2009年11月

2009年11月27日


  前回は、地形図がいろいろな制約や約束ごとによって作られていることについて述べましたが、その背景には、地図を「見やすく」、「使いやすく」という作り手の方針が基本にあります。
  私たちが地表面の景観を平面的に観察する手段として、(1上空から直接見る、(2)空中写真で見る、(3)地図で見る、などがあります。 (1) と(2) は、直接的に対象物を観察しますが、(3)は地表面を限られた地上で間接的に観察します。 特に、地図は、縮尺比で表示されることから、どうしても「表現されるもの」と「表現されないもの」に分けられます。 これが地図表現上の制約(取捨選択)になります。
   では、地形図の表示対象物は、どのような約束ごとで取捨選択されるのでしょうか ? それは、次の原則で行われます。

. 表示対象物は、 所定の縮尺に応じて適切に選択が行われ、正確に表示されます。

. 地域的に特徴のある対象物は、地図作製目的を考慮して選別します。

. 表示対象物で、永続性の高いものは省略しません。

. 表示対象物が他の表示対象物に比べて相対的に重要度が低くても、局地的に極めて必要度の高いものは省略しません(山小屋など)。
19 山小屋






   以上の原則に従って採択された対象物は、記号化されて描画されますが、一般に実際より誇張 (拡大) して表現されています。 例えば、空中写真で判読が困難な三角点や水準点が、地図上で読み取りやすいのは誇張化された結果です。 この誇張の度合いは、縮尺が小さいほど大きくなります。このため、表示対象物の全てを正しい位置に表示することはできません。 次回では、表示対象物の転位 (移動) の基本について記述します。


地図センターHOMEへ 




地図ふぇす 鳥瞰図の世界Ver.2−


   こんにちは、(財)日本地図センター地図の店です。
今月は、12月4日(金)〜6日(日)に開催の第4回 「地図ふぇす」 をご紹介いたします。
  今回のテーマは、6月に開催いたしました第3回 「地図ふぇす 鳥瞰図の世界」 のVer.2として、前回ご紹介できなかった地図を沢山展示します。明治期の大東京パノラマ鳥瞰図を筆頭に、大正 ・ 昭和 ・ 平成と東京を中心に全国各地の町や鉄道、 自然、観光地などを描いた鳥瞰図をご覧いただけます。  吉田初三郎はもちろんのこと、金子常光、岩 邦友、石川真琴、中田富仙、藤本一美、池崎 功、久芳勝也他の図や、その他にコンピュータグラフィックによる出力画が展示されます。  
   鳥瞰図は人が実際に飛行機などから眺めた風景を絵に描いたのではなく、地形図などをじっくりと眺めて頭の中で地形を立体的に組み立て、現地に出向き調査や観察を行い、 地形をどこまでも鮮明に、詳細に、遠近感を持って描いたものです。 鳥瞰図には描いた作者の繊細さや心の温かさが伝ってきて、観る人に感動や癒を感じさせてくれます。

06 書籍・地球  是非、12月の4,5,6日は忙しい師走のひと時を日本地図センターで鳥瞰図の魅力に浸ってください。なお、当日ご来場頂いた皆様には、来年の地図カレンダーを プレゼントします。 
また、併催で首都高速中央環状線と高架構造の3号渋谷線とを接続する 「大橋ジャンクション」 の建設状況が知ることができる首都高速道路 (大橋JCT) 建設の立体模型も展示します。是非ごらんください。お待ちしております。

http://www.jmc.or.jp/event/fes4/index.html


地図センターHOMEへ

 

 



2009年11月20日


   地図はいろいろな約束ごと、すなわち制約 (図式) によって作られています。国土地理院の地形図は、人や車など、動いているものを表現することはできません。あくまで上空から地表面を垂直に眺めた景観を、正射影した状態で図化表現したものです。
   地図は、地図の作製目的や作製する範囲や紙の大きさによって縮尺が決まり、 縮尺によって表現されるものが制約されます。 国土地理院の地形図のように、全国が同一の基準で作られる地図は、地域によって偏った内容にならないよう、細かく図式化 されています。 地形図に表示される基礎的事項は、次の通りです。

(1) 図式の原則は、測量の時点において現存するもので、永続性があるものはすべて表示の対象になります。

(2
) 地形図に描き表される対象物は、すべて記号化して描画されますが、対象物はすべて表現されるかというと、そうではありません。地図は「見やすく」、「使いやすく」 するために編集されます。  すなわち、対象物によっては 「省略したり」、 「誇張したり」、「移動したり」して、地形図は作られていますが、その方法は図式によって決められています。

(3
) 地名や河川、道路、鉄道などは、原則として現地で使用される名称を採用し、詳細は図式によって決められています。

 

次回は、地形図の表示対象物は、どのように描画されるか、その概要について記述します。
18 バスケット


 






地図センターHOMEへ




(問10)  岐阜市の岐阜県図書館にある地図収集・展示施設はどれでしょうか。 正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。


世界分布図センター               
日本地図センター

地図と測量の科学センター      国際地図文化センター

解答と解説はこちら
 


地図センターHOMEへ



正解は

   岐阜県図書館の世界分布図センターは、国内外の分布図・地図を可能な限り収集し、閲覧、展示するとともに、さまざまな分野の研究材料やコンピュータのデジタルデータとしても活用できるようにしています。 同センターは、日本や世界183か国の分布図・地図があり、関連図書を含め全部で約12万点の資料を所蔵しています。

 

参考資料】岐阜県図書館世界分布図センターホームページ

http://www.library.pref.gifu.jp/map/index.html


地図センターHOMEへ


2009年11月13日


0911

 

   今月は栃木県鹿沼市をご紹介します。 園芸好きの方ならば 「鹿沼土」 の名でご存知のことでしょう。 ここは世界遺産 ・ 日光のお膝元、中山道から日光へと続く日光例幣使街道の宿場町。 鹿沼に残る古地図の紹介をはじめ、鹿沼土やサツキのこと、絢爛豪華な彫刻屋台、そして全国的にも珍しい麻の栽培(物騒な話ではありません!)も取り上げました。

   また、鹿沼では 「まちの駅」 の活動が大変盛んで、現在市内の商店や公共施設など90軒以上が加盟しています。ここは休憩所やお手洗いを自由に利用でき、 さらに地域情報も気軽に尋ねられる、とても便利なスポットです。 町歩きの心強い味方「まちの駅」をフル活用して、美しい紅葉と新そばが美味しい旬の鹿沼へどうぞお出掛けください。



※12月号は12月10日発売予定。お楽しみに !
http://www.jmc.or.jp/book/mapcenter/index.html


地図センター HOMEへ

 



jmcsuzu at 10:32 
地図中心 

(問9)  地図における地名の表示の仕方について述べた文として誤っているものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。
 

文字の大きさでその規模や序列を、書体や色でその種類を表すのが原則である。

面的な広がりを持つ地名は、できるだけ、その広がりの中に表示する。

緯線がカーブしている地図では、できるだけ、地名をそのカーブの方向に沿わせて表示する。

地名の向きは上下逆にならないように表示するのが原則だが、伊能図で地名の向きが上下逆になることがあるのは当時のフランス地形図の例にならったからである。



解答と解説はこちら 

地図センターHOMEへ


正解は

   地名を地図に注記する場合、ひろく行われ慣習となっている方法がいくつかあります。  銑がその例です。一方、江戸期までの日本の地図は、 四周 から眺められるように作られていることが多く、1枚の地図の中で注記の向きが上下逆になることもめずらしくありませんでした。 伊能図でもそのような例が見られます。ただ、当時のフランスの地形図では地名の向きが上下逆転しないようになっていましたし、伊能忠敬がフランスの地形図にこれをならったということもありません。


※上記問題は、地図力検定試験より出題してます。
第12回地図力検定試験お申込みは
こちらへ

地図センターHOMEへ



2009年11月06日

 


   明治新政府が産声を上げたばかりの明治7(1874)年のことです。まだ国の方向が定まらず、九州では西郷隆盛が征韓論に敗れ下野した翌年に当たり、また、江藤新平が佐賀の乱を起した年でもありました。この年の12月9日、金星が太陽の前面を通過するという珍しい天文現象が105年ぶりに起こりました。この現象は、地球と太陽との絶対距離を測定するための極めて貴重なチャンスであったため、 この瞬間を待ち望んでいた欧米諸国は地球上の観測点で最良の地点を計算し、 各々自国の観測地点を選定していました。長崎をフランスとアメリカは、明治4年に上海―長崎間、ウラジオストック―長崎間の海底ケーブルが敷設され、わが国で国際電信業務が開始していたことを考慮し、長崎を選定しました。天文観測を行うには、世界と結ばれた長崎は適地であったのです。このことから、日本政府に入国および観測許可の申し入れがあり、当時の混乱した時代にあって、新政府はこれを認めたばかりでなく、日本人の技術者(軍人)も東京から見学に派遣しました。

 フランス隊は、金比羅山の前山の烏帽子岳(写真下:フランス観測隊の建てた大きなピラミット状の石の記念碑が山頂に残されている)に、アメリカ隊は大平山(俗称:星取山)に陣取り、太陽面を通過する金星の観測が開始されました。

金比羅山ピラミッド









                  金星観測碑 
  アメリカ隊 (隊長:ダビットソン博士、副天文士:チットマン)の委嘱により観測の写真を担当した上野彦馬は、金星経過の写真を90枚撮影しています。上野彦馬の父、上野俊之丞はわが国最初の写真家で、 彦馬はその四男であったといいます。上野彦馬は長崎市中島町に文久2 (1862)年わが国初の営業写真館を開いていました。
   以上の金星
観測の他、ダビットソン博士は、11月7日までにウラジオストックとの交信により長崎の経度を決定しました (現在の東急ホテル敷地内と推定される)。さらに延長してパリ、ロンドン、ワシントン等に及ぶ経度測量 (両所の時計を電信で合わせておいて、同一星の子午線通過を両所で測定すれば、測定時間差がすなわち経度差となる)を計画していました。 この計画を知った日本政府は、 明治6年2月長崎電信局がすでに開局しているのを利用して 長崎−東京 との経度測量を希望してダビットソン博士の同意を得ることができました。ダビットソン博士は、東京へチットマンを派遣して、同年1220日から翌年1月2日にかけて両地点間の電信法による経度測量を行ない、我が国はじめての経度の値を得ることができました。 この測定値は、直ちに明治天皇に報告されたことが記録に残されています。



地図センターHOMEへ 




  国土地理院の2万5千分1の地形図は、国土の姿が同一の基準で作られていますが、 その基準についてご存知でしょうか
地形図は決められた地球の形をもとに、決められた投影法で経緯線を描き、位置と高さの基準点(三角点と水準点)を平面上にプロットして地図の骨組みが作られます。


(1)
地球が 「球体」であることは、皆さんもご存知のことですが、しかし、完全な 「球体」 ではありません。地軸を中心に僅かに膨らんだ扁平な球体(楕円体) です。 地球の形を表す原数値は、ベッセル数値で下図に示すとおりです。また、世界各国がそれぞれの地球楕円体を使用し、それに基づく測量成果や地図が作製されると整合性がとれず不便なので、2002年4月1日から我が国では、測量法を改正しGRS80の値が使われることになりました。この形状は、「GRS80地球楕円体」呼ばれているものです。
                                           16 ベッセル楕円体


◆ベッセルの地球楕円体            

長半径(a)  6,377,397.15m

扁平率((a-b)/a) 1/ 299.152813




GRS80地球楕円体(新測量法同政令による)

長半径(a)  6,378,137m

扁平率((a-b)/a) 1/ 298.257222101 


(
)投影法は、UTM (ユニバーサル横メルカトル図法)図法によって、地形図の1枚1枚の大きさが計算され、区画されています。その形は、厳密には台形ではなく、不等辺四辺形です。


(
)地球上の位置と高さを示す基準点は、日本経緯度原点より測定した三角点と、高さは日本水準原点より測定した水準点です。 ただし、北海道、本州、四国、九州を除く離島の高さは、各島の周辺海域の平均海面を基準面にして測定されています。

●日本経緯度原点: 東京都港区麻布台2-18-1

   詳しくはこちら
●日本水準原点: 東京都千代田区永田町1-1-2

   詳しくはこちら


地図センターHOMEへ




(問8) 国土地理院では、山の名称をどのようにして地形図に表示しているでしょうか。正しいものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。

国連地名標準化会議に提出し、その認証を受けたものを表示している。

国土地理院、海上保安庁海洋情報部、日本学術会議地理学研究連絡委員会の3者が組織する自然地名協議会で決定したものを表示している。

国土地理院が調査を行い、また、地元に調査を依頼し、原則として、現在用いられている公称を表示している。

社団法人日本山岳会と社団法人日本山岳協会が組織する山名協議会で決定したものを表示している。



解答と解説はこちら 

地図センターHOMEへ


正解は

  平成14年2万5千分1地形図図式では、第70(注記の原則)の(2)で、「固有名の注記は、現在、用いられている公称とし、公称をもたないもの、 もしくは、 公称がほとんど使用されない場合は、最も良く知られている通称とする。」と決めています。1万分1地形図図式および5万分1地形図図式でも同じように決めています。なお、山の名称はここでいう固有名にあたります。公称の調査には、地元自治体が作成した 「地名調書」などが使われます。


※上記問題は、地図力検定試験より出題してます。
第12回地図力検定試験お申込みは
こちらへ
 

地図センターHOMEへ