2010年10月

2010年10月29日

 第14回地図地理検定までいよいよ後1ヶ月余りとなりました。地図地理検定の受検を決めかねているあなた! 本番前のウォーミングアップとして練習問題に挑戦してみませんか?

問1)トスカネリは、ヨーロッパから西方のカタイ(中国)までの距離を実際よりもずっと小さく見積もって地図を作成しました。このトスカネリの地図に触発されて行われた地理的「発見」はどれでしょうか。正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。
.凜.好魁Ε澄Εマのインド航路発見 タスマンのタスマニア島発見 ディアスの嵐の岬(喜望峰)発見 コロンブスのアメリカ発見

(問2)地形表現手段としての等高線の開発は、18世紀中頃までには始まり、18世紀末には等高線を使った広い地域の地図が実際に作られました。等高線が開発され、使用が始まったのはどの国でしょうか。正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。
.ランダ フランス C羚顱´日本

解答と解説はこちらへ 

地図センター HOMEへ 




(問1)正解は
 イタリアの医師、天文学者、地理学者であったトスカネリ(1397〜1482)は、リスボンから西方カタイ(中国)のキンサイ(杭州)までの距離を、実際より経度にして100°ほど短く見積もって地図を作成しました。  コロンブスは、トスカネリらの見解も取り入れ、ヨーロッパから西方のカタイまでの距離を実際の3分の1足らずの約5,680kmと算出し、西回りで航海すれば、東回りより容易にアジア東岸に到達できると考えたのです。
参考資料---織田武雄『地図の歴史』(講談社) / 『地図の歴史 世界編』(講談社現代新書)


(問2)正解は 
   等深線を用いた地図がオランダで1729年にはすでに現れていたのに対し、水準測量が面的には容易に進まなかったため、等高線が地形表現に用いられるようになったのは、1799年のフランスの地形図が最初です。
参考資料---織田武雄『地図の歴史』(講談社) / 『地図の歴史 世界編』(講談社現代新書)

第14回地図地理検定お申込みはこちらへ
地図地理検定受験勉強には、まず過去の問題集にアタック !
http://www.jmc.or.jp/book/jmc/kakomon.htm

地図センターHOMEへ



2010年10月22日

 
   10
14
日は「鉄道の日」。 この日の前後には全国のあちこちで鉄道に関するイベントが開催されていますので、参加された方も多いのではないでしょうか?
  先日、その一つに参加してきました。Nゲージを走らせるコーナーには親子連れの長い列ができ、鉄道各社の物販ブースもそれぞれにぎわっていました。いろいろ心引かれるグッズも売られていましたが結局何も買わなかったので、出展者側からするといい客とはいえないのでしょうが、パンフレット類はたくさんもらえたし、鉄道アイドルのトークショーも楽しかったし、本人は満足して帰ってきました。
  今回行ったのは一つの会場にいろんな会社が参加する見本市タイプのイベントでしたが、鉄道各社が単独で開催する会社見学タイプのイベントにも興味をひかれます。車両工場のように普段は一般の人が入れない場所に入れたりとか、普段は見られないものを間近に見られたりとか。
  ところで、“地図好きには鉄道ファンが多い”。統計をとったわけではないけれど、言い切っても異論はないでしょう。それなのに、地図愛好者は鉄道ファンほど注目を集めないのはなぜだろう? 派手さが足りないのかな?マスコミ受けがしないのか?「地図業界がもっとがんばらないと!」と思いつつも、「鉄道アイドルみたいに地図好きアイドルが出てきてくれないかなー」と思ってしまったりも‥。
  ちなみに、今回のイベントで得た一番の戦利品は「近畿圏レールマップ」。JRと私鉄が同じ表記で、県境や観光地といった余計な表記がない、シンプルで見やすい路線図です。

    「近畿圏レールマップ」
01 近畿圏レールマップ04 







     「戦利品の一部」

02 戦利品の一部02







地図センターHOMEへ



jmcyosh at 09:55 
コラム 

2010年10月07日

地図地理検定の受検を決めかねているあなた!
本番前のウォーミングアップとして練習問題に挑戦してみませんか?
問1)韓国の地名は、教科書地図帳ではカタカナと漢字の両方で示されることが多いです。この例外として、常にカタカナでしか示されない地名を次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。
.廛汽鵝´テグ ソウル インチョン

(問2)伊能図は、特殊なものを除き、縮尺によって大図・中図・小図の3種類があります。このうち、小図は、全国が3面からなり、図上3分が1里に相当します。この小図の縮尺はいくらでしょうか。正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。
。: 6,000 1: 36,000 1: 216,000 1: 432,000

解答と解説はこちらへ 

地図センターHOMEへ        





(問1)正解は
 都を意味する「ソウル」には対応する漢字がないため、日本語では常にカタカナで表記されます。一方、中国語では日本語のように仮名がないため、これまで「漢城」(簡体字では、〈さんずい・また〉城)という漢字で表記してきました。ソウル市は、2005年1月19日に「ソウル市の公式中国語表記を『漢城』から『首爾』に変更することを決めた」と発表しました。発音とイメージの両面からこの表記が選ばれたようです。定着するにはしばらく時間がかかるでしょう。

(問2)正解は 
   尺貫法では、1里(約3.9km)が36町、1町(約109m)が60間、1間(約1.8m)が6尺、1尺(約30.3cm)が10寸、1寸(約3.03cm)が10分に当たります。1分は約3.03mm。したがって、1里は(36×60×6×10×10=1,296,000分)となります。小図の場合、3分が1里なので、(1,296,000÷3=432,000)が縮尺分母となります。50万分1に近いと覚えておけばよいでしょう。
参考資料----渡辺一郎『伊能忠敬測量隊』(小学館)


第14回地図地理検定お申込みはこちらへ
地図地理検定受験勉強には、まず過去の問題集にアタック !
http://www.jmc.or.jp/book/jmc/kakomon.html

地図センターHOMEへ



記事検索