哲学的なテーマを含んだ物語です。
 ダイアスパーでは、都市それ自体が市民社会を護りつつ外宇宙との接触を待つ一種の総合知性体のようにふるまいます。都市全域に遍在するセンサ・情報処理装置・万能の工作機械が、「記憶バンク」と訳された巨大データベースに連動して都市インフラを維持更新し、市民の輪廻転生まで管理しています。一見ディストピアのようにもみえますが、砂漠化し尽くした地球上に燦然と輝くダイアスパーを起点に、そのような価値判断を乗り越えるような、卓越したイメージが次々と展開されていきます。

 主人公が、時間軸に沿ってダイアスパー内部世界を検索するときに参照している立体画像は、現在の時層地図の最終的な発展型のようです。一方、地下遺跡の中に発見するダイアスパーの外の世界を表す巨大「地図」は、超絶的なテクノロジーに裏打ちされているハズにもかかわらず、17世紀オランダあたりの古地図を彷彿とさせます。
 さすがに今となっては古めかしい場面も少なくないのですが、「充分に発達して魔法と見分けが付かない」程になった地図類を垣間見てください。

Home_N
iphone_appli



jmctsuza at 09:30 
コラム | 本の紹介

2013年08月22日

 東京メトロの半蔵門線の半蔵門の駅のホームから、線路の向こうに畳1畳分くらいの図のような広告がありました。江戸時代と現在の麹町の地図を2枚横に並べて比較しており、よく見るとある地図出版の会社の企業広告でした。昔と現在とを比較した地図を並べて出している本は多くあり、国土地理院でも平成元年に測量の日制定記念として、東京の1万分の1の地図に明治時代の建物や地名を重ねて印刷したものなどが出されていましたが、広告として出されていたのは初めてみました。なお麹町の駅にも同じものがあるそうです。

iwabi1_sc1


そこでその会社のホームページを見るとその説明がありました。地図は江戸後期の麹町を描いた尾張屋清七版の江戸切絵図「外桜田永田町絵図」と地図出版会社の東京23区便利情報地図の一部でした。この江戸切絵図の原図は国会図書館に所蔵されているもので、美術書を手掛ける出版社「岩橋美術」の岩橋ご夫妻お二人だけで、10年以上かけてこの尾張屋清七版「江戸切絵図」32図を復刻されたそうです。江戸切絵図の撮影許可は平成7年で、平成191月に32図すべて販売までできるようになったとのことです。

なぜ“麹町、150年前から地図の町”については、この江戸切絵図を製作販売していたのが当時麹町にあった近吾堂で、同じく麹町にあった尾張屋が、150年前工夫を凝らし改良して大ベストセラーにしたからだそうです。



jmcblog at 08:30 
コラム 

2013年08月16日

NHKの大河ドラマ“八重の桜”は、会津での戦いで前半のクライマックスを終えましたが、その中で語られた主な戦いの場所を、国土地理院の電子国土の地図上に記入し、位置関係を確認してみたいと思います。

  鶴ヶ城:会津藩の居城

  滝沢本陣:官軍の東からの侵攻に備えおかれた本陣

  戸ノ口原の戦い:白虎隊二番隊が最初に戦ったところ

  十六橋の戦い:猪苗代湖から流れ出る日橋川に架かる橋で行われた戦いで、会津に入るために必ずわたるところ

  飯盛山:白虎隊の二番隊の生き残りが自刃したところ

  小田山:鶴ヶ城を見下ろせる位置にある山で、官軍の大砲が置かれたところ、そのため砲撃の激しさを増した

  涙橋の戦い:娘子隊の中野竹子が銃撃で亡くなったところ

  小松村:会津の名物行事“彼岸獅子”の姿で、山川大蔵らが官軍に包囲されていた鶴ヶ城に無事した入場したときに、それを助けた村

  一ノ堰の戦い:補給路確保のため、八重の父山本権八が戦い死亡したところ

  長命寺の戦い:家老の佐川管兵衛らが行った最後の奇襲であるが、寝過ごしたこともあり、失敗したところ

八重の桜地図番号入



jmcblog at 17:48 
コラム 

2013年08月14日

 

8月19日にロシアと北方領土について次官級交渉が始まるとの報道がありますが、国土交通省国土地理院では、北方4島(歯舞、色丹、国後、択捉)については、平成22年から2万5千分の1地形図を順次刊行しており、現在歯舞諸島、国後島まで刊行しています。

他の島も今後刊行の予定です。

北方四島の2万5千分1地形図刊行状況


なお2万5千分の1地形図には、“この図は、地球観測衛星の画像上で判読できた道路、建物等を表示したものであり、北方領土問題に関する我が国の立場にいかなる影響も与えるものではない”とのコメントが挿入されています。

5万分の1地形図については、国土地理院の前身が戦前作成した5万分の1地形図をもとに、衛星画像を使って修正し、平成4年に北方4島全域について刊行しています。

北方領土国後歯舞インデックス択捉5万インデックス


 国土地理院の地図閲覧サービスの“ウオッちず”での地図情報及び電子国土ポータルの基盤地図情報でも、刊行している地図と同じ情報となっています。すなわち25千分の1地形図が刊行されているところはその縮尺の、刊行されてないところは5万分の1の地形図の情報となっています。

なお20万分の1の地勢図などの小縮尺の地図にも当然北方領土は入っています。


サンプルに平成2431日発行の25千分の1の地形図「古釜布」の中央付近を載せました。経緯度のほか、建物や道路は書かれていますが、三角点及び水準点は非表示とされています。

古釜布中央部


jmcblog at 14:50 
コラム 

2013年08月08日

 歴史学が防災や復興に生かされている動きが、日本経済新聞(平成25718日付)朝刊に紹介されていました。この記事によると、東北大学の災害科学国際研究所による津波シミュレーションに津波到達地点をなど史料の記録が反映された結果、慶長三陸地震(1611年)の地震の規模を現わすマグニチュードが従来の8.1から8.5に計算し直されたことが紹介されていました。資料に加え、津波到達地点の標高や海からの距離などの分析には、まさに“地図の力”が必要だったと思っています。

 また、古くから伝わる祭りや地元行事の記載が被災住民の心のよりどころとなるものもあり、史料には復興の議論の過程で焦点を当てられるべきものがあること、東京電力福島第1原発周辺区域にある史料の保護が地道に続けられていることが紹介されていました。

 津波のシミュレーションにせよ、史料の古い記載の保存にせよ、想定される被害の範囲や、記載されている事実の対象範囲をマッピングすることは、それらの空間的な広がりや関連を一覧して理解する上で、大変重要なことだと思われます。そのような歴史学にも“地図の力”が重要なことを、地図に携わっているものとしてうれしく思っています。

 



jmcblog at 09:00 
コラム | 防災