2013年02月

2013年02月22日

 2月8日(金)9日(土)に、立川断層のトレンチ調査の公開があったので、観てきました。

 立川断層は武蔵野台地の西部を横切る活断層で、東京都青梅市から立川市を経て府中市まで、北西−南東方向に全長約20kmあります。埼玉県入間郡名栗村から青梅市にかけての名栗断層と合わせ、政府の地震調査委員会の長期評価では「立川断層帯」と総称されています。過去の平均的活動間隔は約1〜1.5万年、今後100年内の地震発生確率は2〜7%、発生地震の規模はマグニチュード7.4程度と評価されています。

AF_Tachikawa-F
 都市圏活断層図「青梅」 国土地理院(1996)

 立川断層の発見者は、国土地理院の技術者です。1970年代の中頃、土地条件調査で武蔵野台地の地形について空中写真を使って判読しているとき、段丘面を切る直線状の斜面を見出し、これを「立川断層」と名付け学術雑誌に報告しました。その後、東京都立大学(現・首都大学東京)の山崎晴雄さんが、この断層に沿って地形・地層を精力的に調査し活動履歴を明らかにされました。

 今回の公開は、文部科学省のプロジェクト立川断層帯の重点的調査観測の一環として、東京大学地震研究所が実施している地表付近の構造や活動履歴を推定するためのトレンチ(溝掘削)調査です。立川断層のほぼ中央部、自動車工場の跡地で、現在は宗教法人が管理している用地を借り受けた掘削したということです。

485348_416409375109258_307789388_n

 写真のように、立川段丘を構成する礫層を変位させた断層露頭が現れていました。調査結果は、地震研究所ほか大学の合同調査チームから発表されるはずです。現地には、調査チームによる観察結果の速報的な説明盤も掲げられ、これまでの立川断層像の再考を迫る知見が得られつつあることを伝えていました。

2013年3月28日追記
 本日、このトレンチ調査を行った合同調査チームから調査結果を訂正する発表(PDF:6.1MB)がありました。
 当初の発表では、立川礫層には撓曲崖変形にみあう構造が見られないにもかかわらず、ズレを現したとみられる縦方向にはさまった岩片(上写真の中央やや左下の淡色の箇所)がみられたことから、横ずれ活動の可能性も指摘されました。しかし追加調査の結果、この変形は、以前この地に在った自動車工場(都市圏活断層図の基図に当時在った工場が描示されています)の基礎工事の跡である可能性が高く、この地点では、
「立川礫層を切る明瞭な断層は、認識できない。」
「したがって、榎トレンチ(引用者註:このトレンチの名称)の結果として、立川断層は横ずれ断層であるとした判断は、成立しない」
(「」内は公表資料から引用)
と、まとめられています。なお、誤解のないようさらに追記しますが、断層変位ではないことが判ったのは、この榎トレンチ地点でのことであり、立川断層の活断層としての評価は(今のところ)変りありません。
 東京都西部の地震防災対策の根幹に関わる知見であり、速やかな訂正発表は、高く評価されるべきでしょう。また、上記見学会に来ていた土木地質の専門家からの指摘が、追加調査を行う契機となったことから、学際的な調査の重要性が再認識されたものと思います。
〈追記のみjmctsuza〉

〈jmcseno〉
Home_N
  《都市圏活断層図》



jmcblog at 10:00 
防災 | コラム

2013年02月16日

 日本国際地図学会は、地図に関する研究活動や情報の収集・交換・提供を行、地図作成・地図情報利用技術等の発達に寄与することを目的に、1962(昭和37)年に創立され、2012(平成24)年で50周年を迎えました。研究者、技術者、教育者、学生、関連企業・団体・官庁に所属する職員、そして地図愛好家など、「地図」に関わる幅広い人々が集まった、学術団体です。
cover485
 地図中心485号(2013年2月号)は、日本国際地図学会の全面的なご協力を得て、その50周年によせて「地図と私」と題した特集を組みました。
 学会でも50周年記念事業の一環として、『50年のあゆみ』という冊子を編纂し、地図学のなかの各分野の動向や年次的な変遷についての総合的な記録・資料集となっています。
 そこで本誌では、日本列島の最も北、最も南、最も高所、最も雪深い、最も、会員密度が高いそれぞれの地域にお住まい(お勤め)の会員に執筆をお願いしました。

 ところで今月号の表紙、「地図と私」という特集の名称よりも、真ん中あたりに書かれた「」という文字列が目立っています。これは彩の国環境地図作品展(2012年12月)において日本国際地図学会長賞を受賞した作品の表題で、中学校2年生の生徒さんが描いた地図です。詳しくは地図中心485号の「編集後記」をお読みください。


Home_N
mapcentre
mailtt

jmcblog at 09:30 
地図中心 

2013年02月13日

地図地理検定かこもんvol.14の解答・解説篇です。


問1.
「平成14年2万5千分1地形図図式」で新たに設けられたのは何の記号でしょうか。正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。

/渊餞曚版酳館・美術館
▲灰鵐咼縫┘鵐好好肇△肇ソリンスタンド
6箙圓班寛濺
ぅ魯蹇璽錙璽(公共職業安定所)と社会保険事務所

正解は
  それまでの昭和61年2万5千分1地形図図式にかわる平成14年2万5千分1地形図図式では、 二つの記号が付け加えられました。
 ひとつが「博物館」であり、博物館法による登録博物館および博物館相当施設をいい(美術館も含む)、国または独立行政法人が設置する施設を含むものとなっています。もうひとつが「図書館」です。図書館法による公立図書館をいい、分館には適用しないとなっています。
 新図式で記号の形が変化したものとして「温泉・鉱泉」があります。新しい記号では、湯気に相当する3本の縦線がそれまでの直線からS字状にゆらいだ形へと変わりました。
000027473        000027430
平成14年2万5千分1地形図図式で追加された地図記号、
図書館(左)と博物館(右)。


問2.英語で通常、地図のことをマップ(map)といいます。では、海図のことをなんというでしょうか。最も適当なものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。

.ゼッティア(gazetteer)
▲船磧璽(chart)
アトラス(atlas)
ぅ廛薀(plan)

正解は
    
チャート(chart)に他の語を組み合わせれば、たとえば、航空図(aeronautical chart) などの派生語が作れるため、海図をhydorgraphic chart , nautical chart , marine chart などと明確にいう必要がある場合もあります。

参考資料--- 日本国際地図学会編『地図学用語事典 増補改訂版』(技報堂出版/1998/6,600円)  

第19回地図地理検定
◆検定日:2013年6月
◆検定時間:一般・13:30-14:20、専門・15:00-16:00
◆検定会場:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
◆お問い合せ
 (一財)日本地図センター 地図地理検定事務局
                               TEL:03-3485-5417

  by jmchashi
Home_N    logo_chizuken



2013年02月08日

 第19回地図地理検定、申し込み受付けは既に始まっています。地図地理検定の受検を決めかねているあなた! 試しに練習問題に挑戦してみませんか?

問1.平成14年2万5千分1地形図図式」で新たに設けられたのは何の記号でしょうか。正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。


/渊餞曚版酳館・美術館

▲灰鵐咼縫┘鵐好好肇△肇ソリンスタンド

6箙圓班寛濺

ぅ魯蹇璽錙璽(公共職業安定所)と社会保険事務所


 

問2.英語で通常、地図のことをマップ(map)といいます。では、海図のことをなんというでしょうか。最も適当なものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。

.ゼッティア(gazetteer)

▲船磧璽(chart)

アトラス(atlas)

ぅ廛薀(plan)

 


解答・解説は次回

第19回地図地理検定
◆検定日:2013年6月
◆検定時間:一般・13:30-14:20、専門・15:00-16:00
◆検定会場:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
◆お問い合せ
 (一財)日本地図センター 地図地理検定事務局
                            TEL:03-3485-5417

  by jmchashi
Home_N  logo_chizuken



2013年02月01日

2013013_00ss

 ダイヤモンド富士をご存じでょうか。富士山と夕陽が重なる現象です。
 富士見坂と名の付く坂は多くありますが、東京都内では建物によって遮られてしまって、現在でも富士が見える富士見坂は多くありません。
2013013_02ss その中で、日暮里の富士見坂は、都心で唯一富士山が望める富士見坂なのですが、富士山と日暮里富士見坂のライン上にマンションが建設される予定で、2013年1月31日が見納めになってしまったかもしれないようです。

−風景遺産− 日暮里富士見坂の眺望保全について

 1月30日(水)、現地に行ってきました。
 坂を埋め尽くす多くの方々が、ダイヤモンド富士に魅せられて、太陽が富士山の背後に完全に沈んだ瞬間には、歓声とも悲鳴ともつかない声と拍手がわき起こりました。
 貴重な風景遺産を、目に焼き付けておきたいと思います。

2013013_03

  ダイヤモンド富士の名所については、国土交通省関東地方整備局のサイト関東の富士見百景に詳しく紹介されています。
 太陽−富士山−スカイツリーの直列も近々です。ご覧になれる方は、場所と時間をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2013013_01ss

〈jmcseno〉
Home_N
03-6 時層地図

jmcblog at 10:15 
コラム