2013年07月

2013年07月29日

NHKの朝の連続テレビ小説“あまちゃん”は岩手県久慈市とそこから東南東へ約6kmの小袖集落が前半の舞台です。小袖の集落には若干の平地がありますが、その南北の海岸は名勝の“北山崎”に象徴されるように歩くことができないほどの絶壁が続くところです。小袖集落も南の“北山崎”も北リアス線が通っていません。

 今から200年以上前、伊能忠敬はこの海岸を歩いて測量し、後に伊能図と言われる「大日本沿海輿地全図」をほぼ完成させました。海岸を通るだけでも大変困難があったと思われますが、ほぼ正確に海岸線が描かれています。現在の地図を並べてみますとよくわかります。
伊能図久慈あまちゃん久慈の地図
左)出典:国土地理院のホームページ
右)出典:グーグルマップに加筆

 久慈市から小袖海岸までの拡大図の比較では、伊能図に書かれている久慈湊はもちろん久慈市として現在も残っていますが、二子村も“二子”という字名として残っていることが確認できます。


伊能図久慈部分久慈(現在)
左)出典:国土地理院のホームページ
右)出典:電子国土Webサイト

なお「大日本沿海輿地全図」が、伊能忠敬の死後取りまとめた高橋景保により幕府に献上されたのは、182187日です。




jmcblog at 09:00 
コラム 

2013年07月19日

国土地理院の電子国土基本図では、富士山の山頂付近は以下のようにあらわされています。山頂の火口の周りには、富士山と剣ヶ峰、それに白山岳の山名が傾斜体で書かれています。山名は傾斜体で書く決まりとなっています。また剣ヶ峰に最高点の三角点と電子基準点、白山岳にも三角点が書かれています。そのほか南方には郵便局の記号も書かれており、夏季しか開設されませんが重要なので書かれているものと思われます。なお主な山小屋の位置に示されている○合目の表示も山名と同じ扱いで、傾斜体で書かれています。
 文化財保護法に基づき史跡・名勝・天然記念物に指定されたものは、名所の記号で表されていますが。今回世界文化遺産に登録された富士山の場合は、図の右上に直立体の文字で“富士山”と描かれています。特別史跡名勝天然記念物なので(特)の文字が添えられています。なお国土地理院の地図には世界遺産の数が少ないためか、記号は設定されていません。

富士山山頂の地図

7月27日(土)から8月4日(日)の朝10時から夜8時には、日本の世界文化遺産という副題で、京都駅地下街Porta内のポルタプラザなどで『地図展』が開かれます(主催:地図展推進協議会、事務局:日本地図センター)。この「富士山」をはじめ日本における世界文化遺産に登録された13の地域に関連した地図が展示されます。皆さまのご来場を心よりお待ちしています。



jmcblog at 10:00 
コラム 

2013年07月17日

富士山の高さは、1926年から3,776mとされ、山梨県と静岡県の自動車のご当地ナンバーである『富士山』でも“3776”に人気があるとのことです。江戸時代伊能忠敬も地図作成の関係で測っており、最も現在の値に近い値は西倉沢村(現静岡市清水区)から測った3,732mでした。

国土交通省国土地理院の基準点成果一覧によると、剣ヶ峯と注記のあるところにある二等三角点の高さは3775.63mです。剣ヶ峯の最も高いところは岩であり、岩の高さは三角点の上面より数十cmしか高くないので、最も高いところとしても、メートル単位では3,776mと言えます。これにより富士山の高さ3,776mとされてきました。
二等三角点「富士山」説明富士山山頂三角点
 
なおその16m北に電子基準点が2002年に設置され、その高さとして、3774.88mとされていますが、この高さは電子基準点の下に設置してある点の高さです。ただ電子基準点の柱の部分は約3m近くありますので、その突端は約3777.5mとなり、ここが最も高くなります。
 富士山電子基準点富士山の高さ比較
また外輪上ではありますが600mほど北方に白山岳とあり、そこにも二等三角点が設置してあり、3756.36mです。

1993年に、大成建設が富士山麓の水準点から、2030m毎に高低差測量を行う直接水準測量を50日かけて行い、3774.97mという値を出しています。これだと富士山の高さは3,775mとなります。測量方法に拠って高さは多少違ってくるようです。なおこの測量記録の映画「富士山を測る」が1994年の土木学会第16回映画コンクール準優秀賞や科学技術映像祭長官賞を得ています。



jmcblog at 10:00 
コラム 

2013年07月10日

8月4日(日)から9日(金)にかけて、京都国際会館(地下鉄京都駅から市営地下鉄烏丸線で国際会館駅下車)で2013年京都国際地理学会議が開催されます。この会議は、「地球の将来のための伝統智と近代知」をメインテーマに、60ヶ国を超える世界各地から1,400人以上の研究者たちが参加されます。

主要題目には、|詫学における文化的アプローチ、経済空間のダイナミクス、グローバル変化と人口流動、っ詫情報科学、ダ己多様性、自然災害、土地利用・土地被覆変化、土地の荒廃と砂漠化、農村システムの持続可能性、ジオパーク、地理教育、地理オリンピック、水の持続可能性などがあり、地理学の基本から、今日的な課題まで幅広く研究課題が設定され、日本の地理学研究者も多数参加されます。

1980年に東京でこの会議の大会が開催されましたが、その折には、同時に開催された国際地図学会議と併せて記念切手(下の画像)が発行されました。世界地図を図柄としたその記念切手をお手元に置かれていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

1980東京国際地理学会議
 地理学の最新の研究発表に触れてみたいと思われる方は、同会議に参加(参加費用1日当たり25,000円が必要)されてはいかがでしょうか。日本地図センターでも同会議において特別セッション『東日本大震災における地理空間情報の取得と活用』(5日 14:0017:30)を設けております。ご聴講とご討議のほど、お願いします。

 京都国際地理学会議の参加方法など、詳しい内容は、同会議のホームページ(http://oguchaylab.csis.u-tokyo.ac.jp/IGU2013/jp/)まで。



jmcblog at 18:11 
コラム 

2013年07月04日

平成25623日、全国7か所で行われました。受検者は一般が177名、専門が123名で、無事に終わりました。東京会場での受検風景の写真を載せました。開始の1時間以上前に来られた方がいた半面、受検開始後に来られた方もほんの少数ですが居られました。受検会場には、毎回年齢層の幅が広く、若い世代では小学生も見かけます。

画像1kentei_kaijo1 今回の東京会場での一般の検定終了後、ある男児と話をすることができました。その子は今回が3回目で、新潟から父親と来ているとのことでした。受検のきっかけは、受検対策、問題に対する意見など多くのことを聞くことができました。なかなか受け答えがしっかりしており、真剣に、また楽しく受検されていることがうかがえました。詳しくは、「地図中心」に第19回の地図地理検定として特集を組むこととしています。

検定の問題、その答え及び検定結果等詳細は78日から地図センターのホームページの“地理地図検定”のところに載る予定です。一般の平均点は平年より良かったのですが、専門のほうは残念ながら良くありませんでした。
 

検定とは関係ありませんが、東京会場の国士舘大学の梅ヶ丘庁舎では、教室の入り口に学生証の自動読み取り装置があり、そこで学生の出席確認ができるシステムがあることに驚きました。今の大学では普通なのかなとも思いました。



記事検索