2013年03月

2013年03月25日

 (公社)日本地理学会2013年春季学術大会が、3月28日(木)〜31日(日)の日程で、立正大学熊谷キャンパスで催されます。
 立正大学熊谷キャンパス内には、地球環境学部地理学教室がります。地図学会や地理学会の会員として活躍されている研究者も多く、交流のある読者も多いでしょう。地理学教室の礎を築いたのは、近代の日本の地理学・地誌学の大家で地理学会の会長も務めた田中啓爾(1885〜1975)で、同大学情報メディアセンターには、氏のコレクションを収蔵する田中啓爾文庫もあります。

arakawa_ota
 電子国土WebNEXTから色別標高図

 熊谷キャンパスは、埼玉県熊谷市の中心街から荒川を右岸に渡った江南台地上に立地しています。周辺は地形や地誌の面で大変興味深い場所です。大会最終日には、3班の巡検が企画されています。巡検テーマとこれと関連する周辺の見どころを紹介します(巡検コースそのものではないのでご注意ください)

〈北関東における水資源の管理と水環境の変化〉
 荒川沿いの低地は、扇状地から蛇行帯に移り変わるあたりになり、水利的にも重要な場所です。扇頂の寄居の近くには、埼玉県立川の博物館(かわはく)があり、治水・利水の歴史・現状を学ぶことができます。
 鴻巣市(左岸)と吉見町(右岸)との間に架かる御成橋付近(河口から約60km)は、堤防間の河川敷幅が約2.5kmあり「川幅日本一」とされています。
 行田市にあった忍城(おしじょう)は、周辺の水環境を活用した平城です。上杉氏、北条氏、豊臣氏など戦国の有力者との戦いにも落城せず、そのときの戦いぶりは、和田竜による小説『のぼうの城』を原作として映画化されました(2012年)。中心市街にある本丸跡地には行田市郷土博物館が、外濠跡には水城公園があります。
 行田市東南部の微高地にある埼玉(さきたま)は埼玉県の県名発祥の地です。『新編武蔵風土記稿』にも記された埼玉古墳群は、5〜6世紀の築造と推定されています。さきたま風土記の丘として整備され、県立さきたま史跡の博物館に関連資料が展示されています。
Sakitama
 埼玉古墳群.電子国土基本図(オルソ画像)から  

〈秩父鉄道の発達と地域との関係〉
 寄居から緑色片岩の露頭で知られる長瀞を経て遡った秩父盆地は、かつては生糸の産地で、秩父鉄道の前身である上武鉄道も当初は繊維製品を運んでいました。近代以降は武甲山の石灰岩採鉱によるセメント産業が盛んになり、秩父鉄道の主要な輸送品となりました。最近では沿線人口やセメント需要が伸び悩み、秩父鉄道による石灰輸送も1970年代をピークに減少気味で引き込み線も減りましたが、いまでも産業革命からつづく本来の鉄道施設の姿をみることができます。秩父本線の他にJR高崎線の貨物駅とを結ぶ貨物専用の三ヶ尻線があり、セメント工場に直結した操車場は、交差する上越新幹線の車窓から一瞥できます。 
 現在の秩父鉄道は通勤路線(の支線)としての性格が強くなり、旧国鉄や大手私鉄で1960〜1970年代に使われていた車両が走っています。セメント列車や蒸気機関車牽引の「パレオエクスプレス」とともに、これらOB車両を目当てに週末には鉄道好きな人たちがよく訪れています。

〈埼玉県北部の農と食とまちづくり〉
 熊谷市近郊は、荒川や利根川の水利に恵まれ、江戸〜東京という大消費地にも近く、安定した農業が営まれてきました。
 中山道の宿駅であった熊谷市中心街では、旧街道は容易に辿ることができますが、1ヶ所だけ百貨店の建物で一見途切れています。しかし、この八木橋百貨店1階売場には旧中山道の位置に合わせてた通路があり、それに沿って「中山道」「熊谷宿」と記された灯籠が置かれています。東西出入り口付近には「旧中山道跡碑」と記された石碑も置かれており、土地に刻まれた街道空間の記憶は保存されています。
 
Kumagaya_2oooo_ss
 第一軍管地方二万分一迅速測圖原圖「熊谷驛」(部分).

Kumagaya_orth_s
 電子国土基本図(オルソ画像)に加筆.

八木橋温度計
 八木橋百貨店の入口(2011)
 
  熊谷には地方気象台があり、2007(平成19)年8月16日に岐阜県多治見市と並んで、日本における観測史上最高の気温40.9度が記録されました。この夏の暑さを逆手に取ったキャンペーンが市役所を中心に展開され、夏には、八木橋百貨店の入口にあついぞ!熊谷のキャッチコピーとともに気象台の観測値を表示する大きな温度計が置かれます。cover467
 この温度計の写真を表紙として地図中心467(2011年8月)号は「アツイぞ!熊谷」特集を組み、立正大学の研究者の方々に寄稿いただきました。

 3月29日には公開シンポジウムもあります。地理学会員でない方も、地図中心467号を片手に、暑くも寒くもない季節の熊谷とその周辺を巡ってみてはいかがでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 今回ご紹介した見どころは「見に(ミニ)ウォーク」にしては広範囲なので、公共交通でのアクセス情報を、下に掲げておきます

 川の博物館: 東武東上線
鉢形駅
 御成橋(川幅日本一): JR高崎線鴻巣駅
 忍城趾: 秩父鉄道行田市駅
 埼玉古墳群: 秩父鉄道行田市駅から路線バス
 秩父鉄道三ヶ尻線: 秩父鉄道
武川駅
 中山道と八木橋百貨店: 秩父鉄道上熊谷駅

中山道八木橋
 八木橋百貨店の西口.脇に「旧中山道跡」の石碑がある.

中山道熊谷宿st
 八木橋百貨店1階売場.天井の黒い部分の直下が中山道の位置.


Home_N
mailtt



2013年03月19日

  電子地形図25000をご存じでしょうか?電子国土基本図(地図情報)を基にした従来の地形図に近い地図画像を、利用者が図郭や一部の地図記号を選択して入手出来る、いわばセミオーダー地図です。送電線や植生界など現地では目立つ地物の選択表示、等高線などの色表現、道路・鉄道記号の種類や適用範囲などのオーダー事項に入っています。

DJ-IMAGE
 ↑ 国土地理院のサイトです。

 東急東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転が始まりました。幸い、大きな混乱や事故もないようで、何よりです。
cover486 東京周辺の鉄道網は、世界でも希にみる需要の大きさもさることながら、主要線区が多数の鉄道会社からなり、それら相互直通(あるいは一方的な直通)で成り立っていることもに特徴があります。これは、1955(昭和30)年に当時の運輸省が都市交通審議会の答申を得て、郊外の国鉄線・私鉄線と地下鉄線との相互直通運転により都心に直通する高速鉄道網を整備する、という政策が進められた結果です。答申は数次にわたって改訂され、13の路線から構成される「東京都市高速鉄道網」のうち10の路線で相互直通運転が行われています。
 東京以外にも、名古屋、大阪圏でも同様の基本計画があり、また福岡や仙台では、相互直通運転によって空港に直通する鉄道路線が整備されています。これら大都市圏ではICカードも普及し、乗客は事業主体の違いをあまり気にすることなく鉄道を利用しています。

 一方、いわゆる「国鉄再建法」や整備新幹線の「並行在来線」対策により、地方幹線クラスの第三セクター鉄道が増えてきました。それらの路線では最寄りの拠点駅へ直通するための直通運転や線路の共用も行われています。また、地域に根を降ろして発展してきた在来私鉄では、主要路線を残して閑散路線からの撤退が進みつつあります。結果として地方では、新幹線は別格として、主要路線が第三セクターか私鉄、ローカル線がJR直営、という状況も現れてきており、かつての「国鉄>私鉄」のような事業主体による階層性は崩れ去っています。

 日本の地形図における鉄道記号は、未だに「JR線」「JR線以外」と、線路規格(地物としての存在感)ではなく事業主体による区分という、世界的に見てめずらしい図式となっています。その前身となった「国鉄」「私鉄」の地図記号の差が著しくなったのは第二次大戦後、それも1960年代以降です。しかし現状では、歴史的経緯以外に根拠はなく、利用実感としても上記のとおりです。線路共用区間の表現には図化現場の苦労も忍ばれ、結果として場所毎の適用基準が不統一になっています。

Dazaifu

 電子地形図25000(オンデマンド版)のサイトから、鉄道を「私鉄」記号に統一すると選択して、福岡県太宰府市付近の地図画像を試しにオーダーしてみました。鉄道の表現法に最初は違和感もありますが、先入観に囚われず虚心坦懐に眺めれば、これが本来の姿に思えてきます。

 今のところ地図画像の提供地域が限られれていますが、年内には全国の地図画像が入手できるようになります。好みの場所を好みの地図記号で表現した、貴方だけの地図画像を作ってみてはいかがでしょう。


Home_N
gsionline



2013年03月14日

 練習問題いかがでしたか?読者にとって、今回の【一般】問題は常識の範囲内かもしれませんが、世間では逆に捉えているひとが案外多いようです。 【専門】問題は、出題当時は正解に記された状況になって日が浅く、まだ十分に周知されていなかったようです。

【一般】

 地図の縮尺は、例えば1:25,000と書かかれています。下の 銑い僚娘椶涼罎覆でもっとも大きな縮尺はどれですか。正いものを1つ選えらびなさい。

1:5,000               1:25,000
1:200,000             1:1,000,000 

[解答・解説]
正解は  並14回地図地理検定で出題、正答率 78.5%)
 大縮尺の地図では小縮尺の地図よりも、建物などの個々の地物が大きく表わされています。縮尺の大小は、分数の大小と同です。問題の選択肢を、縮尺の大きい順に並べると

1/5,000 > 1/25,000 > 1/200,000 > 1/1,000,000

となります。

【専門】

問 伊能図のうち伊能忠敬が長く暮らした香取市が所有している地図は、文化財保護法による文化財に指定されている。どの種別に指定されているか、 銑い里Δ舛ら正しいものを1つ選べ。
 
 ―斗彿顕什癲聞駟以外)   ◆々駟
 登録有形文化財       ぁ―斗徑形民俗文化財


[解答・解説]
正解は◆ 並14回地図地理検定で出題、正答率は4.9%)

 2010(平成22)年6月29日付け文部科学省告示第95号で、香取市が所有する重要文化財「伊能忠敬関係資料」2,345点(地図・絵図類:787点、文書・記録類:569点、書状類:398点、典籍類:528点、器具類:63点)について、国宝指定の告示がされました。

[参考]文化財保護法第27条に、有形文化財のうち重要なものを重要文化財に指定することができる旨が記されています。国宝は、同法27条2項に、重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるものを国宝に指定することができる旨が記されています。同法第57条に、重要文化財以外の有形文化財のうち、その文化財としての価値にかんがみ保存及び活用のための措置が特に必要とされるものを文化財登録原簿に登録することができる旨が記されています。同法第78条に、有形の民俗文化財のうち特に重要なものを重要有形民俗文化財に指定することができる旨が記されています。


第19回地図地理検定
◆検定日:2013年6月
◆検定時間:一般・13:30-14:20、専門・15:00-16:00
◆検定会場:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
◆お問い合せ
 (一財)日本地図センター 地図地理検定事務局
                            TEL:03-3485-5417

Home_N  logo_chizuken



2013年03月11日

 今回の記事、最後まで読んでいただければ3月11日に掲載した意義は解っていただけるとは思いますが、導入部を拡げ過ぎました。2011年の大震災で亡くなられた方々には安らぎを、そして大切な人・ものをなくされた方々にさらなる希望がもたらされますように・・・。

  ☆  ☆  ☆

 3月16日(土)、東急東横線と東京メトロ副都心線との相互乗り入れが開始されます。これにあわせて、地図中心486(2013年3月)号の特集は「相互直通運転」です。日本の東京圏を中心に鉄道の相互乗り入れや第三セクター鉄道の線路共用について、それらの地図表現と合わせて紹介します。国内の事例については次回にして、今回は外国の鉄道の相互乗り入れに関わる話題です。

 多くの国々が国境を接するヨーロッパでは、国鉄同士の相互直通による国際列車網が発達してきました。現在の主役はTGVやICEといった日本の新幹線に匹敵する高速列車です。関係国が共通仕様の高速車両を用意し、シェンゲン協定により国境審査も省略された旅は、国内列車と変わりません。これに対し、19〜20世紀の国際列車の旅では、国境審査の緊張感と、それ故に国境の向こう側への期待感・不安感が交錯する独特の雰囲気を味わえました。

OE_ОВД
 オリエント急行の運転区間と旧ワルシャワ条約機構の加盟国・地域(1960-70年代・橙色)

 国際列車の代名詞ともいうべきオリエント急行については、1年ほど前にこのブログでも採りあげ、今回の特集ではその記事をベースにしたコラムも設けました。
 オリエント急行が華やかだった時代は帝国主義の時代でもあり、ヨーロッパ列強が東方世界へと踏み込んでいく列車でした。2つの世界大戦をはさんで冷戦期になると、オリエント急行は東西両陣営を結ぶ列車となりました。政治的に対立する国々の車両が併結され、鉄のカーテンを越えていました。厳しい国境審査の片鱗は、冷戦終結後の1990年代にも残っていました。しかし、旧東欧諸国が次々とEUに加盟し、多くの課題は抱えながらも統合が深化するとともに、国際列車の特殊性・特権性は薄れました。
 オリエント急行は、TGV東ヨーロッパ線の開業により運転区間が短縮され、2009年に廃止されました。政治・文化が異なる地域を結び走り続けた国際列車は、それらの地域の統合が進むことで、その使命を終えたのでしょう。
 
Budapest-Keleti_02
 ハンガリーの首都ブダペスト東駅に到着したオリエント急行(1998).

 オリエント急行全盛期に造られた客車が、いま箱根の美術館に展示され、ルネ・ラリックがデザインした見事な車内を見学できます。NEC_0012
 この4158号車は、あるテレビ局の記念事業として、同系の寝台車・食堂車とともに日本国内の鉄道線を走ったことがあます。狭軌用台車に交換され、高いホームが支障しないよう一部部品も外されたりしましたが、牽引する日本の機関車から全車のブレーキそのまま制御することができました。

 鉄道が相互直通する基本中の基本条件は、世界共通のブレーキシステムです。その原理は、編成を貫通するブレーキ管に込めた圧縮空気の減圧によってブレーキを作用させるものです。もしブレーキ管が壊れて空気が抜けたら全車に非常ブレーキがかかります。
 フェールセーフとは、障害が発生したとき安全側(safe)に壊れる(fail)仕組みです。一般には「障害の発生を想定して、被害を最小限にとどめる仕組み」と広義の概念が知られていて、これも間違いではありませんが、「想定」と「仕組み」との間に余分な要素が入り込む隙があります。非常時に、例えば緊急冷却装置を発動するような仕組みよりも、常用している装置が、非常時にも同じ原理で、より強く働くようにする方が、安全性が高くなります。

 新幹線など最近の車両のブレーキは電気制御方式になっていますが、このフェールセーフの設計思想は受け継がれています。2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震の強いP波を沿岸域で検知し東北新幹線は緊急停電、全列車のブレーキ回路電圧がゼロとなって非常ブレーキが作動し、さらに強いS波が襲ってくる前に安全に減速していました。

Home_N
mapcentre

《追伸》
3月1日に掲載した「環境指標の分布を地図でみる」は、見かけが単調だったので画像を追加しています。



jmctsuza at 14:46 
防災 | 地図中心

2013年03月10日

 昭和20年(1945年)3月10日0時過ぎから爆撃が行われた東京大空襲。米軍第三偵察部隊は、東京大空襲前後の空中写真を撮影していました。

3PR-5M069-1V041-42_Web
▲この写真は、東京大空襲2日前・昭和20年3月8日撮影の一部で、浅草寺から隅田川の周辺です。 家屋等の建物が黒く映っています。

3PR-5M076-1RT043_Webs
▲この写真は、爆撃から数時間後(3月8日11時頃)に北東方向から撮影された斜め写真の一部です。 3月8日撮影のほぼ同じ浅草寺から隅田川の周辺です。 浅草寺周辺に黒い部分を除いて、周辺は白く映っており、全て焼失したことが見られます。

 当センターでは、この貴重な東京大空襲の空中写真をとりまとめた写真帳を扱っております。
 東京大空襲2日前・昭和20年3月8日撮影の2枚をモザイクした写真1枚と、爆撃から数時間後に撮影された斜め写真3枚(1枚は2倍に拡大)、計4枚を写真用印画紙に焼き付けて、ポケットファイルに格納したものです。 偵察戦隊と写真偵察機の解説や、米国国立公文書館や所蔵されている米軍撮影空中写真の解説・紹介も掲載しています。付録に、昭和22年7月30日発行の1/25,000旧版地図「東京首部」と、平成21年4月1日刊行1/25,000地形図「東京首部」が折図で付いています。 

    *    *    *

 地図センターは、米国立公文書館に所蔵されている米軍撮影の空中写真について調査をおこなってきました。これまでに、第二次世界大戦末期から戦後数年間にかけて日本各地を撮影した、貴重な空中写真を入手し、いくつかのイベントで展示するとともに、一般への提供も実施しています。

 〈jmcseno〉
Home_N



2013年03月06日

 第19回地図地理検定、申し込み受付け中です。今回の練習問題、一般は易しすぎるかもしれません。専門は、今となってはそれ程難しくない、と思います。

【一般】
 地図の縮尺は、例えば1:25,000と書かかれています。下の 銑い僚娘椶涼罎覆でもっとも大きな縮尺はどれですか。正いものを1つ選えらびなさい。


1:5,000                1:25,000
1:200,000             1:1,000,000

【専門】
問 伊能図のうち伊能忠敬が長く暮らした香取市が所有している地図は、文化財保護法による文化財に指定されている。どの種別に指定されているか、 銑い里Δ舛ら正しいものを1つ選べ。
 
 ―斗彿顕什癲聞駟以外)  ◆々駟
 登録有形文化財       ぁ―斗徑形民俗文化財



解答・解説は次週。


第19回地図地理検定
◆検定日:2013年6月
◆検定時間:一般・13:30-14:20、専門・15:00-16:00
◆検定会場:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
◆お問い合せ
 (一財)日本地図センター 地図地理検定事務局
                            TEL:03-3485-5417

Home_N  logo_chizuken



2013年03月01日

 今日3月1日はビキニ・デー。1954(昭和29)年のこの日、アメリカ合衆国が当時は信託統治領であった太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁で、最初の水爆実験を行いました。近くの海域を航行していた約一千隻以上の船とその乗組員が被曝し、そのなかに日本の遠洋マグロ漁船第五福竜丸も含まれていました。

 ビキニ環礁は、1990年代に行われたIAEA(国際原子力機関)の調査から「永住に適さない」と報告されました。現在では短期間の滞在は問題無いレベルまで放射線量は下がっており、ダイビングスポットとして利用されていますが、永住者は居ません。2010年には、核実験が行われ大きな被害が生じた場所として「負の遺産」という意義で、世界文化遺産に登録されました。

 第五福竜丸は、後に東京水産大学(現・東京海洋大学)の練習船として使われていましたが、1976年から東京都江東区夢の島に建てられた都立第五福竜丸展示館に保存・展示されています。

 3月1日はまた、NASAの地球観測衛星LANDSAT5号が1984年に打ち上げられた日でもあります。1972年に打ち上げられた最初の地球観測衛星であるLANDSATシリーズの第二世代というべき衛星で、2009Landsat5設計寿命(3年)を大きく越え、今年1月まで現役で使われてきました。打上げ当時としては画期的な空間分解能・スペクトル分解能を実現し、これ以降、日本でも衛星画像の利用が大きく進みました。

 現在、国土環境モニタリングとして、国土地理院が大学等と協力し地球観測衛星TERRAまたはAQUAが観測したデータを解析し、全国の植生の活性度を表す地理空間情報を提供しています。

 環境指標のように、特に知らせたい情報(主題情報)を地図上に展開し公開するとき、基図として利用出来る地図サイトがいくつもありますが、日本国政府の公式見解に裏付けられたサイトとしては電子国土が唯一のものであり、多くの行政機関が電子国土サイトとして利用しています。文部科学省の放射線量等分布マップ拡大サイトが代表的です。

MEXT_DJ

Home_N
image2



jmcblog at 15:30 
コラム | 防災