2018年02月19日

【目次】
■ニュース
★鹿児島県立博物館企画展「口永良部島の自然」
★第8回伊能忠敬になってみよう!「星と地球楽校」
千葉大学環境リモートセンシング研究センター一般向け公開講演会「様々な手法で関東の、世界の降水を測る」
★東京都江戸東京博物館分館 江戸東京たてもの園「武蔵野の歴史と民俗 ― 旧武蔵野郷土館収蔵資料展 ―」
■地図中心2月号・通巻545号:特集「島々と国のかたち」(2/10発行)
■2万5千分1地形図、2月新刊の見所!「境港」
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース
★鹿児島県立博物館企画展「口永良部島の自然」
http://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/event/exhibition/2017kutierabu.html
 期間:〜2/25(日) 9:00-17:00(休:1/22,25,2/5,13,14,19)、入館:無料
 会場:鹿児島県立博物館(鹿児島市城山町1-1,099-223-6050)
---
★第8回伊能忠敬になってみよう!「星と地球楽校」
http://www.kitani-walking.com/news/379.html
 日時:3/3(土)12:00-17:00、4(日)09:30-15:00
 参加費:2日間・大人:3000円,高校生以下:2000円、3(土)のみ・大人:1000円,高校生以下:500円、4(日)のみ・大人:2000円,高校生以下:1500円
 会場:深川東京モダン館(江東区門前仲町1-19-15,03-5639-1776)
 内容:3(土)は伊能忠敬が歩測した道筋を歩いて浅草観音を往復します(距離約10km)。4(日)は伊能忠敬の測量のやり方で地図を作ります。
---
千葉大学環境リモートセンシング研究センター一般向け公開講演会「様々な手法で関東の、世界の降水を測る」
http://www.cr.chiba-u.jp/databases/VL/VL-Lecture2018/VL-Lecture20180303.html
 日時:3/3(土)13:30-17:00(13:00開場)、入場:無料、事前申込不要
 会場:千葉大学西千葉キャンパス けやき会館大ホール(千葉市稲毛区弥生町1-33,043-290-3853)
---
★東京都江戸東京博物館分館 江戸東京たてもの園「武蔵野の歴史と民俗 ― 旧武蔵野郷土館収蔵資料展 ―」
http://tatemonoen.jp/special/2017/170926.php
 期間:〜3/4(日) 9:30-16:30(休:月(祝は開館・翌平休),12/25-1/1)
 料金:一般:400円、65歳以上:200円、大学生:320円、高校生・中学生(都外):200円、中学生(都内在学在住)・小学生・未就学児童:無料
 会場:東京都江戸東京博物館分館 江戸東京たてもの園(小金井市桜町3-7-1都立小金井公園内,042-388-3300)
===
■地図中心2月号・通巻545号:特集「島々と国のかたち」(2/10発行)
地図は国家なり――。
1829年に起こったシーボルト事件は、オランダ商館付き医師シーボルトが日本と蝦夷地の地図を入手したことで国外追放された事件だが、当時の日本は、外国人に地図を渡すことを「国禁事項」としていた。
今でも、途上国でさえ、援助国に渡す地図はズラして作るのが常識とされるほどだが、我が国の場合、この分野のガバナンスは十分だろうか。
地図(衛星画像)による基点の監視もまた、安全保障の要であると思われる。
もとより国家の成立要件は、領域、主権、人民(歴史・文化・言語)だが、今後、国境離島の存在意義は国境保全(領域保全)という観点からみれば、その重要性はますます増していくだろう。
とりわけ細心の注意を払うべきは、それらの帰属(所有権)動向であり、維持・管理面での取り扱いである。
◇2月号特集内「国境離島の風景から考える」(平野秀樹)より
===
■2万5千分1地形図、2月新刊の見所!
「境港」(松江15-2)
「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である故・水木しげるさんの出身地で有名な境港市ですが、近年、テレビCMで有名になった橋があります。
鳥取県境港市と島根県松江市との間の中海にかかる江島大橋です。
CMでは「ベタ踏み坂」と称され、大型船舶が通航するため急勾配となった橋を軽自動車が軽々と登る姿が印象的でした。
===☆

jmcblog at 09:08 

2018年02月13日

【目次】
■地図中心2月号・通巻545号:特集「島々と国のかたち」(2/10発行)
■ニュース
★日本第四紀学会シンポジウム「改めて問う“縄文海進”とは何か?−第四紀学的視点からの再検討−」
★地理文化講演会『「可視マップ」で探る東京から見える山々〜今、山座同定が面白い!〜』
■2万5千分1地形図、2月新刊の見所!「伊香保」
■2月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):40面
■お知らせ
===☆
【内容】
■地図中心2月号・通巻545号:特集「島々と国のかたち」(2/10発行)
日本は四方を海に囲まれた島国である。
北は択捉島から南は沖ノ鳥島。
東は南鳥島から西は与那国島までの間に、周囲が100mを超える島だけでも6852の島が存在する。
そのうち都道府県庁所在地の島(北海道、本州、四国、九州、沖縄島)を除く、6847が離島として扱われ、2016年4月現在では417の離島に人が住民登録をしている。
この417の島を有人離島と呼んでいる。
日本は、他の東アジアの国々に比べ、海洋に関する権利において恵まれた環境にある。
国土を形成する多くの島々が基点となり、約447万km2に及ぶ広大な管轄海域(領海+排他的経済水域)を有しているのである。
その広さは、世界で6番目といわれる。
この日本の管轄海域は、アメリカ、ロシア、中国、韓国、フィリピン、北朝鮮、台湾の七つの国・地域と接している。
この管轄海域の境界線が「日本の国境」であり、この境界線まで最も近く、管轄海域の基点となっている島が「国境離島」である。
◇2月号特集内「国境の島々を視て識る」(山田吉彦)より
===
■ニュース:
★日本第四紀学会シンポジウム「改めて問う“縄文海進”とは何か?−第四紀学的視点からの再検討−」
http://quaternary.jp/event/files_qr/180217_sympo.pdf
 日時:2/17(土)13:00-18:00、入場:無料、事前申込不要
 会場:明治大学・駿河台校舎・アカデミーコモン9階309B教室(千代田区神田駿河台1-1)
---
★地理文化講演会『「可視マップ」で探る東京から見える山々〜今、山座同定が面白い!〜』
http://www.jmc.or.jp/event.html
 講師:田代博(日本地図センター相談役)
 日時:2/24(土)14:00-16:00
 会場:日本地図センター1階会議室(目黒区青葉台4-9-6)
 定員:先着80名(どなたでも参加可)
 参加:無料
 申込:先着順に受付。2/20(火)までに、
地図倶楽部事務局宛にメール<map-club@jmc.or.jp>またはファクス(03-3485-5593)でお申込みください。
===
■2万5千分1地形図、2月新刊の見所!
「伊香保」(長野2-1)
伊香保温泉は群馬県を代表する温泉です。
現在の温泉街が形成されたのは戦国時代で、長篠の戦いで負傷した武田兵の療養場所として、真田昌幸によって整備されました。
1911(明治44)年には、渋川からの路面電車も開通し、同線は後に東武伊香保軌道線となりました。
勾配が急なため、下りは惰性とブレーキの制御だけで渋川の市街地付近まで下る珍しい電車でしたが、1956(昭和31)年に廃止されました。
===
■2月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):40面
俵橋,緋牛内,雌阿寒岳,オンネトー,石狩瑞穂,静狩,黒松内,貝取澗,久遠(くどお),
雲谷(もや),陸中猿橋,貫見(ぬくみ),上総片貝,入田沢,加茂,鳥島,信濃森,
伊香保,御飯岳,蒲原,森,片山津温泉,木之本,御在所山,五條,猿谷貯水池,香住,
味取(みどり),引田(ひけた),大寺,市場,川島,阿波寄井,境港,掛合,大原湖,
堀,津久見,大行司(だいぎょうじ),那覇
===☆

jmcblog at 09:30 
地図中心 

2018年02月05日

【目次】
■2月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):40面
■ニュース
★1:25,000都市圏活断層図および1:25,000活断層図、計8面販売開始
★ひろしま美術館「平木コレクション 生誕220年 歌川広重の世界展―保永堂版東海道五十三次と江戸の四季―」
■地図中心2月号・通巻545号:特集「島々と国のかたち」(2/10発行)
■お知らせ
===☆
【内容】
■2月1日新刊、2万5千分1地形図(柾判多色):40面
俵橋,緋牛内,雌阿寒岳,オンネトー,石狩瑞穂,静狩,黒松内,貝取澗,久遠(くどお),
雲谷(もや),陸中猿橋,貫見(ぬくみ),上総片貝,入田沢,加茂,鳥島,信濃森,
伊香保,御飯岳,蒲原,森,片山津温泉,木之本,御在所山,五條,猿谷貯水池,香住,
味取(みどり),引田(ひけた),大寺,市場,川島,阿波寄井,境港,掛合,大原湖,
堀,津久見,大行司(だいぎょうじ),那覇
===
■ニュース:
★1:25,000都市圏活断層図および1:25,000活断層図、計8面販売開始
http://net.jmc.or.jp/map_aerialphotograph_geology_katsudanso.html
 1:25,000都市圏活断層図および1:25,000活断層図、計8面の販売が開始されました。
 【1:25,000都市圏活断層図】
 ●四六判、5色 価格1,028円(税込)
 「中津川」「恵那」「彦根東部」「御在所山」「豊岡」
 ●四六判、9色 価格1,296円(税込)
 「白馬岳・大町 一部改訂版」
 【1:25,000活断層図】
 ●四六判、5色 価格1,028円(税込)
 「熊本 改訂版」「阿蘇」
 購入は全国の地図販売店または日本地図センター通信販売等をご利用下さい。
---
★ひろしま美術館「平木コレクション 生誕220年 歌川広重の世界展―保永堂版東海道五十三次と江戸の四季―」
http://www.hiroshima-museum.jp/special/detail/201801_Hiroshige.html
 期間:〜2/12(月) 9:00-17:30(金-19:00、休:月(祝は開館・翌平休))
 料金:一般:1300円、高大生:1000円、小中学生:600円
 会場:ひろしま美術館(広島市中区基町3-2中央公園内,082-223-2530)
===
■地図中心2月号・通巻545号:特集「島々と国のかたち」(2/10発行)
「日本は島国」とは、よく言われる言葉です。では、日本の国の形は、どんな島々で形作られているのでしょうか。いわゆる「本土」5島(北海道・本州・四国・九州・沖縄本島)の周囲に6,800余もの離島があり、その中に300以上もの有人島があるのです。
これら多数の島々の存在を、あらためてじっくりと見つめてみましょう。
===☆

jmcblog at 08:50 

2018年01月29日

【目次】
■ニュース
★地理文化講演会『「可視マップ」で探る東京から見える山々〜今、山座同定が面白い!〜』
★日本遺産認定記念特別展「空からみるやばけい遊覧」
★第10回サイエンスカフェRRM「地形・地質を守るとはどういうことか」
■地図中心1月号・通巻544号:特集「日本地下鉄地図帳」(1/10発行)
■2万5千分1地形図、1月新刊の見所!「薩摩鷹巣」
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース:
★地理文化講演会『「可視マップ」で探る東京から見える山々〜今、山座同定が面白い!〜』
http://www.jmc.or.jp/event.html
 講師:田代博(日本地図センター相談役)
 日時:2/24(土)14:00-16:00
 会場:日本地図センター1階会議室(目黒区青葉台4-9-6)
 定員:先着80名(どなたでも参加可)
 参加:無料
 申込:先着順に受付。2/20(火)までに、
地図倶楽部事務局宛にメール〈map-club@jmc.or.jp〉またはファクス(03-3485-5593)でお申込みください。
---
★日本遺産認定記念特別展「空からみるやばけい遊覧」
http://www.city-nakatsu.jp/infodoc/2017121100029/
 期間:〜2/7(日) 9:00-17:00(休:毎月(祝日の場合は開館、翌平日休館))
 料金:大人:100円、中学生以下:無料
 会場:耶馬渓風物館(中津市本耶馬溪町曽木2193-1,0979-52-2002)
---
★第10回サイエンスカフェRRM「地形・地質を守るとはどういうことか」
http://gotagaya.exblog.jp/28272477/
 日時:2/18(日) 14:00-16:30
 定員:40名(先着順)、参加費:無料
 会場:豊岡稽古堂交流室3-1(豊岡市役所敷地内,
豊岡市中央町2-4,0796-34-6079)
 申込:兵庫県立大学 豊岡ジオ・コウノトリキャンパス <rrm@ofc.u-hyogo.ac.jp)
 (氏名、所属、住所、メールアドレス、電話番号)
 内容:
 1.話題提供(14:00-15:15)
 「地形・地質を守るとはどういうことか」目代邦康(日本ジオサービス)
 2.ディスカッション(15:15-16:30)
 ファシリテーター:亀田直記・熊谷暢聡(兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科博士後期・前期課程)
===
■地図中心1月号・通巻544号:特集「日本地下鉄地図帳」(1/10発行)
《路線地図》
1.縮尺は、全都市10万分1で統一しています。
2.北方向は、すべて図の上辺となっています。
3.段彩図は、-5mから300m以上の間を16段階に区分し、低地部分はその間隔を1mとして人工改変地などの微地形が分かるようになっています。
4.路線図は、各路線を公式のラインカラーで示しています。
5.駅名は、最新の表示に努めています。
《縦断図》
1.水平縮尺10万分1、垂直縮尺5千分1で表しており、高さの強調は20倍となります。
2.地形断面図は、修飾を施している部分があります。
3.河川横断面は、その深さをおよそ3mから10mとして描いています。
4.駅間は、路線縦断を示すものではありません。
5.切通中の駅は、地下として表示し、地形断面は切通頂部で示しています。
==
地下鉄の暗い車窓では、窓に映る自分と対面するばかりで、侘びしくなることがあります。
この「日本地下鉄地図帳」で、駅間の高低差やその路線の勾配、急なカーブはどこか、また、一番深い駅はどこか、0m地帯はどうなっているのか、など色々見ていただければと思います。
◇1月号特集内「日本地下鉄地図帳」(地図中心編集部)より
===
■2万5千分1地形図、1月新刊の見所!
「薩摩鷹巣」(八代15-2)
ブリ(はまち)の養殖量の都道府県ランキングでは鹿児島県が第1位です。
中でも県北西部の長島町や垂水市の生産量が多いです。
長島町周辺の海域では、左図のように数多くの養殖場が見られます。
養殖場を表している地図記号は「特定地区界」です。
他には、飛行場、牧場、公園、ゴルフ場、スキー場、競技場、演習場、演習林などが、特定地区界と注記で表示されます。
(参考:農林水産省 平成28年漁業・養殖業生産統計)
===☆

jmcblog at 09:24 
地図中心 

2018年01月22日

【目次】
■ニュース
★法政大学ブランディング事業シンポジウム「江戸東京の基層/古代・中世の原風景を再考する」
★国土地理院・地図と測量の科学館「地図と測量のおもしろ塾」『3Dの筑波山を作ってみよう!』
★太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ―激動する浮世絵」
★静岡市東海道広重美術館「江戸⇔東京百景」
■地図中心1月号・通巻544号:特集「日本地下鉄地図帳」(1/10発行)
■2万5千分1地形図、1月新刊の見所!「山中」
■お知らせ
===☆
【内容】
■ニュース:
★法政大学ブランディング事業シンポジウム「江戸東京の基層/古代・中世の原風景を再考する」
https://www.hosei.ac.jp/NEWS/newsrelease/180109.html
 期間:1/20(土) 13:30-17:00、入場無料、事前申込不要
 会場:法政大学市ケ谷キャンパス富士見ゲート4階 G403教室(千代田区富士見2-17-1,03-5228-
1267)
 (情報の入手が遅れ、直前で恐縮です。 編集子)
---
★国土地理院・地図と測量の科学館「地図と測量のおもしろ塾」『3Dの筑波山を作ってみよう!』
http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/p09.html#kikaku9
 期間:2018/1/27(土)・28(日)、参加:無料
 時間:午前の部・10:00-12:00、午後の部・13:
30-15:30(両日とも)
 定員:各回50名(申込順)、両日とも午前の部50名・午後の部50名
 申込方法:「参加者氏名(フリガナ)」,「学年・保護者の別」,「住所(市町村まで)」,「電話番号」,「希望日」,「希望時間」を明記し、メールかFAX
 メール:gsi-kengaku@ml.mlit.go.jp
 FAX:029-864-3729(チラシ裏面利用)
 ※保護者が講座に参加する場合は要申込。
 持参物:電卓,筆記用具,はさみ
 チラシPDF:http://www.gsi.go.jp/common/000194702.jpg
 会場:国土地理院「地図と測量の科学館」(つくば市北郷1,029-864-1872)
---
★太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ―激動する浮世絵」
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0150%E5%B9%B4%E3%80%80%E5%B9%95%E6%9C%AB%E3%83%BB%E6%98%8E%E6%B2%BB
 期間:前期:〜1/28(日)、前期:2/2〜2/25(日) 10:30-17:30(休:月(祝は開館・翌平休))
 料金:一般:700円、大高生:500円、中学生以下:無料
 会場:太田記念美術館(渋谷区神宮前1-10-10,03-
5777-8600)
---
★静岡市東海道広重美術館「江戸⇔東京百景」
http://tokaido-hiroshige.jp/schedule/2017/edo_tokyo100.html
 期間:〜2/4(日) 9:00-17:00(休:毎月(祝日の場合は開館、翌平日休館))
 料金:一般:510円、大学生・高校生:300円、中学生・小学生:120円
 会場:静岡市東海道広重美術館(静岡市清水区由比297-1,054-375-4454)
===
■地図中心1月号・通巻544号:特集「日本地下鉄地図帳」(1/10発行)
電車が登場した時には「世界初」から20年と遅れていなかった日本なのに、地下鉄の登場は意外に遅い。
欧州大陸に急速にメトロ網が伸長していた20世紀初頭にはいくつかの動きが出始めてはいたが、具体的な事業として計画が立ち上げられるのは大正中期からである
早川徳次が立ち上げた東京地下鉄道が浅草〜上野〜新橋間の敷設免許を大正8年(1919)に取得、同12年に工事施行認可を受けた直後に関東大震災に見舞われた。
このためひとまず第1期開業区間を浅草〜上野間に短縮した次第である。
◇1月号特集内「日本の地下鉄」(今尾恵介)より
===
■2万5千分1地形図、1月新刊の見所!
「山中」(金沢11-2)
「九谷磁器窯跡」は、石川県を代表する焼き物「九谷焼」が江戸時代前期に初めて作られたとされる遺跡です。
当時の磁器生産の様子を知ることができるとして、3基の窯跡が1979(昭和54)年に国指定史跡となりました。
現在は保存のため埋め戻されており、斜面にわずかながら3基の窯跡の窪地を見ることができます。
===☆

jmcblog at 09:04 
地図中心 
記事検索