2009年10月

2009年10月30日


   地形図は、「見るもの」でなく「読むもの」と言われますが、とはいっても一見して無味乾燥な地形図は、特定の目的をもった観光ガイドマップや繁華街のショッピング地図のようには親しめないと聞きます。地形図を読むポイントとは何でしょう。
(1)地形図に親しむ
  地形図には、実に多くの情報が描かれて詰まっています。地図に親しむ習慣を身につけて、地図から知識の輪を広げてはどうでしょうか。 例えば、テレビや新聞にでてくる町の名前は、まず地図帳で知ることができます。さらに、一歩進めてそこがどんな自然環境にあるのか、 土地利用は、などを知りたいときに、地形図は最適です。
 
(2)地形図を読む近道は、図式(地形図の凡例の記号)を理解する
  地形図の情報は(ほとんど)記号化されています。まず地図記号を理解することが、 地形図を読みこなすための第一歩になります。当センターの「地形図の手引き(五訂版)」、「地形図図式画報(4)」、月刊「地図中心/通巻400(特集地図記号400)」を参考書にどうぞ。

   地形図図式画報(第4版)
           「地図中心」 通巻400号
13 図式画報 15 地図記号400特集
(3)旅行に出かける前には、必ず目的地の地図を眺め、現地を想像する
  自分流に地形や植生、地名、集落の配置等から景色をイメージしてみてください。

(4)事前にイメージした景観を確認する
   地形図に表現されたことと実際を対比して、事前に想像した景観はどうであったかなどを確かめることは、 読図名人への近道です。 

(5)最初はなるべく縮尺の大きい地図(1万分1地形図など)から始める
  縮尺の大きい地図の方が、 実際の場所と地形図が一致しやすいと思います。慣れてきたら、徐々に縮尺の小さな地図に進むことをおすすめします。具体的には、街中の探検には1万分1地形図、登山 ・ハイキングや自然観察には2万5千分1〜 5万分1地形図が適当と考えられます。


地図センターHOMEへ  
 




--
地図を片手にぶらり旅、してみませんか? --


  こんにちは、(財)日本地図センター地図の店です。10月〜11月は全国各地でいろいろなイベントが行われていますね。 そんな中でも、鉄道に関係するイベントは結構多いようです。鉄道ファンがそれだけ多い証拠ですかね。
   ところで、地図の店にも鉄道ファンに楽しんでもらえる地図や図書が沢山そろえてあります。  昔懐かしい国鉄時代のものや廃線跡紀行や、蒸気機関車何々、電車車輌編成表、誰でも使える格安チケットガイド、おなじみ駅弁情報などさまざまな書籍があります。
    さて、話はかわりますが、仕事に追われるお父さんたちは、休日ともなると家族にせがまれて日帰り旅行に出かけることが多いようです。  しかし、出かけるとなると車で行くことが多くなりますが、高速道路の割引で、休みともなると大渋滞の連続です。 毎日がんばるお父さんたち、これでは疲れやストレスを取る暇もないつらい毎日ですよね。たまには自分のためにゆっくり癒しを求めた旅をしてください。特にこれからは新酒が出る季節でもあります。一人旅と洒落込んで見てはいかがですか。
05 料理  最近の日本酒や焼酎には非常に安くて美味しいものが多くなりました。 名の知れた銘柄酒より、あまり知られていないものに大変美味いものが多いですね。自分しか知らないうまい酒と肴との出合いに、 地図を片手にぶらりと出かけてみてはいかがですか。 静かでおいしい酒や肴がある居酒屋を求め、ぼんやりと地図を片手にぶらり散歩もいいものですよ。 そんな気にさせる地図や情報満載の書籍も「地図の店」にご用意しております。当店であなたなりの旅を探してみませんか・・・?

さて、12月4日(金)〜6日(日)の3日間、日本地図センターで「第4回地図ふぇす」〈鳥瞰図の世界〉を開催します。当日は、来年の地図カレンダーも配布いたします。入場無料ですので、是非ご来場ください。皆様のお越しをお待ちしております。


地図センターHOMEへ

 




(問7)
地形分類図の内容と災害の状況が見事に一致したことから、ある新聞が1面で 「地図は悪夢を知っていた」と報道しました。これは、どの災害についての報道でしょうか。該当するものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選んでください。


1923
年の関東大震災時の東京の建物の倒壊

1959年の伊勢湾台風による名古屋周辺の浸水

1960年のチリ地震津波による三陸沿岸の浸水

1995年の阪神 ・淡路大震災時の高速道路の倒壊

解答と解説はこちら 

地図センターHOMEへ



正解は

  総理府資源調査会水害地形小委員会の大矢雅彦氏が作製した濃尾平野水害地形分類図が出版されて4年後、 1959年の9月、 伊勢湾台風により名古屋周辺で大きな水害が発生しました。1959年の1011日付け中部日本新聞中日サンデー版は、 「地図は悪夢を知っていた」 という見出しで第1面に、この地図と被災状況を重ねて示し、「・・・この地図を見る人は、それがそのまま今度の被災状況にピッタリと一致することに驚かれるだろう。この地図は悲しい悪夢を知っていた。・・・」と報じました。

※上記問題は、地図力検定試験より出題してます。
第12回地図力検定試験お申込みは
こちらへ

index 詳しくは、「地図中心9月号
--特集 伊勢湾台風50年--
伊勢湾台風来襲時の気象
木曽三川に架ける橋-伊勢湾
台風前後の思い出-
海を走る電車と電車代行船
台風災害の史跡を訪ね歩く
伊勢湾台風と濃尾平野
木曽三川の治水とスーパー伊
勢湾台風への備え
好評発売中 !




地図センターHOMEへ



2009年10月29日


  年の瀬も近づき、そろそろ文房具売り場などでは、来年のカレンダーや手帳のコーナーが作られる季節になりました。 この季節になると、以前から考えていたことなのですが、自分の地図コレクションの中から、 現況図ではなくなった古い地形図を利用し、 なおかつ、 自分のお気に入りの地図の場所を使って手帳のカバーを “ 地図 ” で作ってみたいと思っていました。
  そこで、今回用意したのは20万分1から2万5千分1までの地形図です。もともと、20万分1地勢図は6色刷りで、見た目にもきれいなのである島全体をいれてカバーを作りたいと考えていました。
notebook01









  まず、地勢図の紙の大きさや、カパーの中心となる地勢図の島全体の位置などを確認した後、それにあう大きさの手帳をあれこれと探します。 1年間大事に使う手帳ですので、自分なりに妥協せず、やっとの思い出探しあてることができました。 その手帳のカバーを外したところが、下記の写真です。
notebook02
手帳を写真のように3つに分解した後、サイズを合わせて切る作業になります。
notebook03 表と裏表紙にくる図と手帳のサイズを考えながら裁断面を決めます。
この作業をしながら、地図のどの場所 にしようかなと考える時が、地図好 きにとってたまらないものです。


完成まで、あと少し?
次に、もとのカバーと地図で作ったカバーサイズが合っているかを簡単に確認します。
notebook04









後は、手帳にかぶせて確認します。
notebook05









             これで完成!!
notebook06折り返しの部
分に島を配置
してみました。







 
 今回は、島全体を見せたかったので20万分1地勢図を使いました。 手帳のサイズと使いたい地図の柄があわずに断念した地図もあり、これはなかなか奥が深いかもしれません。
 次は2万5千分1地形図で綺麗な等高線を使って作ろうなどと、いろいろと考えてみるのも、地形図の楽しみ方の一つではないでしょうか。古くなった地形図を捨てるのは、もったいないです。

地図センターHOMEへ



jmceki at 13:15 
その他 

2009年10月23日


開拓使三角測量勇払(ゆうふつ)基点
                         (苫小牧市字勇払132番地49
   −北海道指定文化財 史跡
                       (昭和421967)年317日指定)−

  開拓使は道路や鉄道建設、炭田や鉱山開発のため正確な北海道地図の必要性を痛感して1873 (明治 6) 年3月、米国人ジエームス・アール・ワッソンを測量長に命じ、三角測量法による地図作りを開始しました。ワッソンは当初石狩川上流域に基線を求めようとしましたが適地が得られず、 6月、 勇払と鵡川 (むかわ) 間に基線を設定、両基点に目標台と標石を建て、測量に入りました。
 翌1874(明治7)年、ワッソンを継いだ米国人モルレー・エス・デーの指揮により、 勇払基線の本格的な測量が行われることになりました。

デーと日本人助手らは、 精密に測量するため、天文測量を実施し、勇払基点の経緯度を北緯42度37分34秒、東経141度44分46秒 とするとともに、8月に米国製機械の到着後、これを使用して勇払基点から鵡川基点への測量を実施し、 勇払基線の測定値を14,860.2646m としました。 未だもう一方の鵡川基点は、発見されていません。
  この勇払基点は、 当時の最新技術を駆使した、わが国で最初の本格的な三角測量の基点であり、ここからは、多くの日本人測量技術者が育つなど、北海道史上ならびに、わが国測量史上貴重な文化財であると言えます。

勇払基点1

三角測量勇払基点










掲載写真は、 山根 清一氏所蔵

北海道教育委員会・苫小牧市教育委員会資料より
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shogaigakushu/bunkazai/sankaku/sankaku.htm



地図センターHOMEへ



2009年10月15日


   以前はよく 小 ・ 中学校の教室の壁に貼られていた長方形の世界地図は、 メルカトル図法により作製された地図です。この地図は、 世界の形を知るうえで最も一般的なものですが、実は距離と面積の歪みは大きく、特に北極や南極に近づくほど歪みが大きくなります。しかし、よい点は角度が正確であるということです。メルカトル図法は円筒図法の一つで、主に海図 (航海図) に使われています。図上の2点間 (出発点と到着点)を結ぶ直線と経線  (子午線) を横切る交点において、図上の角度と同一の角を測って進めば、目的地に到達できるという優れた特徴があります。
  ところで、国土地理院の地形図と地勢図は、実は円筒図法です。  ただし、メルカトル図法とは円筒の向きが逆で 「ユニバーサル横メルカトル (UTM) 図法」 と呼ばれているものです。 これは、地球全体を経度6度ごとの座標帯に分割して、子午線を基準に円筒を横向きにして座標帯ごとに投影するため、誤差は少なく、 座標帯内では地図を隙間なくつなぎ合わせることができます。このUTM図法は、第2次大戦以降、大・中縮尺の地図に適した図法として世界的に使われています。

          円筒図法・子午線2


地図センターHOMEへ




          

                                 




(問6) 火山、地震、洪水などの災害に備えるための地図を言い表したものとして正しいものを、次の  銑 のうちから一つ選んでください。


メンタルマップ  ▲魯供璽疋泪奪 
ナビゲーションマップ  ぅ妊献織襯泪奪


解答と解説はこちら 

地図センターHOMEへ



正解は

  ハザードマップは英語のhazard map からきたものです。ちなみに、2004108日に発表された国立国語研究所「外来語」委員会の第3回「外来語」言い換え提案では、ハザードマップを「災害予測地図」、「防災地図」としています。定着するかどうか注目されます。

  メンタルマップは心象地図とも呼ばれ、たとえば、しばしば利用する施設は大きくまた近く感じ、 まれにしか利用しない施設は小さくまた遠く感じるというような、心にうつる映像を表現した地図のことです。

  ナビゲーションマップは、陸海空の航行・移動に関する地図に広く使われますが、情報処理の分野では、インターネットなどでの操作や思考の流れを示すダイアグラムという意味でも使われることがあります。 同じように意味を比喩的に拡張して使う例として、 パレスチナ和平の 「ロードマップ」 をあげることができます。道路地図のように、道筋をたどっていけば目的とするところに到達することができるからでしょう。デジタルマップは数値地図などとも呼ばれます。

参考資料---日本国際地図学会編 『地図学用語辞典 増補改訂版』
技報堂出版/1998年6,930円)
地図学用語辞典・学会
※上記問題は、地図力検定試験より出題してます
第12回地図力検定試験お申込みはこちらへ







地図センターHOMEへ



2009年10月09日


091001

  今月は東京23区の最南端、 大田区を特集します。大田区は羽田空港をはじめ、新幹線などの鉄道や首都高速など各地と東京を結ぶ玄関口のひとつです。   とはいえ、そのまま通り過ぎるだけの方も多いはず。   「どこがおススメ ? 」 と聞かれても、貝塚や海苔で知られる大森や職人技が光る町工場、  数多くの文士が暮らした馬込、高級住宅街の代名詞ともいえる田園調布など、その魅力は一言で語りつくせません。 そして2010年に国際線化される羽田空港は、区を東京の玄関から日本の玄関へ変え、世界の人々が初めて日本を感じる場所となることでしょう。

  「日本の縮図」とも言われる大田区を通り過ぎるだけだなんてもったいない! この地図中心式の大田区ガイドブック(?)をご覧になって、日本の玄関・大田区へお出掛けください。


※11月号特集は「元気な 鹿沼」です。

11月10日発売予定。お楽しみに !
http://www.jmc.or.jp/book/mapcenter/index.html


地図センターHOMEへ

 



jmcsuzu at 10:33 
地図中心 

相模野基線北端点(相模原市麻溝台4-2099-2
−相模原市指定史跡 指-19(平成132001)年
41日指定)−

   明治新政府は「富国強兵」、「殖産興業」を掲げ、このための測量・地図作製事業に着手し、全国規模の精密な地形図整備に取りかかりました。
  精密な地図を作成するためには、まず、全国に配置した三角点の位置 (緯度・経度・高さ)を正確に決める必要があり、三角点測量から始められました。 この測量は、当時、三角測量という方法で行われ、近傍の三角点同士が形成する三角形の内角を経緯儀と呼ばれる器械を用いて測定するものです。 いくつかの地点で、 三角点間の距離を精密に測定しておけば、 あとは次々と角度を測るだけで 全国の各三角点の経緯度が決まり、三角点間の距離が決まります。図形としてみれば三角形の角度を測り、 計算方法としては三角関数を用いることから、 このような方式の測量は三角測量と呼ばれました。この、ところどころで三角点間の距離を精密に測った最初の場所が、この相模野基線(基線の全長距離5209.9697メートル:明治15年測定) であり、参謀本部陸地測量部によって設置された全国13箇所の基線場の内の一つです。この基線場は、相模原市が史跡指定する  「相模野基線北端点 (一等三角点・下溝村)」 のほか、座間市内の 「南端点 (一等三角点・座間村) 」及び「中間点」が現存しています。
   当時の相模野は、 広く平坦な原野であり、見通しが良いので基線場としては最適地でした。
相模野基線北端点/一等三角点「下溝村」
相模野基線北端点










     地図をクリックすると拡大します
相模野基線・地図






















地図センターHOMEへ



2009年10月01日

 


  健康増進にウオークが見直されるようになり、休日には家族連れで野山を歩く人、 あるいは夕食後にチョット近所の友人と誘い合わせて夜の街を歩く人など見かけます。測量界でも、江戸時代の測量家、 伊能忠敬の測量の旅をヒントに日本全国を一周するウオークのイベントに積極的に取り組みました。毎年6月に開催される測量の日には、歩測による距離当てクイズも行われています。
歩測・伊能さん 
距離を測る単位として最初に用いられたのは、おそらく人間の歩幅であったと思われます。 測量会社に入った人は、測量に足を踏み入れた際、 最初の訓練でこの 「歩測」 による距離当てクイズを経験します。最初はなかなか正確な距離は出せないものです。「目測 (もくそく) は6分の1、歩測は30分の1の程度の誤差」とのことで、一般的に100mに対する誤差は、目測で約17m、歩測では約3mと言われています。  さらに、当時は100mをキッチリ66複歩で到達する訓練がありました。1複歩が1.5mとなるよう歩幅を一定にしなければなりませんでした。  この複歩は、古く中国で二足(ふたあし)、すなわち1複歩を一歩と定めたのが起源だそうです。私達も訓練するごとに100mを 1m位の誤差で正確に測れるようになり、その後の現場の測量では非常に役に立ちました。 例えば水準測量では、標尺の中央に据えたレベルから前視標尺も後視標尺も同じ距離になるよう標尺を据える必要があり、歩測の精度が水準測量の精度に影響することになります。 ベテランになるとカーブした道路でも標尺持ちは、正確に1m以内にその位置に据えることができるのです。これも測量技術の腕(足?)の内と言えるかも知れません。距離が等しくないと何度も標尺を据え直すことになります。

  江戸時代の測量家伊能忠敬は、1800 年の蝦夷地測量の際、江戸と野辺地 の奥州街道を歩測で測量したといわれています。 因みに忠敬は、全国測量前に毎日通っていた暦局から千住宿まで歩測をしており 、「一町に一五八歩」 という記述があります。これを計算すると 「1町=10909.1cm10909.1cm÷158歩=69.04cm」  となり、伊能忠敬の一歩は69cmであったと思われます。 1複歩にすると138cmで、我々が訓練した150cmよりやや短い物差しであったようです。



地図センターHOMEへ
  



  
   私たちが生活する地球が球体であることは、周知のとおりですが、私たちの目にする地図は、平らな紙面に印刷したものであり、時には T VやPCの画面であったりします。丸い地球の表面を平らな紙面に表した地図には、どうしても  「歪み」  が伴います。
                                                                                          
07 地球儀  球面を平面に置き換える時に出る歪みには、距離、方位、面積、角度などがあります。 今までに考案された図法では、これらの歪みのうち、 限定された条件下で 二つ同時に解消できる場合がありますが、 三つ以上の歪みを同時に解消することはできません。

   数ある地図投影の基本型は、次の三つに分類できます。その第1は、地球を平面に投影する方位図法、第2に地球を筒状の円筒面に投影する円筒図法、第3に地球を底辺の丸い円錐面に投影する円錐図法があり、  いずれも地球を平面に延ばしたものです。(図あり)

  しかし、先ほどの 「歪み」はどうしても地図には存在します。地図の利用目的によっては、地図の性質 (図法)を知ることが大切です。この歪みに比較的無関係なのは地球儀です。地球儀は、 地球と変わらぬ 「球」 の特性をうまく生かしているからです。
       地図投影法
地図投影法1円錐図法


円筒図法





方位図法




     図をクリックすると拡大します。


地図センターHOMEへ




(問5
日本経緯度原点の所在地はどこでしょうか。正しいものを、次の〜い里Δ舛ら一つ選んでください。


東京都千代田区千代田(旧江戸城富士見櫓)

東京都千代田区永田町一丁目(旧陸地測量部)

東京都中央区新川二丁目(霊岸島)

東京都港区麻布台二丁目(旧東京天文台)


解答と解説はこちら


地図センターHOMEへ



正解は

   測量法施行令では、測量法に規定する日本経緯度原点の地点を 「東京都港区麻布台二丁目十八番一地内日本経緯度原点金属標の十字の交点」 と定めています。これは、旧東京天文台子午環の中心点に当たります。

   

経緯度原点1経緯度原点2 
http://www.gsi.go.jp/kanto/ki8cgenten.html


※上記問題は、地図力検定試験より出題してます
第12回地図力検定試験お申込みはこちらへ




地図センターHOMEへ