2017年11月21日

【目次】
■ニュース
★東京地学協会秋季講演会開催「ジオツーリズム−その発展と課題−」
★「高知城下町の歩み展-絵図地図でタイムトラベル-」「志国高知 幕末維新博」関連企画展 第三弾
★静岡市東海道広重美術館「広重生誕220周年記念 歌川広重 三つの東海道」
★名古屋市港防災センター「伊勢湾台風・東海豪雨展」
★東京地学協会主催・平成29年度国内見学会「都心1日ジオツアー」
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
■2万5千分1地形図、11月新刊の見所!「近江八幡」
■お知らせ

【内容】
■ニュース
---
★東京地学協会秋季講演会開催「ジオツーリズム−その発展と課題−」
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/313-h29autumn.html
 日時:11/25(土)13:15-16:45、料金:無料、申込:不要(どなたでも)
 会場:弘済会館(千代田区麹町5-1)
 講演:目代邦康(日本ジオサービス(株)),大岩根尚((合)むすひ),鈴木美智子(ジオガシ旅行団),狩野謙一(静岡大),島津弘(立正大学)
---
★「高知城下町の歩み展-絵図地図でタイムトラベル-」「志国高知 幕末維新博」関連企画展 第三弾
http://www.i-minken.jp/
 期間:〜11/26(日) 9:30-17:00(休:月(祝は開館、翌平休))
 料金:個人:320円、高校生以下・65歳以上:無料
 会場:高知市立自由民権記念館(高知市桟橋通4-14-3,088-831-3336)
---
★静岡市東海道広重美術館「広重生誕220周年記念 歌川広重 三つの東海道」
http://tokaido-hiroshige.jp/schedule/2017/the_three_tokaido.html
 期間:〜11/26(日) 9:00-17:00(休:月(祝は開館・翌平休))
 料金:一般:510円、大学生・高校生:300円、中学生・
小学生:120円
 会場:静岡市東海道広重美術館(静岡市清水区由比297-1,054-375-4454)
---
★名古屋市港防災センター「伊勢湾台風・東海豪雨展」
http://www.minato-bousai.jp/
 期間:〜11/26(日) 9:30-16:30(休:月(祝は開館・翌平休),第3水)、料金:無料
 会場:名古屋市港防災センター(名古屋市港区港明一丁目12番20号,052-651-1100)
---
★東京地学協会主催・平成29年度国内見学会「都心1日ジオツアー」
http://www.geog.or.jp/tour/tourscheduled/315-kokunaih29.html
 日程:2018/2/25(日)、参加:無料
 申込:要(2017/12/1(金)締切,
申込多数の場合は抽選)
===
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
市制・町村制が定める基礎自治体−市町村が全国に誕生したのは明治22年(1889)4月1日(北海道・沖縄・離島などを除く)だが、その10日後に多摩地区で初となる甲武鉄道が開業した。甲斐と武蔵の両国を合成した社名をもつこの鉄道は中央線の前身である。
南豊島郡淀橋町にある日本鉄道山ノ手線(現山手線)新宿停車場から分岐して西進、北多摩郡立川村の立川停車場までの16マイル74チェーン(27.2キロ)。
途中停車場は中野、境(現武蔵境)、国分寺の3か所のみであったが、会社はまずは著名な花見の名所・小金井の観桜(境駅下車)にこの汽車を使ってもらおうと考えた。
◇11月号特集内「まず西ヘ延びる直線があった 〜南多摩の鉄道史〜」(今尾恵介)より
===
■2万5千分1地形図、11月新刊の見所!
「近江八幡」(名古屋14-3)
近江八幡市は、滋賀県のほぼ中央に位置し、古くから農業を中心に栄えてきました。
1585年、近江の領主に任じられた豊臣秀次が城下町を開き、琵琶湖へ通じる八幡掘を開削しました。
これにより水運を利用した商いの町の基盤が築かれ、近江商人の町へと発展。
八幡掘や古い町並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されています。
===☆

jmcblog at 09:05 

2017年11月15日

【目次】
■ニュース
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」開催中(-11/14まで)
★地図ナイト16・11/12(日)『地図で多摩な地形・多摩な昭和・多摩な化石・多摩の作物』
★日比谷図書文化館共同企画特別展「松江城と江戸城-国宝になった城と天下人の城-」
★伊能忠敬没後200年記念プレ企画「第1回 江戸テク -忠敬の測量器具と職人たち-」
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
■2万5千分1地形図、11月新刊の見所!「大谷」
■11月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):35面
■お知らせ

【内容】
■ニュース
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」開催中(-11/14まで)
http://www.jmc.or.jp/event.html
 期間:11/8(水)〜14(火) 10:00-18:00、入場:無料
 会場:パルテノン多摩特別展示室市民ギャラリー(多摩市落合2-
35,03-3485-5416)
 展示内容:1967年の第1回開催以来、今回で50年目になる記念すべき回にふさわしい内容です。
 ◆2017年8月国土地理院撮影、最新の南多摩地域空中写真
 ◆地図と空中写真でみる南多摩の変遷
 ◆自然と生活/農業/鉄道/街道/ツバメの巣など、各テーマで多摩の変遷を地図で表現
 ◆多摩地域の大パノラマ写真(横4〜6m)
 ◆関東地方余色立体地図(赤青メガネをかけると立体に)
 ◆調布玉川惣畫圖(チョウフ タマガワ ソウエズ):1845(弘化2)年刊行の、多摩川源流から河口までを描いた13mの大巻物
 ◆地図会社が作る地図
 ◆地図展50年のあゆみ
---
★地図ナイト16・11/12(日)『地図で多摩な地形・多摩な昭和・多摩な化石・多摩の作物』
http://tcc.nifty.com/event/general/22724
 日時:11/12(日) 開場18:00,開演18:30,終了20:30(予定)
 会場:東京カルチャーカルチャー(渋谷区渋谷1-23-16 渋谷ココチ4階)
 チケット:前売チャージ券2900円・「地図中心」11月号付!
購入者にはバックナンバーより1冊、当日500円増
▼チケット購入
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002242317P0030001
 出演:
【出演者】
●千葉達郎(赤色立体地図の父)
●芝原暁彦(「地球技研」CEO・古生物博士)
●宮地忠幸(農業地理博士)
●黒川正章(木製3D地図「はだちず」開発者)
●小林政能(境界協会主宰・月刊「地図中心」編集長)
---
★日比谷図書文化館共同企画特別展「松江城と江戸城-
国宝になった城と天下人の城-」
http://hibiyal.jp/museum_03-7.html
 期間:〜11/19(日) 10:00-20:00(土:-19:00,日:-17:00)(休:10/16(月))、料金:無料
 会場:日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園1-4,03-3502-3340)
 内容:最古級の江戸城図「江戸始図」特別公開
---
★伊能忠敬没後200年記念プレ企画「第1回 江戸テク -忠敬の測量器具と職人たち-」
http://www.city.katori.lg.jp/sightseeing/museum/schedule.html
 期間:〜11/19(日) 9:00-16:30(休:月(祝は開館・翌平休))
 入場:大人:500円、小中学生:200円
 会場:伊能忠敬記念館(香取市佐原イ1722-1,0478-
54-1118)
===
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
東京都と神奈川県境に位置する多摩丘陵は、北東の多摩川を挟んで武蔵野台地と接し、南西の境川を挟んで相模原台地と接している。
多摩丘陵の中央部には鶴見川の流域がすっぽり入り、多くの支流に分岐し、その先に谷戸が形成されている。
昭和40年代から宅地造成が進み、現在では多摩丘陵の原地形はわずかになってしまった。
◇11月号特集内「赤色立体地図で見る多摩丘陵」(千葉達朗)より
===
■2万5千分1地形図、11月新刊の見所!
「大谷」(宇都宮1-3)
栃木県宇都宮市にある国指定名勝の「大谷の奇岩群」は、大谷石(緑色凝灰岩の一種)からなる一群の奇岩が田園の中にそびえ立っていることで有名。
また、松の木が生い茂る姿から「陸の松島」と呼ばれています。
大谷石は、柔らかく加工もしやすいので、古くは古墳の石室の材料として、その後は屋根や壁などの建築資材として重宝されています。
地図中の「(特)」は、特別史跡名勝天然記念物を表します。
===
■11月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):35面
川湯,藤山,阿女鱒岳(あめますだけ),肘折,葉山,玉井,磐梯熱海,常陸藤沢,谷田部,
三面(みおもて),若松,大谷,下妻,大間々,高平,鼻毛石,白浜,雨中(うちゅう),白木峰,
平松,近江八幡,脇出,古和浦,長島,堅田,池原,須田,土佐小松,日比原,思地(おもいじ),
長崎東南部,千々(ちぢ),肥前高島,岐宿,三井楽
===☆

jmcblog at 09:29 
地図中心 

2017年11月07日

【目次】
■ニュース
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」講演会開催
★地図ナイト16・11/12(日)『地図で多摩な地形・多摩な昭和・多摩な化石・多摩の作物』
★ヨコハマライブラリースクール「地図で楽しむ「望岳都」−横浜からの山岳展望」
★八戸クリニック街かどミュージアム5周年記念秋期展「旅と名所」
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
■11月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):35面
■お知らせ

【内容】
■ニュース
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」展示内容
http://www.jmc.or.jp/event.html
「地図展2017」期間中(11/8(水)〜14(火))に、講演会が開催されます。
会場はパルテノン多摩第1会議室です。(参加無料・登録不要)
○11/11(土)14:10-15:30 今尾恵介氏(地図・地名エッセイスト)
「地図でたどる多摩の鉄道発達史」
○11/11(土)15:40-17:00 西川治氏(東京大学名誉教授)
「世界地図の改良史における日本列島 -コロンブス(1446-1506)から伊能忠敬(1745-1818)まで-」
○11/12(日)14:10-15:30 仙仁径氏(公益財団法人多摩市文化振興財団学芸員)
「ツバメ調査から見る多摩市の30年の変化」
○11/12(日)15:40-17:00 鎌田高造氏(国土地理院企画部長)
「地図で地形を眺めてみよう」
○11/13(月)18:00-19:30 田代博(日本地図センター相談役)
「地図で探る多摩から見える山々と富士山」
---
★地図ナイト16・11/12(日)『地図で多摩な地形・多摩な昭和・多摩な化石・多摩の作物』
http://tcc.nifty.com/event/general/22724
 日時:11/12(日) 開場18:00,開演18:30,終了20:30(予定)
 会場:東京カルチャーカルチャー(渋谷区渋谷1-23-16 渋谷ココチ4階)
 チケット:前売チャージ券2900円・「地図中心」11月号付!
購入者にはバックナンバーより1冊、当日500円増
▼チケット購入
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002242317P0030001
 出演:
【出演者】
●千葉達郎(赤色立体地図の父)
●芝原暁彦(「地球技研」CEO・古生物博士)
●宮地忠幸(農業地理博士)
●黒川正章(木製3D地図「はだちず」開発者)
●小林政能(境界協会主宰・月刊「地図中心」編集長)
 内容:
◆地形も街並みも変化を繰り返している「多摩」、
多摩のうつろいを地形・地質・農業・地図空中写真と様々な切り口でバラします。今まで接したことがなかった多摩の魅力に気がつくかも!?
◆ブラタモリでおなじみ「赤色立体地図」の開発者、千葉達郎登場!
◆チケットには、月刊「地図中心」11月号特集『南多摩の軌跡』付き!!(既にお持ちの方にはにはバックナンバーより1冊)
地図地理地形好きなあなた、地図を肴に酒を呑みたかったあなた!
この大人の地図地理地形エンタメトークイベントにお気軽にお越し下さい!!
---
★ヨコハマライブラリースクール「地図で楽しむ「望岳都」−横浜からの山岳展望」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chosa/libraryschoolvol7.html
 日時:12/2(土)14:00-16:00
 会場:横浜市中央図書館5階 第一会議室(横浜市西区老松町1,045-262-0050)
 講師:田代博(日本地図センター 相談役)
 申込:11/7(火) 9:30受付開始、定員:60名(先着順)
---
★八戸クリニック街かどミュージアム5周年記念秋期展「
旅と名所」
http://www.ne.jp/asahi/machikado/enjoy/events/event.html
 期間:〜11/12(日) 10:00-17:00(休:月火)
 入場:大人:500円、高校生:200円、中学生以下:無料
 会場:八戸クリニック街かどミュージアム(八戸市柏崎1丁目8-
29,0178-32-7737)
===
■地図中心11月号・通巻542号:特集「南多摩の軌跡」(11/10発行)
南多摩一帯には、戦後の日本の縮図が詰まっていると言えるかもしれません。
高度成長期、都市に集中する人口の受け皿として、南多摩一帯は瞬く間に様相が変わっていきます。自然が広がる多摩丘陵には、多くの住宅が立ち並ぶようになります。
南多摩一帯はなにが変わり、なにが変わらなかったのでしょうか。
===
■11月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):35面
川湯,藤山,阿女鱒岳(あめますだけ),肘折,葉山,玉井,磐梯熱海,常陸藤沢,谷田部,
三面(みおもて),若松,大谷,下妻,大間々,高平,鼻毛石,白浜,雨中(うちゅう),白木峰,
平松,近江八幡,脇出,古和浦,長島,堅田,池原,須田,土佐小松,日比原,思地(おもいじ),
長崎東南部,千々(ちぢ),肥前高島,岐宿,三井楽
===☆

jmcblog at 08:51 
地図中心 

2017年10月31日

【目次】
■ニュース
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」展示内容
★山崎記念 中野区立歴史民俗資料館 企画展「大正から昭和へ〜中野の変遷〜」
■地図中心10月号・通巻541号:特集「道迷い vs 地図」(10/10発行)
■2万5千分1地形図、10月新刊の見所!「中河内」
■お知らせ

【内容】
■ニュース
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」展示内容
http://www.jmc.or.jp/event.html
「地図展」は、地図をとおして多くのかたがたに国土や地域についての理解を深めていただくとともに、より一層地図に親しみ、地図を利用していただくことを目的とした展示会です。1967年に第1回を東京で開催して以来、毎回テーマと会場・都市を変えて、今年で50年目・今回で50回目を迎えます。
 期間:11/8(水)〜14(火) 10:00-18:00、入場:無料
 会場:パルテノン多摩特別展示室市民ギャラリー(多摩市落合2-35,03-3485-5416)
 展示内容:1967年の第1回開催以来、今回で50年目になる記念すべき回にふさわしい内容です。
 ◆2017年8月国土地理院撮影、最新の南多摩地域空中写真
 ◆地図と空中写真でみる南多摩の変遷
 ◆自然と生活/農業/鉄道/街道/ツバメの巣など、各テーマで多摩の変遷を地図で表現
 ◆多摩地域の大パノラマ写真(横4〜6m)
 ◆関東地方余色立体地図(赤青メガネをかけると立体に)
 ◆調布玉川惣畫圖(チョウフ タマガワ ソウエズ):1845(弘化2)年刊行の、多摩川源流から河口までを描いた13mの大巻物
 ◆地図会社が作る地図
 ◆地図展50年のあゆみ
---
★山崎記念 中野区立歴史民俗資料館 企画展「大正から昭和へ〜中野の変遷〜」
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/403200/d015323.html
 期間:〜11/12(日) 9:00-17:00(休:月・第3日)、入場:無料
 会場:山崎記念 中野区立歴史民俗資料館(中野区江古田4-3-4,03-
3319-9221)
===
■地図中心10月号・通巻541号:特集「道迷い vs 地図」(10/10発行)
教育課程で地図読みの要素を体感して学習する機会は、これまであまり多くなかったように思います。ただ、今後は増える可能性があります。
「中学校学習指導要領(平成29年3月31日公示)比較対照表【社会】」によれば、以下が改訂事項として加わったとされています。
第2 各分野の目標及び内容〔地理的分野〕
C 日本の様々な地域
(1)地域調査の手法
ア 次のような知識及び技能を身に付けること。
(ア) 観察や野外調査,文献調査を行う際の視点や方法,地理的なまとめ方の基礎を理解すること。
(イ) 地形図や主題図の読図,目的や用途に適した地図の作成などの地理的な技能を身に付けること。
多くの人が地図を読めるようになり、道に迷うことが少なくなる未来は近いかもしれません。
◇10月号「編集後記」より
===
■2万5千分1地形図、10月新刊の見所!
「中河内」(岐阜15-1)
県道140号敦賀柳ヶ瀬線は、かつては国鉄北陸本線(鉄道営業末期は柳ヶ瀬線)の旧ルートでした。
1964(昭和39)年に鉄道が廃止され、線路跡は国鉄バス専用道として使用されていましたが、1980(昭和55)年、一般道として開放されました。
柳ヶ瀬トンネルは、鉄道路線時代の単線のトンネルをそのまま使用しているため、幅員が狭く、車同士のすれ違いが出来ません。
そのため、現在は両入口に信号機を設置して交互通行を行っています。
===☆

jmcblog at 09:03 
地図中心 

2017年10月23日

【目次】
■ニュース
★国士舘創立100周年記念事業「伊能図がやってくる 〜伊能忠敬が歩き・描いた江戸時代の日本を見る・歩く〜」
★神奈川県立生命の星・地球博物館「地球を「はぎ取る」 〜地層が伝える大地の記憶〜」
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」開催決定
■地図中心10月号・通巻541号:特集「道迷い vs 地図」(10/10発行)
■2万5千分1地形図、10月新刊の見所!「麓郷」
■お知らせ

【内容】
■ニュース
★国士舘創立100周年記念事業「伊能図がやってくる 〜伊能忠敬が歩き・描いた江戸時代の日本を見る・歩く〜」
http://bungakubu.kokushikan.ac.jp/chiri/inouzu.pdf
 期間:11/2(木)・3(金) 10:00-16:30、入場:無料
 会場:国士舘大学世田谷キャンパス10号館5階(
世田谷区世田谷4-28-1)
---
★神奈川県立生命の星・地球博物館「地球を「はぎ取る」 〜地層が伝える大地の記憶〜」
http://nh.kanagawa-museum.jp/exhibition/special/ex153.html
 期間:〜11/05(日) 9:30-16:30(休:9/4,11,12,19,25、10/2,10,11,16,23,30)
 料金:20歳以上65歳未満:720円、15歳以上20歳未満・大学生:400円、高校生・65歳以上:200円、中学生以下:無料
 会場:神奈川県立生命の星・地球博物館(小田原市入生田499,0465-21-1515)
---
★「地図展2017 南多摩50年の軌跡」開催決定
http://www.jmc.or.jp/event.html
 期間:11/8(水)〜14(火) 10:00-18:00、入場:無料
 会場:パルテノン多摩特別展示室市民ギャラリー(多摩市落合2-
35,03-3485-5416)
===
■地図中心10月号・通巻541号:特集「道迷い vs 地図」(10/10発行)
迷いによる遭難事故が急増したのは2000年前後からで、それ以前は転滑落事故がいちばん多かったのだが、近年はずっと道迷いが遭難事故の最多要因となっている。
ちなみに、道に迷って山中を彷徨い転滑落したというケースは、転滑落事故として計上されるので、道迷いが引き金となって遭難した人は実際にはもっと多いものと見られている。
山で道迷いを引き起こす要因としては、地形や天候などの外的なものと、登山者自身の心理的ものの主に2つが考えられるが、なかでもいちばん大きな要因になっていると思われるのが山の地形である。
ある山の特定の場所で何件もの道迷い遭難が起きているのは、その場所が地形的に道に迷いやすいからにほかならない。
◇10月号特集内「山の道迷い遭難の分類・傾向・対策」(羽根田治)より
===
■2万5千分1地形図、10月新刊の見所!
「麓郷(ろくごう)」(夕張岳5-3)
富良野市中心部から東へ10kmほど入ったところに、麓郷という集落があります。
麓郷は、東大演習林内への殖民策によって多くの人夫が集まり、その後、土地の貸下げがおこなわれたことで拓けた歴史があります。
かつてテレビで放送されていた「北の国から」の舞台となったところで、今でもロケ地めぐりで多くの人が訪れています。
===☆

jmcblog at 13:08 
地図中心 
記事検索