2018年07月16日

【目次】
■ニュース
★[ニュース]平成30年7月豪雨に関する情報[国土地理院]
★地質標本館2018年春の特別展「関東平野と筑波山―関東平野の深い地質のお話―」会期延長・一般公開特別講演会開催
★和泉市久保惣記念美術館「地図 エクスパンション!―西洋古地図を旅する―」
■地図中心7月号・通巻550号:特集「地理院地図にアクセス!」(7/10発行)
■2万5千分1地形図、7月新刊の見所!「小岩井農場」(盛岡14-4)
■お知らせ
===☆
【内容】
===
■ニュース
---
★[ニュース]平成30年7月豪雨に関する情報[国土地理院]
 ◇空中写真(垂直写真)
 ◇浸水推定段彩図
 ◇デジタル標高地形図
 ◇治水地形分類図 等
★地質標本館2018年春の特別展「関東平野と筑波山―関東平野の深い地質のお話―」会期延長
 期間:〜08/19(日) 9:30-16:30(休:月・祝日の場合は翌平日)、料金:無料
 会場:産業技術総合研究所地質標本館(つくば市東1-1-1 中央第7 7-2棟,029-861-3750)
 一般公開特別講演会
 日時:07/21(土) 14:00-16:00、会場:地質標本館1階映像室
 定員:各回60名(当日先着順)
 講演1:14:00-15:00「縄文時代の霞ヶ浦周辺の環境と貝塚」一木絵理(上高津貝塚ふるさと歴史の広場)
 講演2:15:00-16:00「関東平野を作り上げた川と海」中島礼(産総研 地質情報研究部門)
---
★和泉市久保惣記念美術館「地図 エクスパンション!―西洋古地図を旅する―」
 期間:〜7/29(日) 9:00-17:00(休:月,7/16開・7/17休)
 料金:一般:500円、高・大学:300円、中学生以下:無料
 会場:和泉市久保惣記念美術館(和泉市内田町3-6-12,0725-54-0001)
===
■地図中心7月号・通巻550号:特集「地理院地図にアクセス!」(7/10発行)
Webで見るだけではなく、機能ツールを使って作業ができるところもよい。
距離の把握や簡単な作図をソフト等を使わず画面でできる。
今までに上げた用途のエリアを提案したり、適切な距離の把握に利用することもある。
一方で、これだけ便利なツールでありながらその存在について知っているかといったらどうだろう。
年配者向け(50〜70代)の地図読み講習では、紹介して初めて知る人が多い。
さらに、彼らにとってインターネットを操るのは簡単とはいえなさそうでもある。
ぱっと見のインターフェイスの工夫や操作のしやすさも必要だろう
◇7月号特集内「地理院地図の活用 アウトドア活動のための重要な情報収集ツール」(田島利佳)より
===
■2万5千分1地形図、7月新刊の見所!
「小岩井農場」(盛岡14-4)
小岩井農場は、東北本線が盛岡駅まで延伸開業した翌年の1891(明治24)年、共同創始者である日本鉄道会社副社長の小野義眞、三菱社社長の岩崎彌之助、鉄道庁長官の井上勝の3名の姓の頭文字を採り「小岩井」農場と名付けられました。
日本最大の民間総合農場で、敷地面積約3000ヘクタールのうち、約40ヘクタールが観光エリア“まきば園”として開放されており、岩手県の代表的観光地として知られています。
===☆


jmcblog at 08:25 
地図中心 

2018年07月09日

【目次】
■地図中心7月号・通巻550号:特集「地理院地図にアクセス!」(7/10発行)
■ニュース
★日本地図センター「夏休み地図教室」7/12(木)15:00受付開始
★東京地学協会第307回地学クラブ講演会「埋もれた戦時期地球観測データとその利用」
■7月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):39面
■お知らせ
===☆
【内容】
===
■地図中心7月号・通巻550号:特集「地理院地図にアクセス!」(7/10発行)
インターネットで地図を見るときに、どのくらいの方が「地理院地図」をお使いでしょうか。
本書の読者の方はもちろん……。
その地理院地図が2018年3月に大幅にバージョンアップし、更に高機能になりました。
本特集では、その全体像を明らかにします。
達人による様々な利用法をご紹介し、多少辛口の要望も……。
地理院地図に、レッツ!アクセス!
===
■ニュース
★日本地図センター「夏休み地図教室」7/12(木)15:00受付開始
いろいろなテーマでみんなと一緒に楽しく地図を学びます。
日程:7/22(日),23(月),24(火)、8/23(木),24(金),25(土)
時間・テーマ:
  9:30-11:30:「3D富士山を作ってみよう!」
 12:30-14:30:「世界を食べる地図作り!」
 15:00-17:00:「手作り地球儀に挑戦しよう!」
対象:小学校中高学年
定員:各回20組(先着順・複数受講可)
 ※お子様と保護者(計4名以内で1組)、お子様のみでの参加はできません
会場:(一財)日本地図センター1階セミナールーム(目黒区青葉台4-9-6,03-3485-541)
参加費:1000円(当日支払、教材費1セット分を含む)
予約受付:7/12(木)15:00よりインターネット受付
申込みサイト・7/11(月)15:00オープン:http://www.jmc.or.jp/natsu_2018.html
---
★東京地学協会第307回地学クラブ講演会「埋もれた戦時期地球観測データとその利用」
 日時:7/20(金) 14:00-15:30、料金:無料、申込:不要(どなたでも可)
 場所:東京地学協会「地学会館」2階講堂(東京都千代田区二番町12-2)
 講演:小林茂(大阪大学名誉教授・大阪観光大学)
===
■7月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):39面
弁華別(べんけべつ),石狩当別,相沼,桂岳,瓜谷山,熊石,小岩井農場,遠野,森田,
中茂庭,福島北部,板谷,大津,上小屋,祖母井(うばがい),浦和,赤羽,八ヶ岳東部,
八ヶ岳西部,鳳凰山,仙丈ヶ岳,槍ヶ岳,中部(なかっぺ),幸田,大垣,美束(みつか),
横野,宮前,浦富(うらどめ),若桜(わかさ),戸倉峠,上郡,智頭(ちず),讃岐広島,
寄島,白石島,琴谷,加計(かけ),戸河内
===☆


jmcblog at 09:33 
地図中心 

2018年07月02日

【目次】
■ニュース
★[ニュース]「実在しない島」を8年間掲載。大学生の指摘で二宮書店が地図を修正
★[ニュース]昨年の山岳遭難者、過去最多=3111人、半数が高齢者−警察庁
★埼玉県防災学習センター「心と体がどう反応するかを知らないから、ワタシは防災できない」
■地図中心6月号・通巻549号:特集「日本名水200選」(6/10発行)
■2万5千分1地形図、6月新刊の見所!「総社西部」(高梁8-2)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★[ニュース]「実在しない島」を8年間掲載。大学生の指摘で二宮書店が地図を修正
〈ハフィントン・ポスト・ジャパンポスト日本版、06/24〉
---
★[ニュース]昨年の山岳遭難者、過去最多=3111人、半数が高齢者−警察庁
〈時事ドットコムニュース、06/21〉
---
★埼玉県防災学習センター「心と体がどう反応するかを知らないから、ワタシは防災できない」
 日時:〜7/16(月・祝) 9:00-16:30(休:月,7/16開・7/17休)、入場:無料
 会場:埼玉県防災学習センター(鴻巣市袋30番地,048-549-2313)
===
■地図中心6月号・通巻549号:特集「日本名水200選」(6/10発行)
南阿蘇村は前述の立野地区以外でも熊本地震で甚大な被害を受けており、地震直後はインフラにも大きな影響を与えました。
しかし、そのような状態だった時にも、これらの水源は熊本地震の影響をほとんど受けませんでした。
熊本市内をはじめとした被災地が断水による影響を受けていた時でさえ、村内の水源は住民の生活を支え続けていました。
それどころか、地震の翌月には田んぼに水を張り、田植えをして例年通りの米づくりをすることもできたのです。
南阿蘇村湧水群と白川水源は観光資源でもありますが、本来の利用価値である村民の「命の水」として、今もこんこんと湧き続けています。
◇6月号特集内「南阿蘇村湧水群と白川水源を訪ねて」(能津和雄)より
===
■2万5千分1地形図、6月新刊の見所!
「総社西部」(高梁8-2)
総社市の市街地は高梁川の氾濫原である平坦地に広がっています。
総社の名は東総社駅の南東にある総社宮に由来します。
総社宮とは備中国内の祭神を合祀した神社のことです。
総社駅から北西に約2kmの井尻野にある宝福寺は、水墨画で有名な雪舟が少年時に修行した禅宗の寺院です。
雪舟は備中国赤浜(現在の岡山県総社市)生まれ。
宝福寺には、雪舟が自分の涙を使い足指で鼠を描いたというエピソードが遺されています。
===☆


jmcblog at 08:17 
地図中心 

2018年06月25日

【目次】
■ニュース
2018年6月18日7時58分頃の大阪府北部の地震に伴う地殻変動(電子基準点リアルタイム解析)
★2018年6月房総半島沖の非定常地殻変動
★文京区立森鴎外記念館特別展「鴎外と旅する日本」
★横浜都市発展記念館企画展「伸びる鉄道、広がる道路 横浜をめぐる交通網」
★横浜市歴史博物館 企画展「君も今日から考古学者! 横浜発掘物語2018」
★兵庫県立人と自然の博物館 緊急速報展「篠山層群からみつかった小さな植物化石」
■地図中心6月号・通巻549号:特集「日本名水200選」(6/10発行)
■2万5千分1地形図、6月新刊の見所!「海南」(和歌山1-16)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
2018年6月18日7時58分頃の大阪府北部の地震に伴う地殻変動(電子基準点リアルタイム解析)
国土地理院が運用を行っている電子基準点リアルタイム解析システムで得られた即時的地殻変動データには、現時点で、データのばらつきを超える有意な変化は見られず、地殻変動は検出されていません。
---
★2018年6月房総半島沖の非定常地殻変動
房総半島の電子基準点観測データに、2018年6月5日頃から、通常とは異なる地殻変動(非定常地殻変動)が検出されています。これまでに検出された非定常地殻変動は大きいところで約2cmです。
この変動は、房総半島沖のフィリピン海プレートと陸側のプレートの境界面で発生している「ゆっくりすべり(スロースリップ)現象」によるものと推定されます。
6月14日までのデータを用いた非定常地殻変動からプレート境界面上のすべりを計算したところ、房総半島沖で最大約9cmのすべりが推定されました。6月8日以降はすべりの中心が6月8日以前と比べて南側に移動し、すべり量も大きくなっています。
---
★文京区立森鴎外記念館特別展「鴎外と旅する日本」
 期間:〜7/01(日) 10:00-18:00(イベント開催中休館日:5/22(火),6/26(火))
 入館:500円、中学生以下:無料
 会場:文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木1-23-4,03-3824-5511)
---
★横浜都市発展記念館企画展「伸びる鉄道、広がる道路 横浜をめぐる交通網」
 期間:〜7/01(日) 9:30-17:00(休:毎月、4/30(月)は開館・5/1(火)は休館)
 入館:一般:300円、小中学生:150円
 会場:横浜都市発展記念館(横浜市中区日本大通り12,045-663-2424)
---
★横浜市歴史博物館 企画展「君も今日から考古学者! 横浜発掘物語2018」
 期間:〜7/01(日) 9:00-17:00(休:月,4/30開館・5/1休館)
 料金:【企画展】一般:300円、高校・大学:200円、小中:100円,【常設展共通】一般:600円、高校・大学:300円、小中:100円
 会場:横浜市歴史博物館(横浜市都筑区中川中央1-18-1,045-912-7777)
---
★兵庫県立人と自然の博物館 緊急速報展「篠山層群からみつかった小さな植物化石」
 期間:〜7/01(日) 10:00-17:00(休:毎月)
 入館:大人:200円、大学生:150円、70歳以上:100円、高校生以下:無料
 会場:兵庫県立人と自然の博物館(三田市弥生が丘6,079-559-2001)
===
■地図中心6月号・通巻549号:特集「日本名水200選」(6/10発行)
熊野川沿いには、緑豊かな山々がそびえ、そこから流れ出す清水が秀麗な滝をつくっています。
その流れは、そそり立つ岩山、大小の奇岩のなかを、早い瀬や深い淵をつくり流下し、黒潮おどる熊野灘に注いでいるのです。
この変化に富んだ雄大な自然景観の展開が、古くから熊野詣の人々を感動させてきました。
しかし、それは単なる美しい風景ではないのです。
熊野信仰にまつわる伝承の名所がたくさんあります。
本宮と新宮の神々のルーツも、熊野川の聖水と水勢の神観念にあるようです。
熊野川はまぎれもなく「聖なる川」なのです。
熊野詣の人々は、時空を超えた神々の宿る景観を愛で、豊かな物語世界を膨らませてきたといえます。
◇6月号特集内「〈川の参詣道〉熊野川」(山本殖生)より
===
■2万5千分1地形図、6月新刊の見所!
「海南」(和歌山1-16)
和歌山県の有田(ありだ)はみかんの一大産地です。
有田市役所には「有田みかん課」があり、「有田みかん」は特許庁の地域団体商標に登録されています。
有田地域のみかん栽培は、400年以上にわたる歴史があります。
東西に流れる有田川をはさんで広がる市域では、山沿いの傾斜地だけでなく、以前は水田だった平坦地など、いたるところにみかん畑が広がっています。
===☆


jmcblog at 10:15 
地図中心 

2018年06月18日

【目次】
■ニュース
★地図と測量の科学館 企画展「地図で旅するジオパーク」会期延長!
★あーすぷらざ企画展「電車のコト 世界のコト」
★大阪歴史博物館第118回特集展示「大阪を襲った淀川大洪水」
■地図中心6月号・通巻549号:特集「日本名水200選」(6/10発行)
■2万5千分1地形図、6月新刊の見所!「小田原北部」(横須賀13-1)
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★地図と測量の科学館 企画展「地図で旅するジオパーク」会期延長!
 期間:〜7/16(月) 9:30-16:30(休:月・祝日の場合は翌日)、入場:無料
 会場:国土地理院・地図と測量の科学館(つくば市北郷1番,029-864-1872)
---
★あーすぷらざ企画展「電車のコト 世界のコト」
 期間:〜6/24(日) 10:00-17:00(休:毎月)、入場:無料
 会場:あーすぷらざ3階 企画展示室(神奈川県立地球市民かながわプラザ)(横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1,045-896-2121)
---
★大阪歴史博物館第118回特集展示「大阪を襲った淀川大洪水」
 期間:〜6/24(日) 9:30-17:00(休:毎火)
 料金:大人:600円、高校生・大学生:400円、中学生以下:無料
 会場:大阪歴史博物館8階特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32,06-6946-5728)
===
■地図中心6月号・通巻549号:特集「日本名水200選」(6/10発行)
富山平野の東端に位置するのが黒部川扇状地であり、扇状地の要の位置(扇頂部という)から河口までの距離は13.5kmで、東と南の開析の進んだ旧扇状地を除く、現扇状地と低位の旧扇状地をあわせた面積は131.8平方kmである。
地形図上で等高線が同心円状に広がるきれいな形をした扇状地である。
黒部川上流の山間部では年間降水量が5,000mm、場所によっては1万mmを超えるといわれ、さらにその多くが積雪という形で夏まで保存されるために、黒部川の水量は豊かであり、それが黒部川扇状地の産業と文化の基盤となってきた。
◇6月号特集内「黒部川扇状地の水探訪−名水百選黒部川扇状地湧水群を中心として−」(田林明)より
===
■2万5千分1地形図、6月新刊の見所!
「小田原北部」(横須賀13-1)
小田原は、戦国時代には後北条氏の、江戸時代には小田原藩の城下町として栄えました。
小田原城のはじまりは、現在の県立小田原高等学校(競輪場北側)付近の高台に15世紀中期に築かれた山城。
その後、後北条氏によって整備拡張されました。
宿場町としても賑わい、東海道五十三次9番目の宿場である小田原宿がありました。近年は「箱根駅伝」の中継地としても知られています。
===☆


jmcblog at 07:40 
地図中心 
記事検索